ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > , , , , , , > ウェディングプランナーになるには専門学校・短大・大学・スクール?学歴は必要?

ウェディングプランナーになるには専門学校・短大・大学・スクール?学歴は必要?

ウェディングプランナーになるために特別な学歴は必要ありませんが、
ブライダル業界の中でも人気がある職種である事や、様々なスキルや能力が求められる事から学校によっては就職活動の際に有利になる事もあります。

 

今回はウェディングプランナーになるための学校の種類やメリット・デメリットをお伝えします。

 

 

______________________________________________________________________

<目次>

1:ウェディングプランナーになるには

2:学校の種類

・ブライダル系の専門学校

・短大、大学

・ウェディングプランナー養成スクール

3:専門学校と大学(短大)、どちらが良い?

・専門学校のメリット

・大学(短大)のメリット

・給料面の違い

・就職先の違い

4:中途採用の場合は?

5:まとめ

_______________________________________________________________________

 

 

【ウェディングプランナーになるには】

 

ブライダル業界では高卒・専門卒・短大卒・大卒と様々な方が活躍しています。

女性が多く活躍している事から結婚や出産などのライフイベントにより退職・休職・異動する人も多くいますので、常に求人を出している企業が殆どですが、
ウェディングプランナーは新卒採用でも中途採用でも人気があるため、狭き門となっているのが現状です。

ウェディングプランナーは様々な能力やスキルが求められます。

そのため、学校で学んだ知識や経験が活かせる事もあり就職活動で学歴が有利になる事もあります。

 

【学校の種類】

 

・ブライダル系専門学校
・短大
・大学
・社会人向けウェディングプランナーの養成スクール

があります。

ブライダル企業に入社するには、高校、専門学校、短大、大学を卒業している方が対象となります。
前述に述べたように学校での経験が有利になる事もあるので高校卒業後に短大や大学、ブライダル・ホテル系の専門学校を出ていると近道になります。

 

 

■ブライダル系の専門学校

現在ブライダルを学ぶ事ができる専門学校は全国に約120校あります。

専門学校はウェディングプランナー科などブライダルに関しての様々なコースがあり、一般的なビジネススキル・マナーから、ブライダル業界で働く際に必要な知識などの学科授業と実習指導があります。
具体的にはウェディング業界での接客マナー、基本動作、立ち振る舞い、会場やテーブルコーディネート、衣装、ヘアメイク等になり、
チャペルや披露宴など実習のための施設がある専門学校もあります。

その他にもウェディングプランナーの仕事で必要なPCスキルも学ぶ事ができます。
専門的な知識はもちろんの事、資格取得のための授業や就職のサポートもしてくれます。

企業と学校で太いパイプがあるところもあるため、就職先を紹介してくれる事もあります。

 

■短大・大学

ブライダル専門の学部があるところは少ないのですが、近年ではウェディングプランナーという職業も知名度が上がり、
ウェディング業界が人気がある事からブライダル系の学科や講義を増やしている短大や大学もあります。

大学の学部としてはサービス学部、コミュニケーション系の学部、観光学部などがあり、短大であればブライダルやサービス、ファッションを学ぶ事ができる学部もあります。

学校によってブライダルを学べる学部や学科、講義の内容が異なりますので事前にしっかり確認しておきましょう。

ブライダル関連の学部でなくても様々な講義やカリキュラムがあるため、授業やゼミ、セミナーで学んだ知識や教養、スキルを活かす事ができます。

短大は就職のサポートもしっかりしています。

 

■ウェディングプランナー養成スクール

社会人になってからウェディングプランナーを目指す際に、ウェディングプランナーの養成スクールに通う方も多くいます。
ブライダル関連企業が運営していたり様々な民間のブライダルスクールがあります。

ブライダルスクールでは一般的なビジネススキル、ブライダル業界の基礎知識やスキルを学ぶ事ができ資格取得の講座もあります。

期間はスクールにもよりますが、大体2ヶ月~半年、長いと1年ほどの期間が一般的なようです。

学生や社会人など忙しい方にとっては短期間でブライダル業界の知識や実践的な技術が身につける事ができるというメリットがあります。

中途採用の場合は知識より経験の方が優先されやすいですが、スクールに通いブライダル業界の知識をつけておくと実際勤務した際にもスムーズに業務につく事もでき役立つでしょう。

またブライダル企業が母体の場合は優秀であれば推薦してもらえたり、就職への近道になる事もあります。

 

 

 

 

【専門学校、大学(短大)どちらが良い?】

専門学校、短大・大学でどちらが有利かというのは一概には言えませんが、
短期間でブライダルの専門的な知識や技術をつけたいのであれば専門学校、

様々な教養を学びたいのであれば短大や大学を選ぶのが良いでしょう。

 

■専門学校のメリット


ブライダル・ホテル系の専門学校はブライダルに特化した授業やコースがあり内容も充実しているため、より実践的に学ぶ事ができます。

経験のある講師が実習などを含め指導してくれるのでブライダルの知識やスキルは確実につける事ができます。
ウェディングプランナー職に関しての知識だけでなく、ブライダル業界に関わるドレスやフラワーなどのアイテムや知識も学ぶ事ができます。

インターンシップがあるところも多いため、実際の現場を体験できる事ができるのはとても魅力的です。
そのため、入社後のイメージも湧きやすく長く働ける可能性が高いでしょう。

またブライダル業界の資格取得の為の授業や就職もサポートも手厚いというメリットがあります。
書類の作成の仕方や面接のアドバイス、身だしなみなどを指導してもらえたり、企業とパイプがある専門学校もあるため、就職に有利になる事があります。

また専門学校に求人が来ている事もあるので学校を通して企業に応募する事も可能です。

 

■大学(短大)のメリット

その点、短大・大学の場合はブライダルに特化はしていないため、専門的な知識やスキルを付けるのは難しくなります。
近年では短大・大学によってはホスピタリティやブライダルに特化した学部が増えてきているので、ブライダル業界で働きたいという意思が強い方はそのような短大や大学を選びましょう。

一般的な短大や大学では学校の授業やゼミ、セミナーで幅広い知識や教養を学ぶ事ができるため、ウェディングプランナーとして働く際にはもちろんの事、将来的に管理職や本社の経営、マーケティング部門等へのキャリアチェンジをする際にも役立ちます。

経営学やマーケティング、心理学、コミュニケーション学などの学部でブライダル以外の分野を幅広く学ぶ事ができるメリットがあります。

様々な知識や能力をつける事ができるためブライダル業界に就職した際も活かす機会が多くあります。

近年では、管理職(マネジメント)や本社へのキャリアチェンジなども見据えて大卒を採用する企業が増えています。
特に大手ブライダル企業やホテルの求人は「大卒」となっている事がよくあり、大学を卒業していないと求人に応募できない事もあります。

将来的に総合職でキャリアアップやキャリアチェンジを見据えている方、
ブライダル業界以外の就職も考えている方は短大・大学へ進学した方が良いでしょう。

ブライダル業界やホテル業界は入社後の研修制度も整っているので未経験であっても問題なく入社できます。

 

■給料面の違い

ウェディングプランナーの初任給は約18~23万円となっています。(※経験やスキルによる)

新卒の場合は

・大卒の初任給:約19~21万円
・短大、専門卒の初任給:約17~19万円

となっており、大卒と短大・専門卒では約2万円程の違いがあります。

 

 

 

■就職先の違い

 

上記で説明したように専門学校と短大・大学では違いがあり、卒業した後の就職先が大きく変わってきます。

専門学校は2年間で専門的な知識やスキルを講義や実践で学ぶ事ができ、学校が資格や就職のサポートもしてくれるため、ほとんどの方がブライダルやホテル関連のお仕事に就きます。
学校に求人が来た場合もそちらに応募できる可能性もあります。

専門知識やスキルを付け、必ずブライダル業界で働きたいという明確な目的がある方には良いでしょう。

 

一方で短大・大学は、様々な知識を幅広く学ぶ事ができます。
大学では資格や就職のサポートが殆どないため、自分で取り組むようになりますが、
大手のブライダル企業やホテルなどは「短大卒・大卒」を条件にしているところもあるため、そういった企業へも応募できるチャンスがあります。
また待遇面でも大卒の方が優遇される事が多くなります。

ブライダル業界以外への就職も考えている方や、ブライダル企業に就職した後もマネジメントなどのキャリアアップや本社や他社へのキャリアチェンジを考えている方には良いでしょう。

 

◇専門学校卒業と大学卒業では年齢にも差があります。

専門学校の場合、卒業する時の年齢が20歳に対して大学の場合は22歳になります。

専門学校を卒業した場合、ブライダル業界での就職率は良いものの、すぐにウェディングプランナーの職に就けるのは数%となっています。

背景としては結婚式を挙げられるカップルの年齢が20代後半~30代、また最近では結婚する方の年齢も上がっているため、ビジネスマナーや提案力がついて身についておらず対応できないという現実があります。

また親御様の対応だと50代以上となるため、ウェディングプランナーが若すぎると第一印象や対応力に不安を感じてしまう方もいらっしゃいます。

そのため、最初はホテルのサービスやフロント、レストランのサービス、ドレススタイリストからキャリアを形成し、2~3年後に社内異動もしくはもしくは他社へ転職してウェディングプランナーになるケースが多くなります。

大学卒業の場合は、就職してすぐにウェディングプランナーの職に就く事ができるという違いがあります。

 

◇在学中にブライダル系の資格を取っておいたり、現場の経験があると有利になる事もあるので、結婚式場やホテル、レストランで接客の経験を積んでおくのも良いでしょう。

 

 

【中途採用の場合は?】

 

中途採用の場合も学歴は不問で未経験であってもウェディングプランナーになる事は可能です。

しかし社会人として基本的なビジネススキルや礼儀・マナーが身についている事、ウェディングプランナーに必要なサービス力、営業力などの経験が必要になってきます。

先ほどお伝えしたようにスクールに通う方法もありますがどちらかというと経験の方が重要視されます。
接客経験や高額商品の販売、営業職を経験しているとウェディングプランナーに必要な提案力やコミュニケーション能力が身に付いていますので、優遇して採用される場合があります。

業界や職種は未経験であっても社会人として、「接客」や「営業」の経験を積むのが近道であり、特に接客経験の場合は飲食、アパレル、ホテル、航空、宝飾業界、美容業界などの経験は有利になります。

これまでの経験や経歴をブライダル業界で活かせる事があれば、積極的にアピールすると好評価につながるでしょう。

 

【まとめ】

 

ウェディングプランナーとして働くために学歴は必須でありません。

学歴不問となっている求人も多くありますが、人気な業界である事や、接客・営業スキルが必要な事、また海外進出をしたり新しいビジネスを展開するブライダル企業も増えているため、
高校卒業後に短大や大学、ブライダルやホテル系の専門学校に進学した方が、専門的な知識や教養を学ぶ事ができ、就職の際に有利になります。

またブライダルスクールなどはウェディングプランナーへの近道として通う社会人も多くいます。

中途採用の場合も新卒採用と同じく専門学校や短大・大学卒の方が同じ理由から有利になる事がありますが、どちらかというと人間性や今までの経験(職務経歴)の方が重視されます。

専門学校、短大・大学それぞれにメリットがありますので将来的にどんな働き方をしたいのか、どんなキャリアを積んでいきたいのかという事を明確にし、学校を選びましょう。

 

 

 

 

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

__________________