ブライダル業界への転職、給料は上がる?それとも下がる?

これからブライダル業界への転職を考えている人にとって、どのような業界イメージを持っているでしょうか。
憧れや華やかさ、感動的なイメージがあるかもしれませんね。
明るいイメージの一方、仕事と考えると外せないのが給料面のこと。
この記事では、ブライダル業界に転職すると給料は下がるのか、上がるのか見ていきたいと思います。

ブライダル業界の給料は低い!?

ブライダル業界というと、給料が低いというイメージをもっている人もいるかもしれません。
たしかに、一般的には、年収が高い方ではないのが事実です。
しかし、全員が全員そうではありませんので、詳しく次の項から見ていきましょう。
また、ブライダルはお金だけが得られる仕事ではありませんので、その点についても考えてみましょう!

職種や企業ごとに差がある

ブライダル業界と一言で言っても、含まれている職種や企業は様々です。
ブライダルに関わるお仕事と大まかな給料は以下のとおりです。

ウェディングプランナー

営業から式場契約、新郎新婦との打ち合わせを行い、式作りをトータルサポートする仕事。
年収は、未経験からの転職の場合、ボーナスを含め約300万円~400万円前後です。
その後、マネージャークラスになると年収800万円前後の企業もあります。

ドレスコーディネーター

新郎新婦や参列者の衣装選びをサポートする仕事です。
当日の着付けまでを行うところもあります。
給料は年収だと約250万円〜350万円前後です。

フラワーコーディネーター

式場に飾る装花や、新郎新婦が身につけるブーケ、ブートニアをデザイン・選定するお仕事です。
給料は年収だと約300万円前後です。

ヘアメイクアーティスト

新郎新婦や参列者にヘアメイクを施し、当日のアテンドまでを行うところもあります。
給料は年収だと約200~400万円代です。

バンケットスタッフ

式当日の披露宴の進行役を勤めるキャプテンと言われるポジションや、新郎新婦そして参列者へお料理や飲み物を提供したり、ゲストからの要望に応えるサービススタッフなどです。
年収は未経験からの転職時は約250万円~300万円ほどですが、キャプテンのポジションになると500万円前後になることもあります。
上記はあくまで例として挙げましたが、他の職種同様、ポジションが上がって行ったり経験を積んで行くと徐々に年収も上がっていきます。
所属する企業の規模や仕事内容によっても変動はあります。
また、営業成績が給与に反映される企業もありますので、頑張りによって給与アップが見込める会社もあります。

自分が何を重視するかで職場選びを

ブライダル業界の給料についてご紹介しました。
働いて生活するうえで、お金は大切な要素です。
しかし、それだけで仕事は選べないのも事実。
なぜブライダルの仕事がやりたいのか理由と、魅力を考えてみて、ブライダルの仕事から得られる価値と給料のバランスを考えてみて、仕事選びをしましょう。
ブライダルの魅力は何と言っても、感動的な場面や感謝に立ち会えること。
このやりがいはブライダルならではだからこそ得られるものとも言えます。
働く上で自分がどのようなことに価値や喜びを感じているのか、一度自身に問いかけてみてはいかがでしょうか。
お問い合わせフォーム↓↓
https://bridal-biz.jp/entry/

この記事に関連するキーワード