ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 結婚式当日ウェディングプランナーは何をするの?

結婚式当日ウェディングプランナーは何をするの?

ウェディングプランナーの1日 勤務する式場やゲストハウスなどにもよりますが、 午前の部や午後の部など複数回結婚式を行う会場が多いです。 ここからは、午前10時30開始の結婚式を例に、ウェディングプランナーが 当日どのような仕事内容を行っているのか時系列に沿ってご紹介します。   8:00:会場入り 新郎新婦をお出迎えする準備や、 会場の装飾や配置が打ち合わせ通りできているかなどの最終チェックを行います。 8:30:新郎新婦のお出迎え 新郎新婦の緊張を解くため談笑したり、当日の流れをお伝えします。 その後新郎新婦には着付けやヘアメイクに入ってもらいます。 9:00:スタッフとミーティング 関係各所と最終ミーティングを行い、当日の流れを最終確認します。 9:30:挙式リハーサル 支度を終えた新郎新婦とともに、挙式のリハーサルを行います。 立ち位置や進行を確認します。 この前後や支度中に、新郎新婦の写真撮影を行うことも。 10:00:受付開始 挙式が始まる前に徐々に参列者が見え始めます。 プランナーは受付が滞りなく行われているかチェックします。 10:30:挙式スタート 挙式の進行は牧師や神父が行いますので、 プランナーは会場の隅で見守り、 トラブルがあれば関係部署に連絡を取り対応します。 11:00:全体の集合写真撮影 披露宴の進行に影響が出ないよう、参列者をスムーズに誘導します。 12:00:披露宴スタート 進行は司会者が行いますが、プランナーは挙式同様トラブルがないか気を配ります。 14:00:披露宴の終了 新郎新婦がゲストをお見送りする際に配るプチギフトの補充や、ゲストの誘導を行います。 15:30:新郎新婦のお見送り 着替えを済ませた新郎新婦に挨拶などして見送ります。 16:00:接客や打ち合わせ 別日の結婚式の打ち合わせや、接客を行います。 接客や打ち合わせがなく、関係部署と当日の反省会を行うことも。 17:00:デスクワーク 事務処理やメールの返信、別日の打ち合わせ調整などを行います。 19:00:退勤 1日の業務は終了です。     例外もあり ウェディングプランナーの1日の流れと仕事内容をご紹介しました。 また、先ほどは午前の結婚式のケースをご紹介しましたが、 午後開始やナイトウェディング、挙式のみのカップルなどは上記の通りではありません。 ウェディングプランナーの結婚式当日の1日は慌ただしいもの。 ですが、新郎新婦や参列者から感謝の言葉をいただいた際は格別です。 感動の瞬間を分かち合えるプランナー業の最大の魅力を感じられれば、 忙しさや疲れも吹き飛びそうですね。  ]]>