結婚式での音楽の役割

普段生活をしていると、何気なく耳に入ってくる音楽。
意識はしていなくても、音楽は切っても切り離せない関係であると気づかされます。

結婚式も同様に絶え間なく音楽が流れていますが、その音楽がどのような役割をもたらしているかご案内します!

 

 

__________________________
<目次>
1:どんな時に流れる?
2:音楽の力
3:結婚式にふさわしい曲
4:まとめ
__________________________

 

【どんな時に流れる?】

結婚式当日はどんな音楽が流れているかご存じですか?

基本的にはお客様の好きな曲を流すことができるのですが、パーティーの各シーンで選曲されたものが流れています。

シーンは多岐に渡ります。

開宴前
入退場時
乾杯
スピーチ
プロフィール映像
ケーキ入刀
お色直し入退場
テーブルラウンド
新婦からの手紙

など定番シーンをはじめ、歓談などの際も曲は必ず流れています。

披露宴中に無音になる事はまずありませんので、歓談曲も含めるとかなりの曲が流れている事になります。

新郎新婦はこの曲選びにも結構苦労します。
同じ曲は何度も使えないですし、そのシーンごとに合う曲を選別するのはとても時間がかかります。

ウェディングプランナーは相談される事もあるかと思います。

また好きな曲といってもそのシーンに合う・合わないはありますので、ウェディングプランナーとして流行曲の把握や、シーン別のおすすめ曲は知識として持っているとお客様にアドバイスができます。

 

【音楽の力】

結婚式に出席したときに、気持ちが高ぶる時や感動してしまうシーンはありませんか?

新郎新婦の振る舞いや言動によって引き起こされるものでもありますが、そのアクセントとして音楽が重要な役割を果たしている場合もあります。

分かりやすい例でいうと新婦の手紙。
両親に向けた新婦の想いを述べるシーンに涙される方も多いかと思います。

その場合の選曲としては優しい雰囲気の曲が合っていますし、手紙を読む新婦の声を強調したいのであれば、歌詞がある曲は新婦の声とかぶってしまう恐れがある為、あまりふさわしくありません。

感動的なシーンとそれにふさわしい曲のメロディーが一致すると、ゲストの琴線に触れる=心の奥底から感動、その雰囲気に共鳴するという現象を目の当たりにすることができます。

また、披露宴の終盤でVTRとして流れるエンドロール等の映像でもそうですが、歌詞のちょうどいいタイミングで映像が切り替わっているはずです。

普段は意識していないかもしれませんが、それこそが違和感なく受け入れられている証ですし、曲の大サビで最も感動的な写真や動画に切り替わったら盛り上がりますよね。

それくらい音楽の持つ力は計り知れなくて重要なものなのです。

 

【結婚式にふさわしい曲】

 

 

基本的に別れを連想させる曲、過激な歌詞などはNGと言われています

また英語に堪能な方もいらっしゃるので、洋楽を和訳した時の歌詞も気をつけなければいけません。

余談ですが、小田和正さんの「言葉にできない」は、結婚式でも耳にすることがあります。
メロディーは感動的なのですが、出だしは「終わる筈のない愛が途絶えた~」です。

こういった懸念点を伝えることもウェディングプランナーとしての役目でもあります。

結婚式での音楽はシーンによってふさわしい曲が変わってきます。

簡単ではありますが、シーン別に選び方をご紹介します。

 

開宴前、歓談時
来賓の方々が歓談している時間なので、明るすぎたり歌詞が入っているようなうるさすぎる曲はNG。来てくれた方々がリラックスできるような落ち着いた音楽が良いでしょう。
歌詞は入っていても良いですが洋楽の方が良いかもしれません。

 

入退場時、乾杯、プロフィール映像時
これから結婚式が始まるという盛り上がるシーンですので明るく盛り上がるような曲を選びましょう。
ウェディングプランナーの方と打ち合わせをし、サビの部分と合うようにセッティングしてもらいましょう。

 

ケーキ入刀、テーブルラウンド時
ウェディングケーキやテーブルラウンドは明るく可愛らしい感じの曲がおすすめです。
ウェディングケーキは女性向きな可愛らしいものが多いですし、テーブルラウンドもキャンドルサービスを行う事が多いのでどちらかというと可愛らしいイメージですよね。
ただキャンドルサービスは照明が落ちて暗くなるので、洋楽だったり、ロマンチックな落ち着いた曲でも良いかもしれません。

 

お色直し入退場時
お色直しではウェディングドレスもカラーになり一気に明るくなるので、明るい曲を使う方が多いです。
お色直しの入退場はご家族の方や友人が一緒だったり、ドレスによっては落ち着いた演出をする場合もあると思うのでそのシーンに合わせて選ぶようにしましょう。

 

新婦からの手紙
花嫁がご両親に感謝を述べる感動的でクライマックスなシーンですよね。
落ち着いた曲が良いでしょう。
歌詞が入っていない方が手紙の内容が入りやすいですが、歌詞があると逆にシーンを盛り上げる事もあります。
新婦からの手紙の時の場合、オルゴールバージョンの音楽を使う方が多いです。

 

【まとめ】

 

 

いかがでしたでしょうか。
たかが音楽といってもその音楽によって雰囲気をコントロールすることが可能です。

そしてウェディングプランナーとしても音楽の知識を持つことは大切です。

音楽は、よりいい結婚式にするための重要なツールですので、普段から色々な音楽を聴いてみる事をオススメ致します♪

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。