ウェディングプランナーになるには大学・短大・専門学校どちらが有利?おすすめの学校もご紹介

 

ウェディングプランナーになるには大学・短大・専門学校どちらが有利?おすすめの学校もご紹介

 

 

ウェディングプランナーは、新郎新婦の希望する結婚式の企画やプランニング・プロデュースをするお仕事です。

結婚式は、家族となる2人が結婚を誓う日であり、新しい家族として一歩踏み出す人生の大切な節目のイベント。

そんな人生の大切な日を一緒に作り上げていく事ができるやりがいのあるお仕事です!

 

そのため、ウェディングプランナーになるためにどんな学歴が必要なのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ウェディングプランナーになるための学校の種類やそれぞれのメリット、おすすめの学校をご紹介します。

 

 

目次             

1:ウェディングプランナーになるには
2:ウェディングプランナーを目指せる学校(メリット)
 ・大学
 ・短大
 ・専門学校
 ・ブライダルスクール
 ・通信講座
3:大学・短大・専門学校・スクール、有利なのは?
4:大学卒と短大・専門卒の給料の違い
5:大学卒と短大・専門卒の就職先の違い
6:中途採用の場合の学歴は?
7:ウェディングプランナーの仕事内容
8:ウェディングプランナーを目指せる学校
 ・ウェディングプランナーを目指せる大学
 ・ウェディングプランナーを目指せる短大
 ・ウェディングプランナーを目指せる専門学校
 ・ウェディングプランナーを目指せるブライダルスクール
9:ウェディングプランナーに必要な資格はある?
10:まとめ

 

 

 

ウェディングプランナーになるには? 

 

 

ウェディングプランナーになるために、特別な学歴や資格は必要ありませんが、人生の大切な1日を任せられる事や金額の高い商材を扱う事から、ブライダルの知識はもちろんの事、コミュニケーション能力や営業力・対応力など様々なスキルや能力が求められます。


そのため、就職活動の際に学歴が必要になる事も。


新卒採用の場合は、高校卒業後にブライダルの知識を学ぶ事ができる専門学校、ブライダル以外の知識や教養も身に付ける事ができる短大・大学の卒業を条件としている企業が殆どです。


中途採用の場合は、学歴よりも経験の方が重視されますが、本部職やマネージャーなど役職の求人であれば学歴が必要となる事もあります。

 

 

 

ウェディングプランナーを目指せる学校(メリット)

 

 

前述したように、学歴不問となっているウェディングプランナー求人も多くあります。

しかし、接客や営業スキルが必要であり、海外進出をしたり新しいビジネスを展開するブライダル企業も増えています。

そのため、高校卒業後に、短大・大学・ブライダルやホテル系の専門学校に進学した方が、専門的な知識や教養を学ぶ事ができますので就職の際に有利になります。


ウェディングプランナーになるための学校には以下の種類がありますので、それぞれご紹介していきます。

 

大学  ブライダル以外の分野も総合的に学べる
短大  ブライダル以外の分野も総合的に学べる
専門学校  ブライダルの専門知識をつけられる
 資格取得や就職サポートが手厚い
ブライダルスクール  短期間でブライダルの知識が身に付く
 社会人も通いやすい
通信教育  自分のペースでブライダルの専門知識がつけられる

 

 

 

①大学               


ウェディングプランナーは何学部?学べる学部はあるの?と疑問に思う方も多いと思います。

実際に、大学においてブライダル専門の学部があるところは少ないのですが、近年ではウェディングプランナーという職業も知名度が上がり、ブライダル業界が人気がある事からブライダル系の学科や講義を増やしている大学もあります。

学部としては、サービス学部・コミュニケーション学部・観光学部などがあります。

ただし、大学の場合は、ブライダル関連の学部でなくても就職活動にあたり不利になるという事はありません。

様々な講義やカリキュラムがあるため、授業やゼミ・セミナーで学んだ知識や教養を活かす事ができます。

 

*ウェディングプランナーに有利な学部は?

ご紹介したように、大学によってはサービス学部・コミュニケーション学部・観光学部などがありますが、ウェディングプランナーになるために特に有利な学部というのはありません。

入社後にしっかり研修などがありますので、経済学部・経営学部・心理学部などどの学部でもウェディングプランナーを目指す事はできます。

 

 

 

②短大               

 

専門学校よりは、専門性が少なくなる可能性はありますが、ブライダルやサービス、ファッションを学ぶ事ができる学部もあり、ブライダル業界やホテル業界で働く際に必要なホスピタリティやサービスを学んだり知識を得る事ができます。

専門学校同様に、模擬挙式や挙式の実習体験などを行う学校もありますし、ブライダル以外のコースを履修できる事もあるので様々な知識をつける事ができます。

就職のサポートをしてくれる学校も大学より多いでしょう。

学校によってブライダルを学べる学部や学科、講義の内容が異なりますので事前にしっかり確認しておきましょう。

 

 

★大学・短大のメリット★

大学・短大の場合はブライダルに特化はしていないため、専門的な知識やスキルを付けるのは難しくなります。

しかし、近年では、大学・短大によってはホスピタリティやブライダルに特化した学部が増えてきているので、ブライダル業界で働きたいという意思が強い方はそのような短大や大学を選びましょう。

一般的な大学や短大では、学校の授業やゼミなどで幅広い知識や教養を学ぶ事ができるため、ウェディングプランナーとして働く際にはもちろんの事、将来的に管理職や本社の経営、マーケティング部門等へのキャリアチェンジをする際にも役立ちます。

経営学やマーケティング、心理学、コミュニケーション学などの学部でブライダル以外の分野を幅広く学ぶ事ができるメリットがあります。

様々な知識や能力をつける事ができるためブライダル業界に就職した際も活かす機会が多くあります。

近年では、マネジメントを行う管理職や本社へのキャリアチェンジなども見据えて大卒を採用する企業が増えており、特に大手ブライダル企業やホテルの求人は「大卒」となっている事もあり、大学を卒業していないと求人に応募できない事もあります

将来的に総合職でキャリアアップやキャリアチェンジを見据えている方、ブライダル業界以外の就職も考えている方は大学・短大へ進学する事をおすすめします!

ブライダル業界やホテル業界は、入社後の研修制度も整っているので知識や経験がなくても問題なく入社できます。

 

 

 

③専門学校             


現在ブライダルを学ぶ事ができる専門学校は全国に約120校あります。

専門学校は、ウェディングプランナー科などブライダルに関しての様々なコースがあり、一般的なビジネススキル・マナーから、ブライダル業界で働く際に必要な知識などの学科授業と実習指導があります。

具体的には、ウェディング業界での接客マナー・基本動作・立ち振る舞い・会場やテーブルコーディネート・衣装・ヘアメイク等になり、チャペルや披露宴など実習のための施設がある専門学校もあります。

その他にもウェディングプランナーの仕事で必要なPCスキルも学ぶ事ができます。

 

 

★専門学校のメリット★

ブライダル・ホテル系の専門学校はブライダルに特化した授業やコースがあり内容も充実しているため、より実践的に学ぶ事ができます。

経験のある講師が実習などを含め指導してくれるので、ブライダルの仕事の知識やスキルを確実につける事ができます。

ウェディングプランナー職に関しての知識だけでなく、ブライダル業界に関わるドレスやフラワー・メイクなど幅広い知識も学ぶ事ができるため就職した際にも役立つでしょう。

インターンシップがある学校も多いため、実際の現場を体験できる事も。

入社後の仕事内容の理解やイメージも湧きやすく、長く働ける可能性が高くなるのでとても魅力的ですよね。

また、専門的な知識はもちろんの事、資格取得のための授業や就職のサポートもありブライダル企業への就職活動ではメリットが多いという特徴があります。

書類の作成の仕方や面接のアドバイス、身だしなみなどを指導してもらえたり、企業とパイプがある専門学校もあるため、就職に有利になる事があります。

専門学校に求人が来ている事もあるので、学校を通して企業に応募できる可能性がある事も大きいなメリットの1つです!

 

 

*専門学校の学費

専門学校によって異なりますが、およそ2年間で200万円前後となっています。

入学金          :約10万円
授業料          :約100〜140万円

施設設備費        :約20〜40万円
教科書代・材料費・実習費等:約50〜60万円

 

 

 

④ブライダルスクール        


社会人になってからウェディングプランナーを目指す際に、ウェディングプランナーの養成スクールに通う方も多くいます。

ブライダル関連企業が運営していたり様々な民間のブライダルスクールがあります。

ブライダルスクールでは一般的なビジネススキル、ブライダル業界の基礎知識やスキルを学ぶ事ができ資格取得の講座もあります。

期間はスクールにもよりますが、大体2ヶ月~半年、長いと1年ほどの期間が一般的なようです。

学生や社会人など忙しい方にとっては短期間でブライダル業界の知識や実践的な技術が身につける事ができるというメリットがあります。

ブライダル企業が母体の場合は優秀であれば、推薦してもらえる事もありますので就職への近道になる事も。

 

 

★ブライダルスクールのメリット★

スクールによっては、ウェディングプランナー経験者が講師をしてくれたりする事もあるため、1人で勉強するよりも効率よく進めていく事ができるでしょう。

夜間コースがあったり短期間で集中して学ぶ事ができるため、忙しい方には助かりますよね。

中途採用の場合は知識より経験の方が優先されやすいため、スクールに通った事で内定が取りやすくなるという事はありませんが、ブライダル業界の知識をつけておくと、実際勤務した際にスムーズに業務につくというメリットはあるでしょう。

 

 

 

⑤通信講座             

 

学校に通わず、通信講座でもウェディングプランナーの勉強をする事ができます。

専門学校やスクールに通う時間なかったり、学費を抑えたいという方には便利ですよね。

学習する期間大体3ヶ月~1年ほどになります。

独学に近い形にはなりますが、通信教育ではプロのアドバイスや各社オリジナルのテキスト・DVDを活用し勉強ができるようになっています。

会社によってはコースもいくつか種類があり金額も変わってきます。

独学よりも幅広く知識やブライダルの仕事を知る事ができ要点を押さえた勉強ができます。

学校や仕事が終わった後など空いた時間に効率よく勉強できるメリットがありますが、自宅学習になるのでウェディングプランナーになりたいという強い意志がないとくじけてしまいがちです。

 

 

 ☑︎参考コラム

未経験からウェディングプランナーになるには?5つの方法をご紹介

 

 

 

大学・短大・専門学校・スクール、有利なのは?

 

 

ウェディングプランナーになるために、大学・短大、専門学校のどちらが有利かというのは一概には言えません。

 

大学がおすすめの人

✔︎将来的に総合職で管理職につきたいという人
✔︎「大学卒」が条件の企業に応募できる
✔︎様々な教養を学びブライダル以外の企業も受けたいという人

 

 

 

専門学校がおすすめの人

✔︎必ずブライダルの仕事に就きたいという人

✔︎短期間でブライダルの専門的な知識や技術をつけたいという人

 

 

 

★このような違いだけでなく、大学・短大・専門学校では、同じブライダル業界・企業の中でも、給与面就職先に違いがありますのでそちらも説明していきます。

 

 

 

大学卒と短大・専門学校卒の給料の違い  

 

 

続いて4年制大学・短大・専門学校卒の給料の違いについてご紹介します。

 


<新卒の場合>

大卒の初任給  約19~26万円
短大・専門学校卒の初任給  約17~24万円

 

大卒と短大・専門学校卒では約2万円程の違いがあります。

 

下記では、大手ブライダル企業の新卒採用の初任給を、大卒・短大・専門学校卒別にご紹介します。
(※2023年9月現在)

 

 

 

大卒プランナーの初任給       

 


株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
月収:258,100~
想定年収=月収×12+賞与年2回
※業績によって決算賞与が支給有

参照:HP

 

株式会社エスクリ
月収:200,000~
想定年収=月収×12+賞与2回
参照:HP

 

株式会社ノバレーゼ
月収:260,000~
想定年収=月収×12+賞与年2回+インセンティブ毎月
※全国勤務型の場合

参照:HP

 

株式会社ポジティブドリームパーソンズ
月収:238,000~
想定年収=月収×12+クォーター賞与
※首都圏の場合

参照:HP

 

株式会社ディアーズブレイン
月収:220,000円~
想定年収=月収×12+賞与年2回+業績により決算賞与

参照:HP

 

株式会社ベストブライダル
月収:239,100円~
想定年収=月収×12+賞与年2回
※全国転勤型の場合

参照:HP

 

 

 

 

短大・専門学校卒プランナーの初任給 

 


株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
月収:231,000~
想定年収=月収×12+賞与年2回
※業績によって決算賞与の支給有

参照:HP

 

株式会社エスクリ
月収:190,000~
想定年収=月収×12+賞与年2回
参照:HP

 

株式会社ノバレーゼ
月収:248,800~
想定年収=月収×12+賞与年2回+インセンティブ毎月
※全国勤務型の場合

参照:HP

 

株式会社ディアーズブレイン
月収:218,000円~
想定年収=月収×12+賞与年2回+業績により決算賞与

参照:HP

 

株式会社ベストブライダル
月収:230,200円~
想定年収=月収×12+賞与年2回
※全国転勤型の場合

参照:HP

 

 

 

 ☑︎参考コラム

ウェディングプランナーの給料は高い?低い?

ウェディングプランナーの年収はどの位?

 

 

 

大学卒と短大・専門学校卒の就職先の違い 

 

ウェディングブライダル 専門学校


上記で説明したように、大学と専門学校・短大卒では初任給に違いがあり、卒業した後の就職先に関しても企業によって多少違いがあります。

 

 

 

大学卒の場合            


待遇面でも大卒の方が優遇される事が多くなります。

ブライダル業界以外への就職も考えている方や、ブライダル企業に就職した後もマネジメントなどのキャリアアップや本社や他社へのキャリアチェンジを考えている方には良いでしょう。

4年制大学の場合は、卒業時の年齢が22歳となり専門学校卒の方より2歳上になりますので、就職してすぐにウェディングプランナーの職に就く事ができるという違いがあります。

 

 

 

短大・専門学校卒の場合       


2年間で専門的な知識やスキルを講義や実践で学ぶ事ができ、学校が資格や就職のサポートもしてくれるため、殆どの方がブライダルやホテル関連のお仕事に就きます。

ただし、専門学校の場合、卒業する時の年齢は20歳です。
ブライダル業界での就職率は良いものの、すぐにウェディングプランナーの職に就けるのは数%となっています。

背景としては結婚式を挙げられるカップルの年齢が20代後半~30代、また最近では結婚する方の年齢も上がっているため、ビジネスマナーや提案力が身についておらず対応できないという現実があります。

また親御様の対応だと50代以上となるため、ウェディングプランナーが若すぎると第一印象や対応力に不安を感じてしまう方もいらっしゃいます。

そのため、最初はホテルのサービスやフロント、レストランのサービス、ドレスコーディネーターからキャリアを形成し、2~3年後に社内異動もしくは他社へ転職してウェディングプランナーになるケースが多くなります。

 

在学中にブライダル系の資格を取っておいたり、現場の経験があると有利になる事もあるので、結婚式場やホテル・レストランなどのアルバイトで接客の経験を積んでおくのも良いでしょう。

 

 

 

中途採用の場合の学歴は?     

 

 

中途採用の場合も学歴は不問である事が多く、未経験であってもウェディングプランナーになる事は可能です。
(しかしキャリアアップを考えた時に、本社部門は大卒の方が多い傾向にあります。)


中途採用で応募する場合は、社会人として基本的なビジネススキルや礼儀・マナーが身についている事、ウェディングプランナーに必要なサービス力、営業力などの経験が必要になってきます。


先ほどお伝えしたようにスクールに通う方法もありますがどちらかというと経験の方が重要視されます。

接客経験や高額商品の販売、営業職を経験しているとウェディングプランナーに必要な提案力やコミュニケーション能力が身に付いていますので、優遇して採用される場合があります。


業界や職種は未経験であっても社会人として、「接客」や「営業」の経験を積むが近道であり、特に接客経験の場合は飲食、アパレル、ホテル、航空、宝飾業界、美容業界などの経験は有利になります。


これまでの経験や経歴をブライダル業界で活かせる事があれば、積極的にアピールすると好評価につながるでしょう。

 

 

 

ウェディングプランナーの仕事内容  

 

 

続いて簡単ではありますが、ウェディングプランナーの仕事内容をお伝えします。


ウェディングプランナーは、結婚式場やホテル・ブライダルプロデュース会社などに所属し、結婚式の準備から本番までを総合的に企画するお仕事で、会場や必要な備品・アイテム・スタッフ等の手配から式終了までの全てを管理する仕事です。

 

新郎新婦が理想とする結婚式を形にする手助けをする仕事であり、主に新規の接客・結婚式の打ち合わせ・当日の施工までの一連の業務を担当します。
(※企業によっては分業制をとっています)

 

 

新規接客              


最初に行う新規の接客では、会場をご案内後、新郎新婦から希望(予算・日程・こだわりなど)をヒアリングし、適切なプランを提案します。

 

 

 

打ち合わせ             


ご契約を頂ければ新郎新婦と打ち合わせを開始し、日程・招待状の内容・リストアップ・引き出物・余興・ドレス・ヘアメイク・料理・装花などを決めていきます。

同時に、結婚式当日の司会やカメラマン・神父・音響スタッフなどの人材、ブーケやウェディングケーキの手配と管理など角部署と連携を取り準備をすすめます。
何をいつまでに行えばよいか計画を立てて手配をしていきます。

 

 

 

当日                


当日は、手配した品物やスケジュールチェックを行い、新郎新婦のお出迎えしてリハーサルをします。

結婚式が始まると、式の全体責任者として滞りなく進行するよう各部署への指示出しをしてスタッフを動かしたり、トラブルがあった際には対応しなければなりません。結婚式終了後は、新郎新婦をお見送りをし、会場の清掃・片付けの指示出し、反省会等を行います。

 

 

 

その他               


資料や請求書の作成、商品の発注、お客様と電話やメールでのやりとり

 

などなど・・ウェディングプランナーの仕事は多岐に渡ります!

 

 

 ☑︎参考コラム

ウェディングプランナーとは?仕事内容・給料・資格を解説

 

 

 

ウェディングプランナーを目指せる学校  

 

 

最後にウェディングプランナーを目指せる大学・短大・専門学校・ブライダルスクールをご紹介します。

 

 

 

ウェディングプランナーを目指せる大学

 

*東京・大阪・京都・福岡・北海道*

【東京】

亜細亜大学    ホスピタリティマネジメント学科

跡見学園女子大学 観光デザイン学科

桜美林大学    コミュニケーション学

駒沢女子大学   人間総合学群

産業能率大学   経営学科

白百合女子大学

淑徳大学     観光経営学科

東京富士大学   イベントプロデュース学科

明星大学     経営学科


【大阪】

大阪学院大学   ホスピタリティ経営学科

大阪観光大学   観光学部 観光学科

大阪芸術大学   芸術学部 芸術計画学科

大阪樟蔭女子大学 学芸学部

大阪成蹊大学   国際観光学科

羽衣国際大学   観光コース

阪南大学     国際観光学科・国際コミュニケーション学科


【京都】

京都光華女子大学 キャリア形成学科


【福岡/九州】

九州国際大学  地域経済学科

西南女学院大学 観光文化学科


【北海道】

札幌大学

札幌学院大学

北海道武蔵女子大学

札幌国際大学 観光ビジネス学科

 

 

 

 

ウェディングプランナーを目指せる短大

 

*東京*

 

 

 

 

ウェディングプランナーを目指せる専門学校 

 

*東京・神奈川・大阪・京都・愛知・福岡・北海道*

【東京】

東京ウェディング・ホテル専門学校

東京ブライダル専門学校

国際デュアルビジネス専門学校

専門学校日本ホテルスクール


【神奈川】

学校法人岩崎学園横浜fカレッジ


【大阪】

大阪ホテル・観光&ウェディング専門学校

大阪ブライダル専門学校


【京都】

京都ホテル観光ブライダル専門学校


【愛知】

専門学校 名古屋ウェディング&フラワー・ビューティ学院


【福岡】

麻生外語観光&ブライダル専門学校


【北海道】

経専北海道観光専門学校


【その他】

国際ホテル・ブライダル専門学校(新潟)

ウェディング・ホテル&ツーリズム専門学校(群馬)

専門学校岡山ビジネスカレッジ岡山)

 

 

 

 

ウェディングプランナーを目指せるスクール

 

*全国・東京・神奈川*

 

 

 

ウェディングプランナーに必要な資格はある?  

 

 

ウェディングプランナーになるために必須な資格はありません。

高校・専門学校・短大・大学を卒業してウェディングプランナーとして就職する人や、他業種から未経験でウェディングプランナーに転職する人も多くいます。

未経験で就職しても、経験を積みながらウェディングプランナーとしての知識やスキルをつけていく事ができますし、研修をしっかり行ってくれる企業も多くあります。

 

中途採用の場合は即戦力を求められるので、どちらかというと資格より人柄や経験の方が重要視されます。

しかし、ウェディングプランナーの仕事は人気の職種の為、新卒採用・中途採用共に競争率が高くなっています。

そのため資格を持っていた方が有利な事もあります。

 

ブライダルの資格は様々な種類がありますが、ウェディングプランナーの転職や仕事をする際に役立つ資格4つが下記になります。

資格試験は年に1〜2回というところが多くなっているようです。

 

 

1  BIA認定ブライダルコーディネート技能検定
2  ABC協会認定ブライダルプランナー検定
3  IWPA認定ウェディングプランナー検定
4  日本能力開発推進協会ウェデイングプランナー検定

     

     

     詳しくはこちらを参考にしてみて下さい↓

     

     ☑︎参考コラム

    ウェディングプランナーになるために役立つ資格4つと取得方法!

     

     

     

    まとめ             

     

     

    ウェディングプランナーになるための学校についてご紹介しました。

    学歴不問となっている求人も多くありますが、人気な業界である事や接客・営業スキルが必要な事、また海外進出をしたり新しいビジネスを展開するブライダル企業も増えているため、高校卒業後に短大や大学・ブライダルやホテル系の専門学校に進学した方が、専門的な知識や教養を学ぶ事ができ就職の際に有利になります。

    短大・大学・専門学校でそれぞれメリットデメリットがありますが、企業によっては将来的なキャリアプランも見据えて大卒者を総合職として採用しているところや、年齢的に大卒の方が入社後すぐにプランナー職に就ける可能性は高くなっています。

    中途採用の場合も、新卒採用と同じく専門学校や短大・大学卒の方が同じ理由から有利になる事がありますが、どちらかというと人間性や今までの経験(職務経歴)の方が重視されます。

    ただ本社部門へ行くと若干大卒の方が多い傾向にあります。

    専門学校、短大・大学それぞれにメリットがありますので将来的にどんな働き方をしたいのか、どんなキャリアを積んでいきたいのかという事を明確にし学校を選びましょう。

     

     

     

     

    転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
    非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。