ホテル・結婚式場・ゲストハウス・レストランの違いは?結婚式を挙げるブライダル施設の種類や特徴

結婚式を挙げる場所と聞いて、頭に浮かぶのはどんな場所ですか?
ドラマや映画で見たイメージ、実際に結婚式に参列した経験がある場所などによって異なるかと思います。
実際に、結婚式をする場所にも様々なスタイルが存在します。

現在、日本で結婚式を挙げる場所というと大きく分けると下記の4つに分類されます。
「ホテル」「専門式場」「ゲストハウス」「レストラン」です。

それぞれの場所で特徴があるため、叶えたい結婚式によって場所を選びます。
それぞれのメリット・デメリットをあげてみましょう。

_____________________________________________
<目次>
1:ホテル
  ・メリット
  ・デメリット
2:専門式場
  ・メリット
  ・デメリット
3:ゲストハウス
  ・メリット
  ・デメリット
4:レストラン
  ・メリット
  ・デメリット
5:それぞれの業態別まとめ
6:各施設でのブライダルコーディネーターの違い
______________________________________________

 

【ホテル】

 

 

*メリット*

1:幅広い年齢層に対応可能
結婚式に、親族から友人・会社関係までをご招待される結婚式をお考えの方は幅広い年齢層の方が出席します。
ホテルは、親御さんや親族はもちろん会社関係者や友人など、幅広い年齢層に対応しているため喜んで貰いやすいです。
また、ホテルは知名度と格式があります。
親御さんや親族の方など目上の方には、結婚式場の格式を気にされる方も少なくありません。
そういった意味でもゲストに与える安心感や期待感はホテルならではのものと言えるでしょう。

2:結婚式を挙げることだけではない設備が充実している
ホテルは、宿泊施設・レストラン・カフェなどの施設が充実しています。
その為、遠方から来るゲストには結婚式当日の前後でそのまま宿泊する事が可能です。

また結婚式当日は、例えば早く会場へ着いてしまったゲストはホテル内のカフェで時間を潰せたり、女性のゲストにとってはヘアメイクをお願いしたいゲストも想定される為、ホテル内に美容室が併設されているホテルも多くあり便利。
クロークや更衣室もあるので、遠方ゲストの負担が少ないですし、授乳室があるホテルも今は多くあるので子連れのゲストでも出席しやすいなどのメリットがあります。

また宿泊施設があるのは、遠方のゲストにとっても新郎新婦ご本人達にも良いポイントです。
結婚式当日は、2次会・3次会まで行う新郎新婦も多い為、そのままホテルに宿泊でき翌日は少し特別な朝を迎える事が出来ます。
そしてレストランが併設されていることで、その後の結婚記念日にホテルのレストランでお祝いをする事も出来たりしますね。
バリアフリー設備が整っているので年配のゲストも安心です。

3:挙式のタイプが選べる
ホテルウエディングは、複数の挙式スタイルから自分が好きなスタイルを選べるのもとても良いメリットの1つです。
定番の教会式からゲストに結婚の誓いをたてる人前式。
神殿をホテル内に完備しているホテルは、和装での神前式も行えます。

特に、挙式は和装で行って披露宴はドレスで登場したいなどの希望がある新郎新婦は、神殿から披露宴会場までの移動距離も少なく、和装からドレスへのチェンジもホテル内で行える為ホテルウエディングを選ばれるケースが多く見受けられます。

 

*デメリット*

1:貸し切り感、プライベート感は感じにくい
ホテルは施設が充実している分、結婚式会場も複数併設している為1日に何組もの結婚式が行われています。
また結婚式以外にも一般のホテル利用のお客様もいらっしゃるため、2人だけの貸し切り感などは感じにくいかもしれません。

2:結婚式費用が高くなりがち
ホテルによっては、格式があるホテルや知名度があるホテルだと費用が高くなる恐れがあります。
もちろん、その分サービスの品質などに自身があるというホテルが多いかと思うので新郎新婦がどこを重視したいかによって、高いか安いかの感じ方は違うでしょう。

3:プラン外のカスタマイズがしにくい場合がある
ホテルの場合、いくつかのプランが用意されており、その中で結婚式の各アイテムを選んでいく形が多くなっています。
そのため、決まったアイテムの中で選ばなければならなかったり、アイテムの持ち込みが出来にくかったりなどがある場合があります。
ただホテルによってここの部分は異なるため、最初によく確認してから会場選びをおすすめします。

 

【専門式場】

 

 

*メリット*

1:結婚式専用の施設が充実
専門式場は結婚式に特化した施設であるため、新郎新婦はもちろん親族やゲストにとっても充実した設備が完備されています。
例えば新婦が支度をするブライズルームの広さがゆったり作られていたり、新郎新婦が当日移動する動線がよく計算されていて、他の新郎新婦やゲストに一度も会わない動線になっていたりと、結婚式専門ならではの工夫がされています。
また、ゲストにとっても待合室が充分に完備されていたり、更衣室・クロークをはじめ、結婚式に必要な設備はすべて整っているので安心です。
宿泊施設についても併設している専門式場も多く、遠方からのゲストも安心です。

2:挙式スタイルが選べる
ホテルと同様、専門式場も施設内にチャペルと神殿を併設している会場が多いです。
そのため挙式は和装で神前式を行い、披露宴はドレスでお披露目という事も叶います。
また、挙式会場と披露宴会場の移動時間も短いためゲストにも嬉しいですね!

近年では、参列してくれたゲストに2人の愛を誓う人前式も増えてきています。
専門式場はお庭が広い会場も多いので、お庭で人前式スタイルの挙式を挙げることも叶います。

3:フォトスポットが豊富
専門式場で人気なのがフォト撮影。
広いお庭を持っている専門式場が多く、四季折々の草花があったり、滝が流れていたりと、同じ敷地内でフォトスポットが豊富にあります。

その為、結婚式当日とは別日でフォト撮影のみ行うカップルも専門式場では珍しくありません。
また、式場内も格式がある装飾を施していたり大きな螺旋階段があったりと、外だけではなく式場内でもフォトスポットがあるのが専門式場のメリットです。

 

*デメリット*

1:貸し切り感は感じにくい
専門式場はとても広い敷地になるので会場も複数併設しています。
そのため、ホテルウエディング同様、1日に複数組みのカップルが結婚式を挙げる事が通常となり、お庭で他の新郎新婦とすれ違う事やゲストの更衣室は複数組がバッティングしてしまいます。

2:アイテムの持ち込みが出来ない場合がある
専門式場は、結婚式専門の施設のため、各アイテムの種類は豊富にあることが多いです。
そのため様々なアイテムから選ぶことは出来るのですが、式場の提携以外のアイテムとなると持ち込みが出来ない場合があります。

既に「このブランドのドレスが着たい!」「友人がカメラマンなので写真を当日撮ってくれる」など決まっているカップルにとっては、先に会場へ確認されることをおすすめします。

3:気候が良いシーズンは早めに予約が埋まってしまう
専門式場と言われる式場は、知名度がある専門式場が多いです。
そのため、絶対に専門式場で結婚式を行いたいというカップルは1年以上前から予約される方も少なくありません。
オンシーズンと言われる、4月・5月・10月・11月の土日はあっという間に予約が埋まってしまう事が多く、中でも大安の土曜日のお昼間の時間帯はかなり前から埋まってしまう確率が高いでしょう。

 

【ゲストハウス】

 

 

*メリット*

1:貸し切り感、プライベート感がある
専門式場とゲストハウスは、結婚式を行う専門施設という大きなカテゴリーでは一緒になります。
それでは、何が異なるのでしょうか。
ゲストハウスの元々のコンセプトが
1軒家を貸切って、自分達だけの結婚式を行うという事から始まっている為、専門式場は複数のカップルが同じ敷地内で結婚式を挙げることに対し、ゲストハウスは基本的にその時間は、1組のかカップルしか結婚式を挙げません。

ゲストハウスの中でも、会場によっては同じ敷地内に複数の結婚式場を併設しているゲストハウスもありますが、その場合でもそれぞれで貸し切り感が味わえるように、絶対に他の新郎新婦とすれ違わない動線が組まれていたり、時間をズラして結婚式のプログラムが組まれていたりと、貸し切り感を第一に工夫されています。

そのため、ゲストハウスの一番のメリットと言うと、この貸し切り感が最も最初にくるでしょう。

2:オリジナリティを出しやすい
ゲストハウスによってはホテルと同様にプランがあり、その中でアイテムを選んでいただくという会場もあるかと思いますが、基本的にはゲストハウスの場合自由度が高いことが上げられます。

例えば、ウエディングケーキを一からデザインしたオリジナルなものにしたり、ウェルカムスペースをアレンジして、自分達らしさを出したりと装飾の幅も広いです。

また、オリジナリティを求めるカップルが多くゲストハウスで結婚式を挙げるため、ウエディングプランナーを始め、フラワーコーディネーターや司会者もそれに慣れているスタッフが多く、新郎新婦もプログラムや装飾などの相談もしやすい環境です。

3:種類が豊富なのでイメージに合わせて選べる
ゲストハウスは、様々なジャンル・雰囲気の施設が多いため自分たちのイメージする結婚式のテーマに合ったゲストハウスを選ぶことが出来ます。

例えば、緑に囲まれた自然溢れる雰囲気でナチュラルな結婚式をしたいカップルもいれば、お城のような式場でプリンセスのような結婚式を挙げたいカップルもいます。
ゲストハウスは、それぞれで会場の雰囲気が全く異なるので、若いカップルから大人カップルまで、様々な年齢層に選ばれます。

それぞれに合ったゲストハウスを選ぶことが出来るのです。

 

*デメリット*

1:施設が十分でないことがある
専門式場に比べ敷地面積が広くない場合が多いため、例えば更衣室の数がホテルや専門式場に比べて少なかったり、親族室が両家一緒などのゲストハウスもあります。

また、駅から離れた場所にあることも珍しくない為、遠方から来られるゲストの方やご年配のゲストには少し不便だと感じることがあるかもしれません。

2:親御さん・親族から反対をされる事がある
親御さんや親族の方の中には、結婚式には格式や知名度を重視する方もいらっしゃると思います。
ゲストハウスは欧米から来ている結婚式の形式なので、中には受け入れがたい方もいるかもしれません。

3:こだわると予算が高くなりがち
ゲストハウスの良さでもあるオリジナリティ。
こだわればこだわるほど、オリジナリティも出せるのが魅力ですがその分、費用が積み上がる可能性が高くなります。
最初に自分たちは結婚式で何をいちばんこだわるかを新郎新婦で話し合い、それに沿ってアイテムを決めていく事をおすすめ致します。

結婚式場の多くは、ドレスを選ぶ時はドレススタイリスト。
お花を決める時はフラワーアーティスト。料理を決める時はウエディングプランナーと、アイテムによって打合せをする担当が変わります。

もちろん、最終的にウエディングプランナーがまとめるのですがそれぞれでアイテム決定をしていく為、その時の気分でどんどん決めっていってしまうと、最終的にどれも諦められないという結果になってしまう事もあるので最初にこだわりポイントを決めて、それ以外は少しおさえるなどの工夫が必要になって来るかもしれません。

 

【レストラン】

 

 

*メリット*

1:料理のクオリティーが高い
これは言うまでもありませんがレストランは本来お食事をとる場です。
普段レストランでいただくお料理を作っているシェフが、結婚式のお料理も作ってくれるためクオリティーはお墨付きです。
また、サービスマンも普段レストランでサービスをされているスタッフが行うことが多いためソムリエの資格を持っているサービスマンがいたり、お料理に詳しいスタッフが豊富なためゲストから質問があった時もスムーズにサービスができ、新郎新婦も満足したおもてなしが出来るはずです。

2:アットフォームな結婚式が叶う
レストランウエディングの場合、普段はレストランとして営業していることが多いためそんなに大きな会場を持っているレストランは多くありません。

そのため新郎新婦が座る高砂席と、ゲストが座っているテーブルの距離が近く、自然とゲストとお話出来る雰囲気が作れます。
場合によっては、高砂席は設けず、新郎新婦がゲストと同じテーブルに席を作ることもあります。
美味しいお食事を中心に、ゲストとゆっくりお話しながらの結婚式を叶えたいカップルにはピッタリのスタイルです。

3:費用が他の形式と比べ抑えられる傾向
施設が大きくないという事もありますが、お料理を中心に楽しむ結婚式となることが多いので派手な演出や装飾にお金がかからないという事が多いです。

またお色直しなども行わないことが多いため、衣装代も1着というカップルが多い傾向です。

 

*デメリット*

1:結婚式に凝った演出をのぞむ人には向いていない
元々結婚式を行う事を想定して作られているレストランは少ないです。
そのため余興を十分で出来るスペースの確保が出来なかったり、それを準備する場所が用意出来ない。
また、照明器具や音響設備もレストラン仕様ですので、派手な演出には対応出来ないことが多いです。

披露宴自体もお料理を楽しみながら歓談することが多いレストランウエディングのため、演出を重視するとお料理を出すタイミングが遅くなってしまったり、出されたお料理をすぐに召し上がる事が出来なかったりするため、会場としてもそれは避けたい事になります。

2:付帯設備が十分ではないこともある
結婚式をする事を前提に建物が作られていないので、更衣室やクロークが無かったりエレベーターが設置されていないことも多々あります。
またスペース的にウェルカムスペースなども取れないこともありますが、その分ほとんどの場合がそのレストランを丸々貸し切りになるので、貸し切り感は十分味わえます。

3:大人数の結婚式には向いていない
レストランなので、会場自体がホテルの宴会場のように広いスペースはありません。
また、レストランの厨房もホテルや専門式場のように一気に100名を超えるようなお料理が作れるものになっていないため、大人数のゲストが参列されるような結婚式には向いていません。

新郎新婦の席がゲストから見て、一段上がったような高砂も作れないため新郎新婦とゲストの目線は同じとこにあります。
そのため、ゲストのテーブルと距離があると新郎新婦の姿が見えづらいという事も起こるため、会場全体から新郎新婦の姿が見えるくらいのゲスト人数がおすすめです。

 

【それぞれの業態別まとめ】

 

 

*ホテルウェディング*

結婚式を行うだけではなく、それに伴う付帯設備が充実!
宿泊やレストランなど利用方法が多岐にわたる複合施設。

ホテルウエディングの魅力は、充実した施設と高いクオリティのサービスです。
知名度、ブランド力の高いホテルでのウエディングは、親御さんや親族などご年配のゲストにも安心感を与えます。 

 

*専門式場ウェディング*

専門式場は、結婚式を行うために作られた結婚式会場です。
伝統のある式場が多く知名度も高く、式場の名前を聞くと一度は聞いたことがある人も多いはずです。
敷地内に、挙式会場と披露宴会場が複数あり、挙式についても、教会式や神前式などの様々な形式の挙式が選べるのも魅力の一つです。

 

*ゲストハウスウェディング*

西洋風の一軒家を貸切って結婚式を挙げ、貸し切り感、プライベート感を味わえるのが最大の魅力です。
自由度も高くオリジナリティを結婚式にのぞむカップルに多く選ばれています。
専門式場同様に結婚式を行うために作られた施設ですので付帯施設は十分完備されています。

 

レストランウエディング*

通常はレストランとして営業している場所で結婚式をするスタイル。
大人数ではなく、アットホームにお料理でゲストをおもてなししたいと考えているカップルに選ばれる傾向があります。 

 

【各施設でのブライダルコーディネーターの違い】

それぞれの会場によって、ブライダルコーディネーターの特徴も分かれます。

今までの各特徴から見て、ホテル・専門式場は、複数の結婚式が同時に行われているため、一人のブライダルコーディネーターが同時に複数の担当カップルを受け持つことが多いです。

格式やクオリティが高いサービスが特徴となるため、ブライダルコーディネーターもそこを意識しお客様と接していきます。
一方ゲストハウスやレストランウエディングは結婚式の自由度が高い分、提案力が求められます。

またホテルや専門式場に比べ、ブライダルコーディネーターが管轄しなければいけない仕事の幅も広い傾向にあります。

 

 

 

*

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。