ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > ウェディングプランナーのキャリアアップ

ウェディングプランナーのキャリアアップ

ウェディングプランナーの経験者は、キャリアステップやキャリアチェンジが多彩なのが魅力の一つでもあり、様々なキャリアプランがあります。

ウェディングプランナーの採用面接でも入社後のキャリアや目標は必ず聞かれます。

今回はウェディングプランナーのキャリアプラン・キャリアアップについてどういうパターンがあるのか、段階的にご紹介致します!

 

 

______________________________________________________________________

 

<目次>

1:入社から一人前のウェディングプランナーへ

2:一人前からベテランウェディングプランナーへ

3:ベテランから様々な道へ

・ウェディングプランナーのスペシャリストを極める

・管理職へキャリアアップ

・本社の他部署へ異動

・ブライダルの他業種へのキャリアチェンジ

・独立(フリーランス)

4:まとめ

_______________________________________________________________________

 

【入社から一人前のウェディングプランナーへ】

ウェディングプランナーになるにはホテルや、ゲストハウス、専門の結婚式場、プロデュース会社などに所属します。
新卒採用で入社するいわゆる新入社員も多くいますが、中途採用で全くの異業種から社員として転職をするケース、未経験からアルバイトとして入社するケースも多くあります。

ウェディング業界は未経験からの転職者も多い業種となります。

入社後は1人でウェディングプランナーの仕事ができるように、先輩から結婚式を実施するまでの基本的なウェディングプランナーの仕事(流れ)を教わり、知識を学びます。

 

【一人前からベテランウェディングプランナーへ】

次のキャリアアップは、1人で新郎新婦の担当ができる一人前のウェディングプランナーからベテランウェディングプランナーへのキャリアアップです。
ベテランといっても経験の長さではなく、腕利きのウェディングプランナーとなることです。
企業や式場に所属するウェディングプランナーには結婚式を順調に進められる事の他に、売上や効率が求められます。

ウェディングプランナーは新郎新婦の幸せをつくる仕事ですが慈善事業ではないので、利益を出す事もベテランになると考えなければいけません。

1つの結婚式の準備にかかる仕事を効率化させ、利益をあげる(営業力をあげる)努力をしなければなりません。

また、企業によっては教会型、ゲストハウス型、レストラン型など複数の様々なタイプの式場を運営しているところもあり、幅広い対応力を求められる事もあります。
さらにこの頃に後輩の教育も役割として入ってくる事もあります。

ウェディングプランナーとして求められる事が多いステップとなりますが、それだけ身になることも多く、ウェディングプランナーにとって一番大切な時期となります。

また、成果によって収入や肩書きがアップするのもこの時期です。

 

【ベテランから様々な道へ】

ベテランウェディングプランナーになった後は、様々な方面へのキャリアアップが望めます。

 

■ウェディングプランナーのスペシャリストを極める

管理職等にはつかず、ウェディングプランナーとしてスペシャリストを極める道です。
ウェディングプランナーの仕事が好きで、多くのお客様と接して結婚式のプロデュースをしたいという方は、管理職にはならず企業に属しながらスペシャリストとしてのキャリアを選びます。

 

■管理職へキャリアアップ

ウェディングプランナーとして現場でしっかり経験を積むと、チーフプランナーなど複数のプランナーの管理する立場になります。
その後マネージャーとして、結婚式場の支配人やエリアマネージャーへのキャリアを積んでいきます。

結婚式場の支配人の主な仕事は式場の運営業務全般になります。

会場の売上・利益管理と分析(件数や、成約数、成約率、単価、売上など)、
各部署(プランナー・ドレス・キッチン・サービス・フラワー・カメラなど)の全体のマネジメント、教育・指導になりますのでウェディングプランナーとしてお客様と関わる事はほとんどなくなります。

一般的に収入も大幅に増え、大きな企業であればさらに上の役職を目指せるキャリアアップの道でもあります。

 

■本社の他部署への異動

人事、広報、総務というような他部署へ異動というキャリアもあります。
ウェディングプランナー職より時間の融通がきき、場合によっては平日勤務となるので、結婚や出産を機に異動を希望するウェディングプランナーが多いです。

比較的人気職であるため、それ相応のスキルを身につけた方が異動には有利です。

 

ブライダルの他業種へのキャリアチェンジ

ウェディングプランナーの経験を活かして、ブライダルの他の業種へキャリアチェンジする方もいます。

ドレスコーディネーターや、司会、ブライダルサロンでのお仕事、ブライダル専門学校の講師等幅広くキャリアチェンジができます。

 

■独立(フリーランス)

最後にフリーランスとして独立するキャリアもあります。
お客様への営業や協力会社への連絡等、全て自分が行い責任を持つ必要がありますが、その分、ルールや労働時間など自由に仕事を行う事ができます。

昨今はSNSや専用のサイトなどで営業しやすい環境からフリーランスになるウェディングプランナーの方も増えています。

毎日出社する必要もないので、時間の負担も少なくなります。
しかし、経営者なので収入が安定するまでには時間も労力もかかる事と、安定しない可能性も大いにあります。

 

【まとめ】

ウェディングプランナーのキャリアパス、キャリアアップを紹介しました。
ウェディングプランナーは必要な知識量は多いですが、未経験からの転職も多い業界です。
企業に所属することも、フリーランスとして独立することも将来的にできる職業となります。

また、ブライダル業界以外の業界からも比較的引くてあまたなのがウェディングプランナー職。

イベントプランナーやその他全く違う業界や職種でもウェディングプランナーの経験は活かせます。
理由としては、職種上、几帳面さ・事務処理能力・適応力・ストレス耐性・営業力・折衝能力・表情・接遇・体力等他の業界以上に求められる能力が多いため、ある程度の職種への対応力が身についています。
ブライダル業界は、年収が他業界に比較すると平均的に低い事が多いため、キャリアチェンジする事により給与アップが望めるケースもあります。

1人1人適正は変わりますので、自分に合うキャリアパスを見つけて下さいね。

 

 

ブライダルビズの無料面談では、キャリアアップしたいけど条件に合う求人が見つからないなどのご相談も可能です!

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

__________________