結婚式のバンケットサービスの仕事内容とは?やりがいや資格・キャリアプランも解説

1つの結婚式を作り上げるためには、ウェディングプランナーを中心に多くのブライダルスタッフが関わっています。

今回はその中のサービス職(バンケットサービス)に関してお伝えしていきます。

結婚式のサービス担当はバンケットサービスや宴会サービス、宴会スタッフと呼ばれています。

仕事内容やサービス職のなり方などを解説していきますので、結婚式のお仕事に興味がある方は参考にしてみて下さいね。

 

 

_____________________________________________

目次

1:結婚式に携わるブライダルスタッフの種類

2:結婚式でのバンケットサービス職の役割

・バンケットサービスの仕事内容

・バンケットサービスのやりがい

3:バンケットサービス職の雇用形態

・バンケットサービスの勤務形態

・バンケットサービスのキャリアプラン

4:結婚式のバンケットサービス職の仕事に就くには?

・新卒採用

・中途採用

・役立つ資格

5:まとめ

_____________________________________________

 

【結婚式に携わるブライダルスタッフの種類】

 

 

結婚式には多くの職種のブライダルスタッフが関わっています。

結婚式の企画・プランニング~プロデュースまで全てを担当するのがウエディングプランナー。

その結婚式の内容にそって、実行していくのが様々な部門のブライダルスタッフとなります。

主に下記のような職種があります。

・衣装担当:ドレススタイリスト
・ヘアメイク担当:ヘアメイクスタッフ
・装花担当:フラワーコーディネーター
・料理担当:シェフ
・ウェディングケーキ担当:パティシエ

・サービス担当:キャプテン・サービススタッフ
・演出担当:音響・照明
・進行担当:司会
・当日のサポート:介添え

 

【結婚式でのバンケットサービス職の役割】

結婚式でのバンケットサービスの役割は新郎新婦に代わって来て頂いた、来賓(ゲスト)の方へおもてなしをする役割があります。

サービススタッフの接客によって結婚式の印象も変わってきますので、高いサービス力やテーブルマナー・ホスピタリティなどの接客スキルが求められます。

 

■バンケットサービスの仕事内容

バンケットサービススタッフは

・披露宴会場の準備やセッティング
・ゲストの方へのドリンクや料理の提供

が主な仕事内容となっています。

食器の片付けや、メニューの説明・ドリンクのお伺い・その他に会場内の案内・写真撮影のお手伝いなど宴会がスムーズに進行するようサポートする役割があります。

前述したようにバンケットサービスの仕事は新郎新婦に代わって来て頂いたゲストの方をおもてなしする仕事で、ゲストが直接接する1番近いスタッフとなります。

料理や飲食に関して質問される事も多いのでプロとして専門的な知識も必要になり、結婚式というフォーマルなイベントにふさわしい高い接客スキルが求められます。

披露宴は、新郎新婦の入場から始まり、主賓の挨拶や乾杯、ケーキ入刀、お色直し、スピーチ・余興、新郎新婦からの演出(キャンドルサービス等)、両親への手紙・花束贈呈~挨拶・退場

の流れで進んでいきます。

それぞれの場面を把握しながらゲストの方々のタイミングをみてサービスをする事が必要となります。

 

結婚式のサービスには披露宴全体の指揮管理をしている※キャプテンがいますので、指示に従いながら自らもゲストの方が困っていないか、何か必要としていないかなど気を配りながらゲストの方々に満足頂けるよう業務につきます。
宴会終了後は後片付けまで担当し、次に披露宴が入っているようであれば準備します。

この片付け~次の披露宴の準備(レイアウトを変える事)を業界用語で「どんでん」と呼んでいます。

 

※バンケットサービスを統括しているキャプテンは責任者として当日の進行全てを任されています。

キャプテンは新郎新婦の先導を任される事も多く、新郎新婦への気遣いはもちろんの事ゲストの方へも気を配りながら全体を管理・統括し、最高の結婚式を作り上げる事が求められます。

 

仕事内容としては、ウェディングプランナーが新郎新婦と打ち合わせした資料を基に披露宴の内容やコンセプトを確認し、司会者を中心に各担当のスタッフと連携し当日の進行を進めていきます。

特に重要なのがタイムスケジュールを管理しながら時間通りに進めていく事です。

進行表を確認しながら、各担当のスタッフ(調理部門や音響や照明・撮影などの演出部門)への指示出しや、バンケットサービススタッフにドリンクや料理提供の指示出しをしていきます。

結婚式にはアクシデントやハプニングもつきものですので瞬時に判断し対応する能力も必要となります。

 

■バンケットサービスのやりがい

バンケットサービスのやりがいは、新郎新婦が一生懸命準備してきた結婚式に立ち会い幸せの瞬間を見届ける事ができる事、そして披露宴を進行し新郎新婦やゲストの方に喜んでもらえる事です。

バンケットサービスの仕事は、新郎新婦に代わってゲストの方々におもてなしをする重要なお仕事です。

直接新郎新婦に関わる事は少なく裏方のお仕事ではありますが、ゲストの方に満足してもらうために、そして当日スムーズに進行するためにサービススタッフの存在は欠かせません。

一生に一度の大切なイベントである事から、サービススタッフの失敗は大きなダメージにつながりますし責任も大きい仕事になります。
婚礼シーズンは1日に何件も担当するので体力も使います。

また宴会サービスは人数も多く、派遣スタッフやアルバイトスタッフも多くいますのでスタッフをまとめながら他部署とも連携を取り披露宴を円滑に進めていかなければなりません。

プレッシャーや責任がある仕事ですが、皆で協力し結婚式を作り上げ無事に成功した時には大きなやりがいや達成感を感じる事ができる仕事です。

 

【バンケットサービス職の雇用形態】

ブライダルスタッフの職種の中でも人数が多いバンケットサービス。

基本的には結婚式が多い土日祝の稼働が多く、平日はそこまで仕事量が多くないため正社員の数はさほど多くなく、アルバイトや会社によっては派遣(配膳)スタッフも多くいます。

 

■バンケットサービスの勤務形態

前述したように結婚式やブライダルフェアは土日祝日に行われる事が殆どです。

正社員の場合、休みは基本的に月8~9回で、平日のシフト制となっています。

結婚式場やゲストハウス、レストランですと定休日を設けている会場もあり、定休日+平日1日のお休みになりますがホテルは定休日はないので平日のシフト制でお休みを取るようになります。

金曜日は結婚式の前日となりますので準備のため基本出勤となります。

年間のお休みとしては夏休みや年末年始、産休育休や年次有給休暇、慶弔休暇などきちんと取れる事が多いです。

アルバイトや派遣スタッフの場合は、土日祝日がメインの出勤日となりますが、結婚式以外に平日にパーティーや企業のイベントなどが入っている際には出勤となる事もあります。

 

勤務時間に関しても平日と土日祝日とでは変わってきます。

土日祝は結婚式があるので、準備のため早い時間に出勤し後片付けなどで退社も遅くなる事が多くなります。

結婚式は1日に大体2件担当しますので後半の式が終わり後片付けをすると、残業になるケースも多く1日の拘束時間も12時間以上となる事もあります。

 

■バンケットサービスのキャリアプラン

バンケットサービスのキャリアプランとしては、まず一般的なサービススタッフから始まりキャプテンや支配人を目指していくようになります。

しかし現場でのサービス経験はブライダルの他の職への異動の際にも有利になります。

そのため、サービス経験を積んだのちにウェディングプランナー職へ異動するケースも多くあります。

その他ホテルであれば法人営業(宴会セールス)へキャリアチェンジするケースもあります。

 

 

【結婚式のバンケットサービス職の仕事に就くには?】

 

 

結婚式のバンケットスタッフになるには新卒採用と、中途採用の2つの方法があります。

■新卒採用

新卒採用の場合はブライダルやホテルの専門学校、短大・大学を卒業した方が対象となります。

ブライダルやホテルの専門学校に通うと、業界の知識やスキルを身に着ける事ができるため就職活動がしやすくなるでしょう。
学校に企業から直接求人がくる事も多くあります。

就職が決まると、結婚式場やホテルの料飲課に属する事が多く研修を経てバンケットサービスやレストランサービスに配属になります。

 

■中途採用

業界や職種が未経験であっても応募可能な求人もありますが、ホテルやレストラン、飲食店などの接客・サービス経験があると有利になりますので経験を積んでおくと良いでしょう。

またバンケットサービスは多くのサービススタッフが必要となるので、正社員だけではなく派遣者員やアルバイトスタッフも必要となります。

バンケットサービスの仕事をしたい場合は派遣会社や配膳会に登録して派遣で勤務する事や、直接アルバイトとして経験を積む事も可能です。

 

■役立つ資格

バンケットサービスになるために必要な資格はありません。

しかし結婚式というフォーマルなイベントになるため、身だしなみや高いホスピタリティはもちろんの事、一般的な礼儀やマナー、飲食に関わる知識やテーブルマナー、提供の仕方などを理解しておかなくてはなりません。

そのため、以下の資格があると転職する際や就職した後にも役立つでしょう。

 

レストランサービス技能検定
国家試験になり、飲食業界で働く人を対象にサービスのスペシャリストとして接客の技能を検定するものとなります。
試験は3級~1級まであり、合格者には国家技能検定資格レストランサービス技能士の称号が与えられ認定バッチを付ける事ができます。

受験資格は全て実務経験が必要になり、3級は飲食サービスの実務経験が1年以上、2級は3級取得後2年以上の実務経験、1級は2級取得後4年以上の実務経験が必要となります。

試験内容は学科と実技があり合格率は高くありませんが、取得する事で自分のサービス力に自信がつきますし、お客様にも信頼感や安心感を与える事ができます。

また業務の幅も広がりますし、高いサービス力と知識がある証明となるので就職する際やキャリアアップに有利になる事があります。

 

【まとめ】

結婚式でのバンケットサービスの仕事内容やキャリアプラン、バンケットサービスの仕事に就く方法をお伝えしました。

新郎新婦に代わってゲストをおもてなしするサービスのお仕事は、責任が大きく大変な面もありますが多くの方に喜んでもらえるやりがいのあるお仕事です。

またバンケットサービスでの経験は、ブライダル業界のキャリアチェンジの際にも有利になります。

ブライダル業界で仕事がしたい、お客様に喜んでもらいたい、結婚式という晴れ舞台で幸せのサポートがしたいという方は是非チャレンジしてみて下さいね。

 

 

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

__________________