ウェディングプランナーの仕事内容【結婚式当日までの業務の流れを解説】

 

ウェディングプランナーの仕事内容
【結婚式当日までの業務の流れを解説】

 

ウェディングプランナー 仕事内容

 

ウェディングプランナーとは、結婚式のプランニング・式の準備・式当日の本番の施工に至るまで結婚式を始まりから終わりまでサポートする人の事を指します。

結婚式を挙げる新郎新婦にとっていなくてはならない心強い存在ですよね。


新郎新婦が希望する結婚式のコンセプトから、使用するアイテム・演出内容など全てのプロデュースをできる非常にやりがいのあるお仕事です。

華やかで幸せな1日をプロデュースできる人気の職業のため、ウェディングプランナーを目指したいという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、結婚式という晴れの日に向けて、ウェディングプランナーがどのように仕事を進めていくのか、結婚式当日までの業務内容に関してお伝えしていきます。

 

 

 ☑︎参考コラム

結婚式当日ウェディングプランナーは何をするの?

 

 ☑︎参考コラム

ウェディングプランナーの1日の仕事内容

 

 

 

 

 

ウェディングプランナーの主な仕事内容  

 

 

ウェディングプランナーの主な仕事内容は下記の3つになります。

 

ウェディングプランナーの主な仕事内容

① 新規接客
② 打ち合わせ(手配業務)
③ 当日の施工

 


ウェディングプランナーは、結婚式場やホテル・ブライダルプロデュース会社などに所属し、結婚式の準備から本番までを総合的に企画するお仕事。

会場や必要な備品・アイテム・スタッフ等の手配から式終了までの全てを管理します。

新郎新婦が理想とする結婚式を形にする手助けをする仕事であり、主に新規の接客、結婚式の打ち合わせ、当日の施工までの一連の業務を担当します。

 


①新規接客

まずは、会場に見学に来られたカップルへの新規接客から始まります。
自社の会場の魅力を伝え契約が取れるよう営業を行います。

 

②打ち合わせ

その後契約が取れたら打ち合わせがスタート。
お客様の希望(予算・日程・こだわり等)をヒアリングし、引き出物・演出・衣装・ヘアメイク・料理・装花など適切なプランを提案する打ち合わせを行います。
同時に、結婚式当日の司会やカメラマン・神父・音響スタッフ等の人材に加え、ブーケやウェディングケーキ等の品物の手配と管理など各部署と連携を取り準備をすすめます。

 

 

③当日の施工

結婚式当日も担当する場合は、式の全体責任者として滞りなく進行するよう各部署への指示出しをしてスタッフを動かしたり、トラブルがあった際には対応していきます。

 

 

会社によって、ウェディングプランナーの業務範囲は下記のように異なります。

①分業制:新規接客・打ち合わせ・当日業務を分担
②一貫制:新規接客〜当日施工まで担当

ホテルや専門式場は①
ゲストハウスは②が多くなっています。

 

 

 

 

結婚式までのスケジュール      

 

 

★結婚式の1年前~★
プロポーズ

両家顔合わせ・結納

結婚式場見学・ブライダルフェアの予約

インターネットや雑誌で調べて見学に行ったり、ブライダルフェアに参加して自分たちに合う会場を選んでいきます。

 

★約半年~1年前★
会場の決定

結婚式の打ち合わせ

 

 

会場にもよりますが、結婚式の約4ヶ月前から打ち合わせが開始します。
打ち合わせの回数は約4~6回、
1回の打ち合わせ時間は2~5時間となっています。

 

 

 

 

結婚式当日までの業務内容      

 

 

結婚式を挙げる会場が決まったら、それに伴って、演出やドレス・料理・引き出物・写真など、様々なものを決めていかなければなりません。

結婚式の約4ヶ月前から数回に分けて打ち合わせを行い、必要なアイテムなど準備を進めていきます。

手配や発注もウエディングプランナーの仕事になります。

 

 

 

①結婚式の日程やコンセプトを決める 


前述したように、結婚式の打ち合わせは約4ヶ月前から開始します。

ウェディングプランナーは、最初に新郎新婦の希望を聞きながら、結婚式の日程やコンセプト・テーマなど結婚式の土台を作っていきます。

事前にアンケートなどで新郎新婦に希望をお伺いしている事もあるため、その内容に沿って具体的に決めていきます。

友人を多く呼ぶためアットホームな式にしたい・会社関係の方が多いため落ち着いた式にしたい・家族やゲストの方に喜んでもらえる式にしたい・料理に拘りたい…などカップルによって希望は様々。

結婚式は2人にとって大切な1日なので、どのような式が良いのかしっかりヒアリングし、提案する事が必要になってきます。

 

 

 

②招待状や席次表などの決定・手配  


結婚式の日程やコンセプトが決まったら、招待状や席次表のリストアップ・作成、招待状の発送日や返信期日などを決めていきます。

リストアップが終わったら、新郎新婦と一緒に招待状や席次表の見本を見ながらデザインや文例を一緒に決めていき、業者への手配業務をしていきます。

会場によっては、ウェディングプランナーが招待状や席次表、席に着いた時においてある席札の確認を行っています。

名前や肩書に間違いはないか、漢字は正しいかなど細かくチェックします。

 

 

 

③司会の決定            

 

会場にもよりますが、司会がその会場に所属しているというケースは少なく、提携している司会専門の派遣会社などから来てもらうという事が殆どです。

そのため、ウェディングプランナーは新郎新婦にDVDなどで司会者の紹介しプロフィールを元に選んでもらい決定してきます。

司会者が決定したら新郎新婦と司会者も結婚式の前に顔合わせと打ち合わせを行います。

基本的には司会者との打ち合わせは1回となっており挙式の1ヶ月~2週間前に行います。

ウェディングプランナーが立ち会う事もあれば、新郎新婦と司会者のみで打ち合わせをしてもらう事もあります。

 

司会者は新郎新婦のプロフィールシートを元に、下記の内容を確認していきます。

 

・2人のプロフィール
・家族構成、学歴、職業
・趣味
・2人の馴れ初め
・披露宴のテーマや雰囲気
・当日の進行内容/プログラム
・ゲストの方に伝えたい事
・紹介NGな事

 

 

 

④装花・装飾の決定         


会場の装花、新郎新婦が座る高座、ゲストのテーブルに飾るお花を決めていきます。


ホテルの場合はパターンがある程度決まっているため、その中から新郎新婦と一緒に決めていく事が多くなります。

結婚式のコンセプトやテーマと合わせて、会場の雰囲気(デザインや色)を決めていきます。

ゲストハウスやレストランなどはオリジナルな結婚式ができるため、その場合は装花担当のフラワーコーディネーターが担当となり新郎新婦と打ち合わせを行います。

装花が決まったら、テーブルクロスなども決めていき最終的な会場の装飾を決定します。

会場の雰囲気はとても大切なので新郎新婦の希望をしっかりヒアリングしがらアドバイスし決めていきます。

 

 

 

⑤演出の決定            


結婚式での具体的な演出を決めていきます。

挙式や披露宴ではそのシーンに合わせて様々な演出があります。

 

・挙式でのベールダウン
・挙式後のフラワーシャワーやブーケトス
・バルーンリリース

・挙式と披露宴の間のウェルカムドリンク
・キャンドルサービス
・バンド演奏
・シャンパンタワー
・プロジェクションマッピング
・中座エスコート(お色直し)
・ファーストバイト
・両親への手紙・贈呈品

 

会場によって内容は異なりますが、より良い結婚式になるよう様々な演出を提案しメリットを伝えていきます。

打ち合わせ担当のウェディングプランナーは演出などで単価を上げていくのも重要な仕事の1つになります。

 

 

 

⑥BGMの決定            


BGMに関しては式場にお任せする場合と自分たちで選んで提出するパターンがあります。


結婚式では様々なシーンで音楽が使われます。

 

・開宴前
・入退場時
・乾杯
・スピーチ
・プロフィール映像
・ケーキ入刀
・お色直し入退場
・テーブルラウンド
・新婦からの手紙

 


など定番シーンをはじめ、歓談などの際も曲は必ず流れています。

披露宴中に無音になる事はまずありませんので、歓談曲も含めるとかなりの曲が流れている事になります。

自分たちでBGMを選ぶ場合、新郎新婦はこの曲選びにも苦労します。

同じ曲は何度も使えないですし、そのシーンごとに合う曲を選別するのはとても時間がかかります。

ウェディングプランナーは、相談される事も良くありますので、流行曲の把握やシーン別のおすすめ曲は知識として持っているとお客様にアドバイスができます

 

 

 

料理の決定            

 

来て頂いたゲストへのおもてなしの中でも、需要となる料理。

料理の印象も結婚式を左右する大きなポイントとなりますよね。

料理のジャンル(フレンチ・和洋折衷・中華・和食など)・コース・ドリンク・デザートなどを、ウエディングプランナーと相談して決定していきます。

特別な事情や要望がある際には、シェフと連携して対応してもらう事ができます。

 

 

 

⑧ウェディングケーキの決定     

 

会場によって異なりますが、ウェディングケーキは幾つかのプランから決めるケースと、パティシエに希望を伝えオリジナルのウェディングケーキを作る事ができるケースがあります。


オリジナルで作成する場合は、パティシエと相談しながら決めていきます。

 

 

 

⑨ドレス・ヘアメイクの決定     


結婚式の2~8ヶ月前に、ウェディングドレスやカラードレス・タキシードなどの衣装やヘアメイクを決めていきます。

ホテルや結婚式場などは衣装室が併設されている事が殆どですので、衣装を決める時期になったら衣装室をご案内しドレススタイリストと一緒に衣装を決めてもらいます。

衣装室がないホテルやゲストハウス、レストランの場合は提携しているドレスショップをご紹介し手配していきます。

衣装やヘアメイクは、専任のドレススタイリストやヘアメイクスタッフがいるのでお任せしますが、時にはアドバイスを求められたり相談に乗る事もあります。

そのため、ドレスやヘアメイクに関する知識を持っているとより良いでしょう

 

 

 

⑩引き出物などの決定・発注     


式の2〜3ヶ月前になると、ゲストの方に渡す引出物・引菓子・プチギフトを決めていきます。

カタログやリストをもとに品物を選び、決定したら業者へ手配・発注していきます。

ゲストハウスやレストランなどは自社オリジナルの引き出物や引菓子、プチギフトを扱っている事もあります。

その場合は、ウェディングプランナーが包装したりリボンをかけるなどの準備する事も。

また、会場によっては、引出物や引菓子・プチギフトが業者から納品されると、ウェディングプランナーが数の確認や包装のチェック、熨斗の間違いがないかなどを確認し、引出物・引菓子を1つ1つ袋に詰めていく作業を行うというケースもあります。

ゲストの数分、引出物の向きや順番を確認しながら詰めていきますので意外と大変な仕事になります。

ゲストによって引出物を変えるケースもあります。

引出物の内容の間違いや、渡し間違いは大変失礼な事に当たりますので入念なチェックが必要です。

 

 

 

⑪写真やムービーの決定       

 

結婚式当日のカメラやムービーの手配も進めていきます。

新郎新婦によっては外注するケースもありますが、基本的には会場で手配する事が多くなりますので、フォトアルバムやムービー(DVD)などの見本を紹介しながらどんな仕上がりにするのかを決めていき、ウェディングプランナーがカメラマンや映像スタッフに伝え、準備や手配を行います。

 

 

 

⑫席次表や席札の確認        

結婚式の1ヶ月前になると、新郎新婦から席次表が提出されます。
新郎新婦から受け取ったリストをもとに、席次票や席札に肩書や名前の間違いがないかなど細かくチェックをしていきます。

肩書や名前の間違いはゲストの方を不快にさせてしまします。
間違いのないよう1つひとつしっかり確認をしていきます。
その他に結婚式の約1ヶ月前にはヘアメイクのリハーサルや、ウェディングドレスの最終確認などが行われます。

 

 

 

⑬見積のご提示          


結婚式の打ち合わせが全て終わると、最終的な見積もりを作成しお客様にお渡しします。

支払い期日や支払い方法もお伝えし、打ち合わせは終了となります。

後は無事結婚式を迎えられるよう会場チェック等を行い最終的な準備をします。

 

 

 

⑭結婚式当日            

 

 

当日の施工もウェディングプランナーが担当する場合は、結婚式のおよそ2時間前に出勤し、挙式・会場の最終確認、準備をし新郎新婦のお出迎えをします。

緊張や不安を感じている新郎新婦が多いので、しっかりフォローするのもウェディングプランナーの重要な役割。

新郎新婦が準備をしている間に、各担当部署のスタッフでミーティングを行い、当日の進行の最終チェックをします。

準備が整い次第、挙式のリハーサルをし、挙式→披露宴とすすめていきます。

披露宴では会場を見守り、スムーズに進行できるよう状況の確認、各スタッフへ指示出し・全体のチェック・新郎新婦のサポート、フォローを行います。

また急なハプニングがトラブルが起きる事も。

ウェディングプランナーはキャプテンと一緒に臨機応変に対応します。

無事に担当の結婚式が終わると、ご両親への挨拶をし新郎新婦をお見送りし終了となります。

その後会場の後片付けや掃除、担当したスタッフとの反省会などを行い、全てが無事終わった時は達成感や満足感など大きなやりがいを感じる事ができます。

 

 

ウェディングプランナーの仕事、資格は必要?  

 

ウェディングプランナー 資格

 

ウェディングプランナーになるために必須な資格はありません。

他業種から未経験でウェディングプランナーに転職する人も多くいます。

未経験で就職しても、経験を積みながらウェディングプランナーとしての知識やスキルをつけていく事ができますし、研修をしっかり行ってくれる企業も多くあります。

中途採用の場合は即戦力を求められるので、どちらかというと資格より人柄や経験の方が重要視されます。

しかし、ウェディングプランナーの仕事は人気の職種の為、新卒採用・中途採用共に競争率が高くなっています。

そのため資格を持っていた方が有利な事もあります。

 

ブライダルの資格は様々な種類がありますが、ウェディングプランナーの転職や仕事をする際に役立つ資格4つが下記になります。

資格試験は年に1〜2回行われる事が多くなっているようです。

 

1  BIA認定ブライダルコーディネート技能検定
2  ABC協会認定ブライダルプランナー検定
3  IWPA認定ウェディングプランナー検定
4  日本能力開発推進協会ウェデイングプランナー検定

     

    ★詳しくはこちらを参考にしてみて下さいね↓

     

     ☑︎参考コラム

    ウェディングプランナーになるために役立つ資格4つと取得方法!

     

     

     

    ウェディングプランナーのやりがい  

     

    ウェディングプランナーのやりがい

     

    ウェディングプランナーの仕事のやりがいは、何といっても人にしかできない仕事である事お客様に満足のいく結婚式を提供し喜んでもらえる事

    人生の最大のイベントに関わる事ができ、感動の瞬間に立ち会え、幸せな姿を見る事ができる仕事は中々ないでしょう。

    ウェディングプランナーには主に下記のようなやりがいがあります。

     

     

     

    人生の大切なセレモニーに携われる  


    結婚式は人生の節目の日であり結婚する2人の大切なセレモニーです。

    結婚する2人やその家族の心にずっと残るため、より満足のいく結婚式を作り上げていく事がウェディングプランナーの役割となります。

    新郎新婦の家族や友人・同僚など大切な繋がりがある方々が集まり、その結婚・門出を祝福し、新郎新婦からも大切な方々へ普段中々伝えられない感謝の言葉を伝える場所でもあります。

    そのような大切な時間を作りあげる事ができる仕事は他にはありません。

    担当する結婚式は1つとして同じものがなくお客様によってそれぞれの物語があります。

    新郎新婦のこれからの幸せを願い、最高の1日を一緒に作り上げていく事、結婚式が成功し喜んでもらえる事は大きなやりがいとなります。

    人に喜んでもらいたい・人の喜びに共感できるという方には非常に向いている仕事です。

     

     

     

    感謝の言葉を直接聞く事ができる   


    新郎新婦とは最初にお会いした時から約半年~1年かけて一緒に結婚式を作り上げています。

    自分の提案やアドバイスがお客様の結婚式の形となり、最高の結婚式を実現できた時には当日新郎新婦やそのご家族・ご列席者に大きな感動を与える事ができます。

    打ち合わせをしていく中で大変な事もありますが、結婚式が無事成功した後には、新郎新婦やご両親から「素敵な結婚式をありがとう」「〇〇さんが担当で良かった」など心からの感謝の言葉を頂く事ができます。

    また直接お手紙を頂いたり、年賀状を頂けるなど長いお付き合いになる事も。

    大切なお客様と長い期間をかけて信頼関係を築ける事も大きなやりがいになります。

     

     

     

    クリエイティブな仕事ができる    

     

    ウェディングプランナーの仕事は、お客様1人1人の希望に添った結婚式を作り上げていく事。

    0から1つのものを作り上げていく仕事であり、ウェディングプランナーは、結婚式全体の指揮官となるため、ドレスやヘアメイク・花や装飾・料理・ウェディングケーキなど、結婚式に携わる様々なプロフェッショナルと一緒に仕事を進めていきます。

    クリエイティブなアイデアを出し、新郎新婦の理想の結婚式を具現化するプロセスに携わる事ができます。

    自分自身のアイデアやセンスを活かし、発揮できる事ができるため無事に成功した時には大きな達成感ややりがいを感じる事ができます。

     

     

     

    チームで達成する喜びを感じられる  


    結婚式を作り上げるためには、ウェディングプランナー1人で成功させる事はできません。

    会場スタッフや調理スタッフ・司会者・衣裳・ヘアメイク・装花・音響・映像・カメラマン・介添などそれぞれの分野を担当するスペシャリストと連携しながら1つの結婚式を作り上げていきます。

    多い時では100名を超えるスタッフが携わります。

    その中心となり、指示出しや調整をしプロデューサー的な仕事をするのがウェディングプランナー。

    担当する1つの結婚式を皆で無事迎え、成功した時の充実感や達成感がまた次の仕事への活力になります。

    様々な職種のプロフェッショナルと出会える為、勉強になる事も沢山あります!

     

     

     

    成果が評価されキャリアアップできる 


    ウェディングプランナーの仕事は売上を作る・売り上げをあげるという営業的な要素も強くなります。

    新規接客の場合は成約を取る事、打ち合わせの場合は単価を上げていくという事も大切な仕事の1つになります。

    企業によりますが、この成約率や単価のアップによってインセンティブがお給料に反映される事も。

    ブライダルの企業は実力主義の企業が多く、成果を出せば評価され給与面に反映される傾向にあります。

    また年齢に関係なく、キャリアアップや管理職を目指せる環境があります。

    特に女性が多く勤務している職場なので、他の業界よりも活躍している女性管理職が多いのも特徴です。

    会社の評価やキャリアアップがウェディングプランナーとして大きなやりがいに繋がります。

     

     ☑︎参考コラム

    ウェディングプランナーにはどんなキャリアアップがある?

     

     

     

    様々なスキルを身に付け成長できる  


    ウェディングプランナーの仕事は、結婚式という責任ある価値の高い商材を扱い、様々な年齢や職業の方と接します。

    また結婚式のプロデュースの中心となり、チームで1つのものを作り上げていきますので、下記のような様々なスキルを身につける事ができます。

     

    コミュニケーション能力
    ホスピタリティ

    礼儀・マナー
    リーダーシップ
    問題解決能力
    折衝能力・対応力
    営業力(プレゼンテーション能力)
    ヒアリング力

     


    最初は未経験であっても、ウェディングプランナーとしての経験を積めば積むほど、知識やスキルが身につき成長を感じる事ができるため、やりがいに繋がるでしょう。

     

     

     

    華やかな職場で働ける        


    ウェディングプランナーの職場は、ホテルや結婚式場やゲストハウス。

    豪華な外装や内装、色とりどりのお花、流行りのメイク、華やかなドレスやジュエリー、豪華な食事、ウェディングケーキ・・などに囲まれ、日常では味わえない煌びやかな空間で毎日仕事をします。

    そんな空間で仕事をしていると、自分までもがそこの空間にある一部と化した気分になれますし、実際に「その場に相応しい人間になろう」と感じる事も!

    そんな素敵な幸せな空間で結婚式を成功に導ければ、大きなやりがいを感じる事ができるでしょう。

     

     

     

    ウェディングプランナーに向いてる人 

     

    ウェディングブライダル 専門学校

     

    最後に、「結婚式」という人生の一大イベントのプロデュースをするウェディングプランナーの仕事に向いている人の特徴や性格をご紹介していきます。

     

     

     

    ホスピタリティ精神のある人     


    一生に一度の大切な結婚式を任されるウェディングプランナー。

    ブライダル業界はホスピタリティの世界ですので、働く際に最も必要となるのがホスピタリティマインドです。

    ホスピタリティマインドとは「おもてなしの心」の事を指します。

    新郎新婦に寄り添い、気遣い、サポートする事が重要になります。

    1つとして同じ結婚式はなく、100組いれば100通りの結婚式があると言われるほどそれぞれ要望や希望は異なります。

    心から2人の結婚を祝福し、どのお客様にも満足頂ける結婚式を作り上げていきたい、喜ばせたいというような思いやりや優しさを持っている事が大切になります。

     

     

     

    人を喜ばせる事が好きな人      


    ウェディングプランナーは、結婚式での縁の下の力持ちとも言える存在であり、主役である新郎新婦の為に結婚式のプロデュースをし、当日までサポートします。

    結婚式は、新郎新婦はもちろんの事、そのご家族やゲストの方にも喜んでもらえるやりがいのある仕事です。

    人生の大切な節目の日を任されるため、失敗が許されない責任のある仕事ですが、それよりも人に喜んでもらえる事に幸せややりがいを感じる事ができる人には天職でしょう。

     

     

     

    コミュニケーション能力がある人   


    ウェディングプランナーの仕事は接客や営業がメインの仕事となり、人と接する時間がとても多くなります。

    そのため、人と接する事が好きという人や、人とコミュニケーションを取る事が好きという社交的な性格の人に向いています。

    コミュニケーション能力とは、相手の要望や希望を的確に理解・判断し、自分の意見を言葉で伝えられる事。

    結婚する方々の年齢層も幅が広く様々な職業の方がいますし新郎新婦のご両親と話す機会もあります。

    大切な結婚式を任されるウェディングプランナーは、多くの人と関わる仕事なのでどの年代の方にも対応できるコミュニケーション能力を持っていなければなりません。

    また、結婚式には多くのプロフェッショナルが携わっています。

    社内部門や社外企業の枠を超えたスタッフ同士のコミュニケーションも非常に大切になります。

    お客様の結婚式を成功させるためにも、コミュニケーションを積極的に取れる人が向いています。

     

     

     

    明るくポジティブな人        


    結婚式という幸せで華やかなイベントが商材になるため、明るく前向きな人に向いています。

    これから結婚式という幸せな日を迎えるにあたり、笑顔で接客してくれたり楽しい企画をしてくれるウェディングプランナーであれば結婚式が楽しみになりますよね。

    新郎新婦の夢をサポートし、作り上げていくのがウェディングプランナーの仕事ですので、明るくポジティブなウェディングプランナー であれば新郎新婦も安心して任せられますし、一緒に頑張ろうと思えます。

     

     

     

    営業が好きな人           


    ウェディングプランナーは、結婚式を作り上げていく素敵な仕事ですが、「営業」の仕事でもあるのです!

    ただ接客をするだけでなく、結婚式を受注しなければ始まりませんので、売上や数字を意識して接客を行わなければなりません。

    いかに自社会場のサービスや商品に魅力や価値を感じて頂けるか。が重要であり、成約数や単価のアップといった数字への意識やビジネス感覚が求められるのです。

    営業要素が多いと大変と感じる方もいるかもしれませんが、良いものを提案していく事で、より良い結婚式を作り上げる事ができるのです。

    常にノルマが課せられる業界に比べると少ない業界だと思いますが、昇進やキャリアアップにこだわりたい方は、売上を確保する事は必須となります。

    営業するのが好き、より良いものを提案していきたいという人には非常に向いています。

     

     

     

    気配りができマメな人        


    ウェディングプランナーは新郎新婦の頼れる存在でなくてはなりません。

    結婚式の準備は、期間が約4ヶ月と長く決める事も多いため非常に大変です。

    打ち合わせの途中で不安を感じる新郎新婦も多くいらっしゃいますし、スムーズに打ち合わせが進まない事も。

    安心して結婚式を迎えてもらうために細かいところまで気配りをしたり、新郎新婦の気持ちにしっかり寄り添う事が大切になります。

    また何組ものお客様を担当しプランニングを行いますが、そのための社内調整や手配も全て行います。

    大雑把に物事を進める人には向いていなく、1つ1つ確実にお客様や社内スタッフに対してこまめに対応でき仕事をこなしていける人に向いています。

     

     

     

    協調性がありリーダーシップのある人 

     

    結婚式はウェディングプランナー1人で作り上げていくものではありません。

    新婦の晴れ姿をより彩る、衣装やメイク・ブーケ。

    当日新郎新婦をサポートする、ブライダルアテンダー ・キャプテン。


    ゲストのおもてなしをする、サービスや料理・会場装花・演出。


    披露宴を演出する、司会・音響・映像。


    大切な1日と思いを記録に残す、フォトやムービー。


    …などなど結婚式には多くのプロフェッショナルが携わり、お互いに協力し合ってより多くの価値を提供しています。

    お客様だけではなく、社内の部門や他企業を超えたプロフェッショナルで1つの結婚式を作り上げていくので、協調性・チームワーク力・リーダーシップがあるという人に非常に向いています。

     

     

     

    体力がある人            

     

    ウェディングプランナーの仕事は、土日祝日の労働時間が比較的長くなりがちであり、立ち仕事も多いため体力も必要となる仕事です。

    新規接客の際には一緒に会場をまわり案業務を行いますし、結婚式当日の施工も担当する場合は、結婚式のおよそ2時間前(朝の7時頃が多い)に出勤し、披露宴がお開きになるのは大体15時頃と長時間になります。

    広い会場を動き回るので、ほぼ1日立ちっぱなしになる事も。

    担当の結婚式を終えた後に、ご来館された新規のお客様の接客や担当している新郎新婦との打ち合わせを行ったり、ブライダルフェアに立ち会う事も。

    当日の施工を担当しない場合は、主に接客の仕事がメインとなりますが、土日祝日が来館が多いため、接客の後の事務処理や手配業務などデスクワークも非常に多くなります。

    就職する企業によって異なりますが、土日祝日の退社時間は20~22時頃、12時間以上の勤務となる事もあります。

    もちろん平日で調整したり、休日はきちんと週2日取れる企業が多いですが、人一倍の体力が必要となる仕事です。

     

     

    このようなスキルがある人は、ウェディングプランナーの仕事に向いていると言えます。
    当てはまるものがあれば、是非チャレンジしてみて下さいね!

     

     

     

    まとめ              

     

     

    結婚式が決まった日から結婚式当日までのウェディングプランナーのお仕事をご紹介しました。

    ウェディングプランナーの仕事というと華やかな印象や、接客・営業がメインの仕事というイメージが大きいと思いますが、意外と事務的なお仕事や、裏方で結婚式の手配や準備、社内・社外とのやり取りなど細かいお仕事もあります。


    打ち合わせは1回の時間が2~5時間と長く、その合間を縫って準備を進めていくためコツコツと仕事を進めていく事が重要であり、接客スキルや営業力の他にスケジューリング能力や調整能力も必要になってきます。

    また新郎新婦への細やかな気配りやホスピタリティも必要となります。


    多岐に渡る様々な仕事内容や必要なスキルを見ると、大変そう・・と感じる方もいるかもしれませんが、このような準備の先に結婚式という感動的な1日が待っています。

    一緒に結婚式を作り上げてきた新郎新婦の幸せな姿を見る事ができた時は疲れも一気に飛んでいき、大きな喜びを感じる事ができるとてもやりがいのあるお仕事です。

    新郎新婦・ご家族・ゲストなど多くの人に感謝される仕事であり、お客様と信頼関係も築ける仕事でもあります。

    結婚式後も年賀状や手紙でやり取りが続くというウェディングプランナーもいます。


    結婚式という特別な1日を作り上げお手伝いをする仕事のため責任やプレッシャーも大きく、時にはクレームがある事もあります。

    このように様々な打ち合わせがある事から、新郎新婦にスケジュールを合わせる事も多く基本土日祝日の休みも取れず平日休みとなります。

    しかし、ウェディングプランナーの仕事はそれ以上にやりがいや満足感を感じる事ができ自分が成長できる魅力のあるお仕事です。

     

    このように結婚式を作るプロフェッショナルとして求められる能力やスキルも多くありますが、中途採用の場合は未経験であっても社会人経験があり基本的なビジネスマナーを習得していたり、接客などの経験があればチャレンジする事が可能です。

    弊社でも未経験可能な求人を扱っていますのでウェディングプランナーの仕事に興味があるという方はお気軽にご相談下さい。

     

     

     

     

    転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
    非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。