ブライダル業界の転職・求人はブライダルビズ BridalBiz > コラム・連載 > 〜ブライダルフォトグラファーのお仕事とは?〜

〜ブライダルフォトグラファーのお仕事とは?〜

ブライダルフォトグラファーとは、結婚式においての写真・動画撮影を行う職業です。

結婚式の前撮りや後撮りの担当から、結婚式当日の列席者の撮影を行います。

結婚式の一生の思い出に残る瞬間を記録するお仕事ですので、とても重要な役割になります。その為、カメラの知識だけでなくブライダルの知識が必要になってきます。

 

下記が、具体的なブライダルフォトグラファーの仕事内容になります。

 

  • 結婚式や披露宴、2次会、集合写真の撮影

 

  • 前撮りや後撮り対応

 

  • ウェディングプランナーや会場スタッフと打ち合わせ

 

  • 機材準備やセッティングなどの確認

 

  • 当日利用する写真や動画、データ編集、納品

 

  • 機材の片付け

 

 

 

このようにブライダルフォトグラファーは、結婚式当日だけでなく、前撮りや後撮り、またデータ編集まで行いますので、業務内容が多岐にわたりますし、ブライダルの専門的な知識が必要になります。

 

 

 

〜ブライダルフォトグラファーになるには?〜

 

 

基本的に、ブライダルフォトグラファーに必要な資格は特にありません!
必要なのは、資格よりも、撮影のスキルやブライダルの知識が必要になります。写真の技術はもちろん必要ですが、他のスタッフと共に結婚式を作り上げますので、立ち振る舞いや結婚式の流れの把握など重要になります。また、一生に一度の結婚式の写真ですので、思い出に残る一枚を撮る必要があり、失敗は許されないのです。

よって、資格は特に必要ではなく、どちらかと言えば、撮影技術・ブライダル業界の知識が必要になります。

 

この記事に関連するキーワード