ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > ブライダル業界への転職、給料は上がる?それとも下がる?

ブライダル業界への転職、給料は上がる?それとも下がる?

これからブライダル業界への転職を考えている人にとって、どのような業界イメージを持っているでしょうか。
「結婚式」という事から憧れや華やかさ、感動的なイメージがあるかもしれません。

 

人生の幸せな一大イベントに携わる事ができるブライダルの仕事はとても人気があります。

 

明るいイメージの一方、仕事と考えると外せないのが給料面のこと。

この記事では、ブライダル業界に転職すると給料は下がるのか、上がるのか見ていきたいと思います。

 

転職を考えているけれど、

・ブライダル業界のお給料がどれ位なのか分からない
・ブライダル業界に転職したら、お給与がどう変わるのか知りたい

 

という方は是非参考にしてみて下さいね。

 

合わせてブライダルの業態や職種も説明します。

 

 

______________________________________________________________________

<目次>

 

1:ブライダル業界の給料は低い!?

・職種ごとに差がある

ウェディングプランナー

ドレスコーディネーター

フラワーコーディネーター

ヘアメイクアーティスト

バンケットスタッフ

・企業・業態ごとでも異なる

2:まとめ

_______________________________________________________________________

 

【ブライダル業界の給料は低い!?】

 

ブライダル業界というと、給料が低いというイメージをもっている人もいるかもしれません。

 

専門学校卒、短大卒、大学卒、また年齢や経験によっても変わりますが、確かに一般的には、年収が高い方ではないのが事実です。

 

もしかしたら仕事の量や責任感の重さに比べて、お給料が安いと感じる人もいるかもしれません。

 

しかし、全員が全員そうではありませんので、詳しく次の項から見ていきましょう。
また、ブライダルはお金だけが得られる仕事ではありませんので、その点についても考えてみましょう!

 

■職種ごとに差がある

 

ブライダル業界と一言で言っても、含まれている職種や企業は様々です。
ブライダルに関わるお仕事と大まかな給料は以下のとおりです。

 

ウェディングプランナー

・お給料
月収:未経験や新卒→約18~20万円/経験者→約20~35万円
年収:未経験からの転職の場合、ボーナスを含め約300万円~400万円前後
その後、マネージャークラスになると年収800万円前後の企業もあります。

 

◎仕事内容◎
結婚式の企画をし全体をプロデュースする仕事です。

 

企業によって、下記に分かれます。

・新規接客~当日まで全てを担当する「一貫性」
・新規接客と打ち合わせ担当を分けている「分業制」

 

まずはご来店頂いたカップルの新規接客を行います。
その後、無事契約となったら新郎新婦との打ち合わせが始まります。
招待状、結婚式当日の料理、装飾、音楽、演出、司会、写真、引き出物など結婚式・披露宴をトータルサポートする仕事です。

何度も打ち合わせを重ね、新郎新婦の話を聞きながらご提案やアドバイスをしていきます。

 

衣装や、音響、装飾など各部署と連携を取って、企業によっては当日までサポートします。

 

ドレスコーディネーター・ドレススタイリスト

・お給料
月収:未経験→約18~22万円/経験者→約20~23万円
年収:約250万円〜350万円前後

 

◎仕事内容◎
新郎新婦(ドレス・タキシード)、参列者の衣装選びをサポート衣装選びをする仕事です。
ドレスだけではなく小物やアクセサリーなどトータルでサポートします。

 

新郎新婦、参列者の要望を聞きながらドレスやタキシードを提案・アドバイスしていきます。
和装や洋装、カラードレスなど様々な衣装を扱います。

 

企業によっては当日の着付けまでを行うところもあります。

 

フラワーコーディネーター

・お給料
月収:約15~25万円
年収:約300万円前後

 

◎仕事内容◎
式場に飾る装花や、新郎新婦が身につけるブーケ、ブートニアをデザイン・選定するお仕事です。
ウェディングプランナーと一緒に打ち合わせに参加し、ご提案・アドバイスする事もあります。

 

新郎新婦の雰囲気や、結婚式のイメージに合ったお花をきちんとデザイン・選定する技術が必要になります。

 

ヘアメイクアーティスト

・お給料
月収:約18~30万
年収:約200~400万円前後

 

◎仕事内容◎
新郎新婦や参列者にヘアメイクを施し、当日のアテンドまでを行うところもあります。
新婦の要望を聞きながら、ヘアメイクのご提案アドバイスを行い当日のヘアメイクを決めていきます。

 

和装や洋装、カラードレスなどの衣装も確認しながら、一緒に決めていきます。

 

バンケットスタッフ

・お給料
年収:未経験からの転職時は約250~300万円ほどですが、
キャプテンのポジションになると500万円前後になることもあります。

 

◎仕事内容◎

式当日の披露宴の進行役を勤めるキャプテンと言われるポジションや、新郎新婦そして参列者へお料理や飲み物を提供したり、ゲストからの要望に応えるサービススタッフなどです。

その他

その他、レセプション、ブライダルアテンダー、調理、カメラ、音響、映像、司会、などの職種がありますが、企業に所属する場合と、派遣社員や、個人で活動している方も多くお給料の幅は広くなります。

 

職種まとめ

上記はあくまで例として挙げましたが、他の職種同様、年齢や、ポジションが上がっていったり経験を積んで行くと徐々に年収も上がっていきます。

ブライダル業界は経験があると優遇されるケースが多く、もちろん1社でキャリアアップして給料を上げていく事もできますが、未経験で入社して経験を積めば、転職する際に上がるというケースもあります。

■企業・業態ごとでも異なる

ブライダル業界といっても、様々な企業があり業態があります。

ゲストハウス

一軒家型の洋館風の邸宅で貸し切りで結婚式を行うスタイルです。

貸し切りなので他の結婚式は行っていなく、自分たちとゲストの方々だけで結婚式を挙げられます。
アットホームでオリジナルな結婚式を挙げられるのが特徴です。

ホテル

ホテル内の宴会場で結婚式を行うスタイルで1日に何組も結婚式があります。
昔からのスタイルで宿泊施設もあり、サービスもしっかりしているのでゲストの方にも安心です。

レストラン

普段はレストラン営業をしていますが、土日などにレストランで結婚式を行うタイプです。
規模も小さくなるのでアットホームな結婚式を行えます。

料理に拘ったりオリジナルがある程度できたりするのが特徴です。

業態まとめ

このようにブライダル業界には

・ゲストハウスウェディング
・ホテルウェディング
・レストランウェディング

などがあり、ウェディングプランナー、ドレスコーディネーター、バンケットスタッフも勤務する企業や業態によってお給料が変わってきます。

その他にもリゾートウェディング(海外ウェディング)や、ブライダルのプロデュース企業などがあります。

また企業によってはお給料以外にインセンティブ制度があったり、残業代や休日出勤手当が別途支給などという事があります。

営業成績が給与に反映される企業もありますので、頑張りによって給与アップが見込める会社もあります。
所属する企業の規模や仕事内容によっても変動はあります。

【まとめ】

ブライダル業界の給料についてご紹介しました。
ブライダルには様々なブライダル企業ありその企業により業態や職種も異なり、お給与も変わってきます。

しかし日本の平均年収と比べると若干低い傾向にあるようです。


ウェディングプランナーのお給料事情

しかし、経験を積んでキャリアアップしたり、営業成績によってお給料を上げていく事ができる業界でもあります。

■自分が何を重視するかで職場選びを

働いて生活する上で、お金は大切な要素です。
しかし、それだけで仕事は選べないのも事実。

ブライダルの魅力は何と言っても、「結婚式」という感動的な場面や感謝に立ち会えること。

新郎新婦にとって「結婚式」はお金もとてもかかりますし、人生の中での一大イベントなのでウェディングプランナー含め、ブライダルに関わる仕事はとても責任が重いです。

しかし成功した時や喜んでもらえた時の感動ややりがい、達成感はとても大きいです。
このやりがいはブライダルならではだからこそ得られるものとも言えます。

なぜブライダルの仕事がやりたいのかという理由と、魅力を考えてみて、ブライダルの仕事から得られる価値と給料のバランスをみて、仕事選びをしましょう。

働く上で自分がどのようなことに価値や喜びを感じているのか、一度自身に問いかけてみてはいかがでしょうか。

◎ブライダル業界・ウェディングプランナーの
詳しい年収や、平均のお給料、他業界と比べてどうなのか、
キャリアプランなどはこちらにもありますので、是非参考にしてみて下さい◎↓↓

ウェディングプランナーのお給料事情

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

__________________

 

この記事に関連するキーワード