ウェディングプランナーの仕事のやりがい・魅力【ベスト5】

 

ウェディングプランナーの仕事のやりがい・魅力【ベスト5】

 

 

結婚式という幸せな1日に関わる事ができ、その企画やプロデュースを任されるウエディングプランナーのお仕事。特に女性を中心に人気があり、憧れる人も多い職種です。

今回はウェディングプランナーのやりがいや仕事内容をお伝えします。

ウェディングプランナーへの就職を考えている方や、やりがい・仕事内容を知りたい方は参考にしてみて下さいね。

 

 

 

【ウェディグプランナーのやりがい・魅力ベスト5】

 

 

ウェディングプランナーの魅力・やりがいは何といっても人生の最大のイベントに関わる事ができ、感動の瞬間に立ち会い、幸せな姿を見る事ができるという事です。

ウェディングプランナーには様々なやりがいがあると思いますが、今回は5つ紹介していきます。

 

1*人生の節目である大切なイベントに携われる*

結婚式=人生の中の最大のイベント・幸せな日といイメージがありますよね。

結婚式は一生の思い出に残る大切な節目の1日となり、そのゴールである結婚式の為に長い期間かけて一緒にプランニングしていきます。

結婚する2人やその家族にとってずっと心に残るため、より幸せで感動的1日となる結婚式にする事がウェディングプランナーの役割です。

結婚式は新郎新婦の家族や、友人、新郎新婦が今まで生きてきた中で大切な繋がりがある方々が集まりその結婚・門出を祝福します。

また新郎新婦からも大切な方々へ普段中々伝えられない感謝の言葉を伝える場所でもあり、改めてお互いの絆を確認できる場でもあります。

そのような大切な場所の提供や演出を作りあげる事ができる仕事は他にはありません。

また担当する結婚式は1つとして同じものがなく、お客様によってそれぞれの演出や感動・物語があります。
自分の提案やアドバイスがお客様の結婚式の形となり、当日大きな感動を体感できます。

新郎新婦のこれからの幸せを願い、最高の1日を一緒に作り上げていく事ができるウェディングプランナーの仕事は大きなやりがいがあります。

 

2*感謝の言葉を直接聞く事ができる*

新郎新婦とは最初にお会いした時から約半年~1年かけて一緒に結婚式を作り上げています。

打ち合わせをしていく中で大変な事もありますが、大きな結婚式が無事成功した後には
新郎新婦やご両親から「素敵な結婚式をありがとう」
「〇〇さんが担当で良かった」など心からの感謝の言葉を頂く事ができます。

また直接お手紙を頂いたり、年賀状を頂けるなど長いお付き合いになる事もあります。

大切なお客様と信頼関係を気付ける事も大きなやりがいになります。

 

3*チームで達成する喜びを感じる事ができる*

1つの結婚式を作り上げるためにはウェディングプランナーを中心に様々なスタッフが携わっており、1人で成功させる事はできません。

結婚式には
衣装(ドレスコーディネーター)
髪型・メイク(ヘアメイク)
料理(調理スタッフ)
ウェディングケーキ(ブライダルパティシエ)
装花・ブーケ(フラワーコーディネーター)
司会
音楽(音響スタッフ)
照明(照明スタッフ)
写真(ブライダルカメラマン)

演出(映像スタッフ)
サービス(キャプテン、サービススタッフ)
介添え

 

このような各分野のプロフェッショナルが集結して1つの結婚式を成功に導いていきますが、多い時では100名を超えるスタッフが携わります。

その中心となり、指示出しや調整をしプロデューサー的な仕事をするのがウェディングプランナーです。

全てがスムーズにいくわけではなく、プランニングの途中や当日に衝突する事やトラブルが起こる事もあります。
しかし大切な1日の為に、各スタッフが全力で力を発揮し助け合い協力し合いながら結婚式を作り上げていきます。

担当する1つの結婚式を皆で無事迎え、成功した時の充実感や達成感がまた次の仕事への活力になります。

 

4*成果が評価される・管理職を目指せる*

ウェディングプランナーの仕事は売上を作る・売り上げをあげるという営業的な要素も強くなります。

新規接客の場合は成約(契約)を取る事、打ち合わせの場合は単価を上げていくという事も大切な仕事の1つになります。

企業によりますが、この成約率や単価のアップによってインセンティブがお給料に反映されます。
ブライダルの企業は実力主義の企業が多く、成果を出せば評価され給与面に反映される傾向にあります。

また年齢に関係なく、キャリアアップや管理職を目指せる環境があります。
特に女性が多く勤務している職場なので、他の業界よりも活躍している女性管理職が多いのも特徴です。

会社の評価やキャリアアップがウェディングプランナーとして大きなやりがいに繋がります。

参考コラム
・ウェディングプランナーの給料は高い?安い?お給料事情を解説
・ウェディングプランナーのその先のキャリア

 

5*様々なスキルを身に付ける事ができる/成長できる*

下記で説明しますが、ウェディングプランナーの仕事は多岐に渡ります。

結婚式という高額であり責任のある商材を扱う事
様々な年齢や職業の方への営業や接客をする事

このような仕事内容なので礼儀やマナー、ホスピタリティなどのスキル、そして下記のようなスキルまで幅広く身に付ける事ができます。

コミュニケーション能力
問題解決能力
折衝能力/対応力
営業力(プレゼンテーション能力)
ヒアリング力

 

最初は未経験であってもウェディングプランナーとしての経験を積めば積むほど、知識やスキルが身につき成長を感じる事ができます。
その成長が仕事へのやりがいにも繋がる事でしょう。

 

【ウェディングプランナーの仕事内容】

 

 

大きなやりがいを感じられるウェディングプランナーの仕事ですが、次に具体的なウェディングプランナーの仕事内容をお伝えします。

ウェディングプランナーの仕事は結婚する2人と一緒に結婚式を作り上げていき、新郎新婦に満足頂ける結婚式の実現をする事です。

結婚する2人の希望や要望を聞き出し、その希望に合った内容や演出を提案しトータルでプランニングしていきますが結婚式は決めていく事が多くありますのでその内容は多岐に渡ります。

ただプラン通りに決めていくのではなく時にはアドバイザーとして今までの経験や知識も活かしながらより良い結婚式になるようアドバイスもしていきます。

新郎新婦の希望を叶えられる提案をする事や、理想の結婚式の実現はウェディングプランナーの腕の見せ所になります。

 

*新規接客*

まず最初のお仕事は新規接客です。
結婚するカップルはブライダルフェア含め幾つか結婚式場を見学しますので、来館頂いた際の案内・説明を行います。

自社会場の案内やプランの説明、カップルの希望する予算・結婚式の内容やこだわりをお伺いしながら自社会場のメリットを提案し契約が取れるよう営業します。

 

*打ち合わせ*

無事自社で結婚式を挙げてくれる事が決定したら、具体的に結婚式の内容を決めていきます。

招待状や引き出物などは一緒に決めていきます。

結婚式の演出・衣装・ヘアメイク・料理・ウェディングケーキ・装花・音楽・司会・カメラ・映像などは各担当でスペシャリストがいますので、新郎新婦と各担当の打ち合わせの日程調整をし決めてもらう事が多くなります。

しかしウェディングプランナーは窓口として様々な相談に乗る事も多くなり、一緒に打ち合わせを行う事もあります。

前日になると引出物やゲスト席など会場の最終チェックを行い、当日の本番に備えます。

 

*当日の運営*

担当する結婚式の開始約2時間前には出勤し挙式・披露宴会場の確認を行い、新郎新婦を笑顔で出迎えます。
不安な気持ちをフォローするのもウェディングプランナーの大事な仕事になります。

その後新郎新婦が着付けなどの準備をしている間に、各部門のスタッフへ指示を出していきます。

招待客の受付や式のリハーサルを進めながら、必要があればタイムテーブルを微調整し、式が始まったらスケジュール通りに進められよう現場担当者と進行状況の確認しながら全体を仕切ります。
また新郎新婦のサポートも行いトラブルがないよう細心の注意を払います。

無事披露宴が終了したら新郎新婦・ご両親・関係者に挨拶をし、お見送りします。

その後会場の片付けやスタッフとの反省会や事務処理などを行い担当した結婚式のウェディングプランナーとしての役割が終了します。

※企業によってウェディングプランナーの仕事内容は変わります。

 

*その他*

土日祝日は接客の仕事がメインになりますが、接客の仕事が少ない平日は主に下記のようなデスクワーク(事務作業)が多くなります。

新郎新婦からのメールや電話での質問・相談対応
進行表や見積書の作成

席次表の作成、名前などの確認と引出物の手配
ヘアメイクリハーサルや前撮りをする場合は日取りの調整

発注漏れや変更点がないかの都度チェック
外部企業とのやり取り
親族の宿泊手配

 

このようにウェディングプランナーの仕事は多岐に渡ります。
結婚式という人生に一度の大切な1日を成功させるためにウェディングプランナーは責任を持って業務に取り組んでいく事が重要になります。

このような多くの準備の先に結婚式という一大イベントが待っており、無事終わった時には大きなやりがいを感じる事ができます。

 

参考コラム
・ウェディングプランナーのお仕事【一顧客一担当制と分業制の違い】それぞれのメリット・デメリットは?

・ウェディングプランナーの仕事【打ち合わせ担当とは?】~大変な事とやりがい~

 

【ウェディングプランナーに向いてる人】

 

 

上記でお伝えしたように、ウェディングプランナーの仕事内容は多岐に渡ります。

ではどんな人がウェディングプランナーに向いているのでしょうか?

ウェディングプランナーの仕事は結婚式での縁の下の力持ちとも言える存在であり、主役である新郎新婦の為に結婚式のプロデュースをし大切な1日を成功へと導きます。

結婚式は新郎新婦はもちろんの事、ご家族やゲストの方にも満足してもらえるようプランニングする事が重要です。
責任の大きい仕事ですが、それよりも上記のような喜びややりがいを感じる事ができる方、人を喜ばせる事が好きな人にはとても向いています。

また結婚式は新郎新婦にとって人生の節目となる大事なイベントであり金額も高額です。
ウェディングプランナーは企業の顔として、その企画と演出を任されているため明るく気持ちの良い接客、礼儀やマナーを身につけ信頼される事が大切になります。

提案に関してはただ明るいだけではなく落ち着いた冷静な判断も必要となります。
無理難題を聞き入れるのではなく、要望をできるだけ叶えつつ実現可能な形として提案する事が求められます。

自分の考えを押し付けようとする人や、逆に相手の要望を全て受け入れてしまうような人には向かなく、新郎新婦の要望をきちんと聞きだし提案できるようなコミュニケーション能力・営業力がある人が向いています。

担当するお客様は年齢や職業・こだわりなどそれぞれであり、担当したお客様とは長い期間打ち合わせでお会いします。
どのお客様にも平等に接しなくてはならないため人の好き嫌いが激しい人も向かないでしょう。

またウェディングプランナーの仕事は現場での立ち仕事以上に、書類の作成やデータ入力など意外とデスクワークも多くなります。
デスクワークも苦にならなずこつこつと仕事に取り組める方が向いています。

 

【まとめ・ウェディングプランナーには様々なやりがいがある】

 

 

ウェディングプランナーは一生心に残る大切な日をプロデュースでき、このように多くのやりがいを感じる事ができる仕事です。

一方で土日の休みが取りにくい、繁忙期は休日出勤や残業も増え勤務時間が長くなるなどの大変な面もあります。

また一生に一度の結婚式という事への責任もあり、ミスが許されない常にプレッシャーや緊張感のある仕事でもありますが、それ以上に新郎新婦や多くの方に喜んでもらえるやりがいや、自分の成長を感じる事ができる仕事です。

それ以外にも結婚式という非日常的な華やかな空間(環境)で働く事は意外と仕事へのモチベーションにもつながるようです!

ウェディングプランナーの仕事は業態や会社、担当業務によっても変わってきますので、やりがいの感じ方もそれぞれかと思いますが大変な分大きな喜びや達成感を感じられる仕事です。

人に喜んでもらえる仕事がしたい
大切な結婚式を責任を持ってサポートしたい
仕事を通して成長したい

という方には向いている仕事です。

弊社のウェディングプランナーの求人も様々な業態・企業がありますのでウェディングプランナーのお仕事に興味がある方はご相談下さいませ。

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。