ブライダル業界の職種一覧!結婚式の仕事のやりがいや魅力を解説

 

ブライダル業界の職種一覧!
結婚式の仕事のやりがいや魅力を解説

 

 

結婚式に携わるブライダル関連の仕事がしたい、ブライダル業界へ転職したいと思っていても、結婚式に関わる仕事の種類や、自分に合っている職種が分からないという方も多いのではないでしょうか。

結婚式は、ウエディングプランナーを中心に様々な職種のスタッフが関わっています。

今回は、結婚式に携わる様々な職種とそのお仕事内容・やりがい(魅力)を解説していきますので、これからブライダル業界で働きたいという方は参考にしてみて下さいね。

 

 

 

ブライダル業界の仕事の魅力

 

ブライダル業界とは婚礼や結婚に関する様々なサービスを行っている業界を指し、以下のような特徴があります。

新郎新婦の幸せのお手伝いができ一生に一度の大切な日を作り上げ演出していく事ができる
新郎新婦・ご両親・ゲストの方など多くの人に感動を与え、心にずっと残る仕事ができる
結婚式という華やかな場所で幸せの瞬間に立ちあえる

このようにブライダルの仕事は、そのお客様の人生の晴れ舞台に携わるという事や、高額なイベントになるためどの職種も一人一人の責任は大きくプレッシャーや緊張感のある仕事になります。

また結婚式は土日祝日がメインとなるため土日祝日の休みが取れない事や、お客様の合わせてスケージュールを組んでいく事が多いため、勤務時間が長くなったり残業が増えるなどの大変さもあります。

しかし大変な分、チームで協力し結婚式を成功させた時には、大きなやりがい・達成感、そして自分の成長を感じる事ができる仕事です。

 

ブライダル業界の仕事内容 

 

結婚式は、多くの職種のプロフェッショナルによって作られます。
下記ではブライダル業界の職種に関して説明していきます。

 

ブライダル業界の職種      

ブライダル業界の仕事は、大まかに下記の3つに分かれそれぞれの職種があります。

結婚式の企画・プロデュース
ウェディングプランナー

新郎新婦の当日のための準備・コーディネート
ドレスコーディネーター
ヘアメイクスタッフ
ジュエリーコーディネーター

結婚式当日の進行・運営・演出
フラワーコーディネーター

司会
宴会サービス(キャプテン)
調理・ブライダルパティシエ
カメラ・映像
音響・照明
介添え

 

ウェディングプランナーの仕事内容

 

 

新郎新婦と一緒に結婚式のプランニングをし、プロデュースするお仕事です。
結婚式を作る中心的な役割で、新郎新婦の心強いサポーター的な存在です。

ウェディングプランナーの主な仕事は
「新規接客業務」「打ち合せ業務」「当日の施工業務」の3つとなっています。

新規で会場に見学に来られたカップルや、ブライダルフェアなどにご参加頂いたカップルに自社の会場の魅力を伝え結婚式の会場に選んでもらう(成約してもらう)事が1番最初の仕事になります。

無事成約を頂ければ、結婚式の約4ヶ月前から打ち合わせが始まり、結婚式の内容を決めていきます。

当日は結婚式の責任者として、会場全体の指揮統括・各セクションへの指示出し・タイムスケジュールの確認などを行い結婚式の進行管理していきます。

このような一連の業務をウェディングプランナーが分担して行う分業制と、1人のウェディングプランナーが全て担当する一顧客一担当制があります。

参考コラム
ウェディングプランナーの仕事 「一顧客一担当制」と「分業制」の違いは?

 

やりがい
結婚式という感動的な日を1番近くでサポートできる事です。

結婚する2人の大切な日を一緒に作り上げる事ができ、一生に一度の幸せな瞬間に立ち会う事ができます。
お客様の数だけ違った結婚式の数があり、特別な1日である事からミスが許されない責任のある仕事でもあります。
しかし、大変だからこそ結婚式で2人の幸せな姿を見る事ができた時は、大きいな満足感や達成感を感じる事ができます。
新郎新婦やご家族の方から直接「ありがとう」と感謝の言葉を頂ける事もやりがいに繋がります。

 

ドレスコーディネーターの仕事内容

 

 

ウェディングドレスやタキシード、アクセサリーなど衣装全般のスペシャリストであり、結婚式で新郎新婦をより魅力的に輝かせるお仕事です。

衣装のイメージ・こだわり、挙式スタイル、お色直のスタイル(カラードレス・和装)などを確認しながら衣装のご提案とコーディネートを担当します。

新規の接客~試着のサポート・手配・ドレスの管理・見積作成、当日まで全て一貫して担当するため、仕事内容は多岐に渡ります。

ドレスだけでなく、アクセサリーやベール・グローブ・シューズ・ブーケなどの小物合わせや新郎新婦様だけではなく大切なご家族やご親族様の衣装(モーニングや留め袖)合わせも行なっていきます。

その他に手配業務・検品作業、見積書の作成、衣装のお直し作業等も行います。

 

やりがい
お客様の希望に合うドレス・タキシードを提供し、喜んでもらえる事、そして結婚式当日その衣装を着て輝く笑顔の新郎新婦を見られる事です。
ドレス選びが1番の楽しみという新郎新婦も多く、数ある中から衣装を選ぶのは新郎新婦にとっても大変な作業になります。
試着や打ち合わせが長時間におよぶ事もあり、体力も必要となる仕事ですが、特別な1日にふさわしいぴったりの衣装が見つかり、結婚式当日の幸せな顔を見られた時には大きな満足感ややりがいを感じる事ができます。

 

ブライダルヘアメイクの仕事内容 

 

 

新郎新婦のヘアメイクを担当し、当日の着付けやアテンドまでを行うところもあります。
ドレス同様、ヘアメイクは結婚式では欠かせない主役をより輝かせる重要なお仕事になります。
ヘアセットとメイクの両方の技術が必要となりますので美容師免許は必須です。

結婚式のおよそ2~3ヶ月前に打ち合わせを開始し、新婦の要望を聞きながら、結婚式や衣装の雰囲気に沿ったヘアメイクのご提案やアドバイスを行い一緒に当日のヘアメイクを決めていきます。
お色直しもあるので、和装やカラードレスなどの衣装に合う髪型やメイクも決めていきます。
結婚式の打ち合わせ~当日だけではなく、事前のリハーサルの時や前撮り・ブライダルフェアの時なども行います。

やりがい
ブライダルヘアメイクの1番のやりがいは、結婚式という幸せな瞬間に立ち会う事ができ、一生に一度の晴れ舞台の主役である新婦を更に輝かせ幸せにできる事です。

結婚式は新郎新婦にとって一生心に残る特別な1日ですので、責任が大きい分、お客様の希望通りのヘアメイクが決まり喜んでもらえた時は心から達成感を感じる事ができるでしょう。
自分の技術で多くの新婦を輝かせ幸せのお手伝いができる事、幸せな瞬間に立ち会える事、そして結婚式という特別な舞台で演出に携わる事ができるとてもやりがいのあるお仕事です。

 

ジュエリーコーディネーターの仕事内容

 

 

お客様の希望をヒアリングし、エンゲージリング(婚約指輪)やマリッジリング(結婚指輪)の提供をするお仕事です。
ブライダルジュエリーは、結婚が決まった時から一生身に着けるアイテムになります。
プロポーズや結婚式などの大切な節目を思い出すアイテムで、人生の中でも宝物の1つとなるものです。

そのためお客様も悩まれたり、迷われたりしながら様々なブランドを見てデザインや価格で決めていきます。
お客様の希望にそった商品をご案内できるようヒアリング力や提案力・コーディネート力が必要になってきます。商品も高額であり、お客様の年齢層や好みなども様々ですので、宝石やブライダルの知識・接客マナーや立ち振る舞い・お客様に合わせたコミュニケーションスキルというのも必要になります。

やりがい
一生物であるブライダルジュエリー選びのお手伝いができ、お客様に幸せや喜びを感じてもらえる事です。
一生の宝物であり幸せの象徴となるアイテムなため、特に女性にとって婚約指や結婚指輪は特別なものです。
またブライダルジュエリーは高価な宝石が使われているという事もあり、親から子、そして孫へと、受け継がれてゆくという事も良く聞きます。
ファッションでつける指輪とは違いどんな時も身に着けているものです。

多くのお客様は指輪のデザインや価格で選ぶ事が多いですが、ジュエリーコーディネーターの対応力やコミュニケーション能力も大きく関わってきます。
お客様の一生物のアイテムである、大切なブライダルジュエリーを一緒に選ぶ事ができるやりがいのあるお仕事です。

 

フラワーコーディネーターの仕事内容

 

 

結婚式での「花」に関わる全ての事を任され、華やかな空間作りや演出をする仕事です。
花の特徴や種類・色・香りなど花に関する知識を持ったスペシャリストになります。

具体的には、結婚式場の会場装飾や高砂やゲストテーブルの装花・ウェルカムフラワー・花束、新郎新婦のブーケ・ブートニア・ヘア飾りなどを担当します。
お客様の希望やイメージ・予算を聞きながらシーンに合った花材を選び制作を行います。
お花に関しての知識や、色彩感覚、またヒアリング力や提案力も必要になってきます。

当日はセッティング・空間のコーディネート、撤収・片付け作業、その他花材の管理などがメインの仕事になります。
お客様のイメージや希望をしっかり汲み取り、当日1番良い状態のお花で会場作りをする事がフラワーコーディネーターの重要な役割となります。

やりがい
フラワーコーディネーターの1番のやりがいは、お客様の希望にかなった空間作りができ、当日新郎新婦やゲストの方々に喜んでもらえる事です。
結婚式の数だけ演出の数もありますので、お客様に寄り添いきちんとヒアリングしながらお花の色や、形・大きさ・種類を組み合わせオリジナルな演出を演出を考えていく事が重要になります。

結婚式という大切な1日をより輝かせるために、フラワーコーディネーターの役割はとても重要になります。
自分の知識やスキルを活かしながら「花」を通して特別で素敵な空間作りをする事ができ、新郎新婦やゲストの方にも喜んでもらえるやりがいのある仕事です。

 

司会の仕事内容         

 

 

披露宴での司会進行を行い新郎新婦の大切な1日を演出するお仕事です。
新郎新婦との打ち合わせを行い式の希望などのヒアリングを行い、プロフィールに基づいて新郎新婦の紹介文を作成し式の構成を練っていきます。

バンケット責任者や音響・照明など各部署と連携を取りながら、式を滞りなくスムーズに進行させる事が重要な役割となります。
アクシデントがあった時など状況に応じて柔軟に対応できる能力や、盛り上がるシーン・感動的なシーンなどその場面に沿った雰囲気作りや高いトークスキルなど能力が必要となります。
司会者の技量によって結婚式の印象や雰囲気も大きく左右されますので、とても重要な役割があります。

やりがい
結婚式は新郎新婦にとって一生に一度しかない大切なイベントとなるため、進行を担当する司会者は大きな責任を伴います。
結婚式の数だけ新郎新婦の思いや希望の演出があるため、しっかりヒアリングしオリジナルの司会をしていく事が必要となります。
かけがえのない一日を素敵な思い出にするために失敗は許されず、司会者の印象でその結婚式の印象も決まるといっても過言ではありません。
大きな責任やプレッシャーがありますが、その分成功した時は新郎新婦から「ありがとう」と直接感謝の言葉を受け取る事ができたり、喜んで頂ける仕事です。
様々な部署のスタッフと協力しながら結婚式を作り上げていく事ができるため、成功した時には大きなやりがいを感じる事ができます。

就業先としては、ブライダル企業やホテルに直接就職するか、司会者養成スクールや司会派遣業者、結婚式のコーディネート専門会社などに就職し提携先の結婚式場やホテルへ出向く形となります。
経験を積めばフリーランス契約で働く事も可能です。

 

宴会サービスの仕事内容     

 

 

披露宴会場の準備・セッティング、ゲストの方に料理やドリンクの提供を行う飲食のサービスや宴会がスムーズに進行するようサポートをするお仕事です。
食器の片付けやメニューの説明・ドリンクのお伺い・その他に会場内の案内・写真撮影のお手伝いなどもします。

バンケットサービススタッフは、新郎新婦に代わって来て頂いたゲストの方をおもてなしする仕事で、ゲストが直接接する1番近いスタッフとなります。
サービススタッフの接客によって結婚式の印象も変わってきますので、サービス力やテーブルマナー・ホスピタリティなどの接客スキルが求められます。

また料理や飲食に関して質問される事も多いので専門的な知識も必要になります。

披露宴全体の指揮管理をしているキャプテンの指示に従いながら、自らもゲストの方が困っていないか、何か必要としていないかなど気を配りながらゲストの方々に満足頂けるよう業務につきます。

やりがい
バンケットサービスのやりがいは、新郎新婦が一生懸命準備してやっと迎える事ができた結婚式に立ち会う事ができ、披露宴の進行のお手伝いができる事、そして新郎新婦やゲストの方に喜んでもらえる事です。
バンケットサービスの仕事は、新郎新婦に代わってゲストの方々におもてなしをする重要なお仕事です。
直接新郎新婦に関わる事はなく裏方のお仕事ではありますが、ゲストの方に満足してもらうために、そして当日スムーズに進行するためにサービススタッフの存在は欠かせません。
新郎新婦やゲストの方に喜んでもらえるやりがいのある仕事です。

 

調理の仕事内容         

 

 

披露宴でゲストの方に出すコース料理の調理をする仕事です。(フレンチが多くなります)
結婚式での料理は、新郎新婦からゲストの方へのおもてなしの1つであり、結婚式の印象を左右するといっても過言ではありません。

結婚式の調理の場合は事前にウェディングプランナーとコース料理を決め、決まったメニューを順番に作っていくような流れになります。
調理場のトップは、現場の責任者として調理はもちろんの事、衛生管理・スタッフの指導も行います。

シェフの下にはスーシェフ・コック・ソーシエ・ブッチャー・ガルド・マンジェなどの担当がおり、それぞれの持ち場によって仕事内容が変わります。

お客様の中にはアレルギーがある方もいるので、事前に確認しメニューを調整する事もあります。
調理の仕事は、チームで力を合わせてお客様に満足頂けるよう美味しくスピーディーに、そして安全に作る事が求められます。

やりがい
調理スタッフの1番のやりがいは、自分の作った料理でお客様が笑顔になり喜んでもらえる事です。
結婚式という特別な1日の調理となり、結婚式を更に華やかにする一生ものの料理を提供します。
結婚式での料理は結婚式の印象を左右するとても重要な役割があります。
お客様の大切な1日を自分の料理で幸せにでき、そしてお客様の思い出に残る事ができる調理の仕事はとてもやりがいがあります。

 

ブライダルパティシエの仕事内容 

 

 

ブライダルパティシエは、結婚式に欠かせないウェディングケーキや引き出物のお菓子、コース料理のゲスト用のデザートのケーキの作成をするお仕事です。
結婚式という大切な1日がより輝くよう、心を込めて美しいウェディングケーキやデザートを作成します。

式場にもよりますが、オリジナルで作る事ができる場合、アメ細工やチョコレート細工・マジパン細工などの装飾を使い、お客様の希望にそってウェディングケーキを作ります。

結婚式は土日祝がメインなので、平日は基本的にウェディングケーキやゲスト用デザートの仕込みやアメ細工、チョコレート細工などの準備をします。

ケーキの作成以外の仕事としては、新郎新婦とウェディングケーキの打ち合わせや、ゲスト用コース料理のデザートの考案、またブライダルフェアなどがあれば、現場に立って説明する事もあります。

 

やりがい
ウェディングケーキは結婚式という特別な1日に欠かせないアイテムです。
ケーキ入刀やファーストバイトなど、結婚式でも盛り上がるシーンに登場する華やかなウェディングケーキは重要や役割を果たします。
式場によりますが、ウェディングケーキは新郎新婦の希望を聞きながら作成するケースが多いです。
オーダーで作れる式場であれば1つとして同じものはなく、オリジナルのウェディングケーキを作る事ができます。
予算内でなるべくお客様の希望に添えるようパティシエが打ち合わせに入り、しっかりヒアリングして材料やデザインなど考案していきます。
新郎新婦の希望通りのウェディングケーキを作る事ができ喜んでもらえる事ができたり、新郎新婦の幸せな姿やゲストの方々の歓声を聞く事ができるやりがいのあるお仕事です。

 

ブライダルカメラマンの仕事内容 

 

 

結婚式や披露宴で新郎新婦やゲストの方々のスナップ写真、記念写真の撮影をするお仕事です。
また新郎新婦2人の前撮りや後撮り、家族や親族との集合写真も担当します。

結婚する2人にとって一生に一度の大切な結婚式。
その様子を、形に残す事ができる重要なお仕事です。

結婚式には、入場シーンやケーキ入刀・キャンドルサービス・両親への手紙など色々な大切なシーンがあります。
そのため、大切な瞬間を逃さないよう常に周囲に気を配り、妨げにならないよう注意しながら各シーンでシャッターを切ります。
その他にウェディングプランナーや新郎新婦との打ち合わせ、写真加工・編集、お客様への納品などの仕事があります。

結婚式本番は一度きりでやり直しがききません。
式の内容を把握しながら、新郎新婦に喜んでもらえる写真を撮影する事が重要な仕事内容になります。

 

やりがい
ブライダルカメラマンのやりがいは、結婚式という人生の一大イベントに関わる事ができ、結婚する2人にとって一生の思い出となる日を自分の手で形として残せる事、そして新郎新婦やその家族に喜んでもらえる事です。
結婚式の最中は重い機材を持ち、最高の瞬間を取るために常に気を配りながら動き回るため体力も必要となります。
大変な部分や、「一生に一度」という責任やプレッシャー・緊張感があり気の抜けない仕事ですが、出来上がった写真を見て新郎新婦が心から喜び、感謝された時は大きな喜びや幸せを感じる事ができます。
お客様の最高の笑顔・幸せの瞬間を撮る事ができ、宝物となる写真を自分の手で残す事ができるとてもやりがいがあり充実感を得られる仕事です。

 

音響・照明スタッフの仕事内容  

 

 

ホテルや結婚式場では会場と提携している外部の音響照明の専門会社のスタッフが行う事が多く、
ゲストハウスやレストランですとウェディングプランナーや自社のスタッフが行う事もあります。

音響照明は挙式・披露宴で進行に合わせて音楽や照明で演出するお仕事です。
結婚式では入場シーン・ケーキ入刀・お色直し・キャンドルサービス・両親への手紙・退場シーンなど様々なシーンがあります。
新郎新婦との打ち合わせで各シーン毎の楽曲を決め、当日は司会者と確認しながら演出していきます。

やりがい
音楽や照明は結婚式の各シーンを盛り上げたり、落ち着く雰囲気にしたりととても重要な役割があります。
間違えが許されない責任も大きい仕事ですが、ぴったりと演出が決まった時は大きな喜びとやりがいを感じられます。

 

介添え(アテンダー)の仕事内容  

 

 

結婚式当日、新郎新婦に寄り添ってお世話をするお仕事です。
ホテルや結婚式場では専任の女性スタッフが担当する事が多く、ゲストハウスやレスランではウェディングプランナーやヘアメイクスタッフが行う事もあるようです。
結婚式当日は、不安を感じる新婦も多いため気配りや気遣いが必要になります。

歩く時にドレスの裾を持ったり、ヘアメイクが乱れていないかなど見た目や体調などに気遣い、常に新郎新婦の1番近くでサポート・ケアする重要な役割があります。

 

ブライダル業界で資格は必要?

 

ブライダル業界で働くために、資格は必ず必要というわけではありませんが、結婚式の仕事は多様な知識や能力が求められるため、資格を持っていると自分自身の知識や理解を深める事ができお客様により良いサービスを提供できたり、就業した後も役立つ可能性があります。

また人気がある業界なので、未経験の場合は就職の際の面接で自己PRにもなります。

参考コラム:ブライダル業界で働くには資格は必要?役立つ資格と取得方法

 

まとめ          

 

 

このように結婚式には多くの職種のプロのスタッフたちが携わり活躍しています。
お客様の人生の門出のお手伝いができる、お客様に喜んでもらえるというやりがいだけでなく、チームワークで作り上げていく楽しさや達成感も得る事ができます。

結婚式という一生に一度の大切な日をプロデュースする事からどの職種も責任があり、失敗は許されない仕事です。
またお客様に合わせて仕事をする事も多くなるため、土日の出勤は必須であり残業になる日もありますが、その分幸せな空間で大きなやりがいや満足感を感じられる魅力のある仕事です。

それぞれの職種に特徴がありますので、自分に合う仕事を選んでみて下さいね。
弊社でもブライダル業界の様々な職種を扱っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

 

ブライダル業界の給料面に関して
参考コラム:ブライダル業界の給料事情!人気のウェディングプランナーやドレスコーディネーターの給料は?

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。