ウエディングプランナー体験談

ウエディングプランナーをしていると、忘れられない瞬間がたくさんあります。
その中でも「ありがとう」という言葉をかけて頂く瞬間は、それまでの少なからず大変な業務もその一瞬で吹っ飛んでしまう程の経験になります。
本日は、実際にウエディングプランナーをしていた頃の体験談を一部分にはなりますが、お伝え致します。
◆ママを可愛くしてくれて「ありがとう」◆
「子供も一緒に出来る結婚式場を探しています」と、結婚式のお下見の段階でお話されていた、5歳の男の子がいらっしゃるカップルでした。
5年前、結婚式を挙げようと思っていた時にお子様を授かり、一度は結婚式はもうしないで良いと思っていたカップルでしたが、お子様も少し手が離れるようになり、ご新郎様の勧めで、やはり結婚式を挙げようという運びになったとの事。
2人の結婚式ではなく、家族の結婚式というテーマでお打ち合わせが進んで行きました。
勿論いつもお子様も一緒にお打ち合わせ◉
結婚式当日もそれはそれは温かい雰囲気に包まれた結婚式で、5歳のお子様もリングボーイや乾杯の掛け声などの大役を見事にこなしていました。
そんなお子様から、結婚式も無事終わり最後の最後にそのご家族を見送る際、「ママを可愛くしてくれてありがとう」という言葉と一緒に、私の似顔絵が書かれているお手紙を頂きました。
その様子を隣りで見ていたご新婦様(お子様のママ)が涙され、その時担当だったヘアメイクスタッフとドレススタッフと一緒に、その場にいたスタッフ全員も思わず涙した事を覚えています。
◆新婦お父様からの一生忘れられない「ありがとう」◆
中学時代から家族ぐるみでお付き合いされているとても仲の良いご新郎・ご新婦様。
ご新婦様のドレス選びにご両親もご同行されたり、結婚式の進行のお打合せにも家族でお越し頂いたりと、結婚式以前から私もご両親様とお話をさせて頂いておりました。
そして、結婚式2ヶ月前になったある日ご新郎様から1本のお電話が。
ご新婦様が突然の病で入院を余儀なくされてしまったとの事。。
まずは治療に専念し、結婚式は延期に。
体調が回復したらすぐに結婚式が出来るようにと、ご新郎様とご新婦のご両親様と結婚式の準備だけは進めて行きました。
そこから1年が経過・・・
ご新郎様とご新婦様は、晴れて結婚式を挙げられました。
その時結婚を誓われたご新郎・ご新婦様のお顔も今でも鮮明に覚えていますが、ご新婦様のお父様からの「こんなに素敵な結婚式を叶えてくれてありがとう」と、涙されながらかけて頂いた言葉は一生忘れる事のない瞬間です。
その結婚式からもう何年も経過していますが、今でもご新郎ご新婦様とは年賀状のやり取りを続けさせて頂いております。
色々な仕事が世の中ではありますが、「ありがとう」と直接言っていただける仕事は、そんなに数多くは無いのではないでしょうか。
ウエディングプランナーは、そんなとっても素敵なお仕事なのです。
ウエディングプランナーのほんの一部の体験談をお伝えさせて頂きました。
★無料面談 受付中!★
お問い合わせフォーム↓↓
https://bridal-biz.jp/entry/