フラワーコーディネーターになる方法は?必要な資格はある?

フラワーコーディネーターとはお花の管理や販売、アレジメントやコーディネートなど「花」に関わる職業に就いている人の事を指します。

フローリストやフラワーデザイナーとも呼ばれ華やかなイメージがある事から女性にも人気な職業です。

フラワーコーディネーターの仕事は様々な種類がありますが、今回は結婚式場やホテルで働くフラワーコーディネーターに関してお伝えしていきます。

フラワーコーディネーターになるには資格が必要なのか、どうすればなれるのか、就職先などを解説していきます。

 

 

 

_____________________________________________

目次

1:フラワーコーディネーターとは・仕事内容

2:フラワーコーディネーターになるために役立つ資格

・フラワー装飾技能士

・ブライダルフラワーコーディネーター検定

・フラワーデザイナー検定

・色彩検定

3:フラワーコーディネーターの資格取得の方法

4:フラワーコーディネーターのなり方

・フラワーコーディネーターの就職先

5:まとめ/フラワーコーディネーターの資格は役立つ

_____________________________________________

 

【フラワーコーディネーターとは・仕事内容】

 

 

フラワーコーディネーターとは前述したように「花」に関わる様々な業務を行う人の事を指します。

花の特徴や種類・色・香りなど花に関する知識を持ったスペシャリストになります。

生花店、公共施設やホテル、レストラン、イベントの際の花のコーディネート、冠婚葬祭の際の花の提供、ディスプレイなど様々な場面で活躍しています。

結婚式場やホテルなどの結婚式に携わるブライダルフラワーコーディネーターはフローリストとも呼ばれ、主に結婚式やパーティでの「花」に関する全ての事を任され華やかな空間作りや演出を担当します。

主に下記のような業務を担当します。

 

①会場コーディネート
入口、ロビーの装飾
挙式・披露宴会場の装飾(装花)/新郎新婦の高砂・ゲストテーブルの装花
ウェルカムフラワー/フラワーシャワーの制作
※土日祝は結婚式本番となるため忙しい1日となります

 

②新婦新婦のコーディネート・アイテム制作
新郎のブートニア、新婦のブーケ、花嫁の髪飾り、花束の制作

 

③新郎新婦との打ち合わせ
結婚式の装花やブーケ・花束の製作などはウェディングプランナーや新郎新婦と決めていきます。
(もしくは事前にウエディングプランナーにヒアリングをし、新郎新婦とだけ打ち合わせを行います。)

新郎新婦の希望や要望をお伺いし、結婚式のテーマ・会場の雰囲気など確認しながらじっくりヒアリングし花を選び提案していきます。
新郎新婦の気持ちに寄り添う事や、細やかな気配り・コミュニケーション能力も求めれます。

 

④花材の管理
結婚式での花は最高の状態でなくてはなりません。

そのため花の管理や手入れ、温度・湿度・水の調整や、茎や葉を切り開花調整する事も大切な仕事になります。

早朝から市場に出向き花を仕入れたり、重い花を運んだり水揚げなどの力仕事も多くなります。

 

◎このような業務をスタッフで分担してチームで取り組んでいきます。
花に関する専門知識や、センス、バランス・色彩感覚等が必要となる仕事です。
また結婚式に関わす仕事になるため、ウエディングの知識も求められてきます。

 

【フラワーコーディネーターになるために役立つ資格】

 

 

フラワーコーディネーターになるために特に必要な資格はありません。
しかし持っているとお花に関しての専門知識や花の管理知識がある事を証明できたり、実際業務をする際にも役立つ事があります。
特に有利になるのが以下の資格になります。

 

■フラワー装飾技能士

花の装飾に関する国家試験(国家資格)であり、装飾技術を認定するものです。
フラワー装飾技能士の資格は、3~1級まであり、全ての級で学科試験と実務試験があります。

学科試験ではお花に関する知識や用語などを問われ、
実技試験では実際に装飾やブーケを作成する内容となっています。

3級:応募資格→経験不問

2級:応募資格→2年以上、または3級合格者
※学歴により実務経験が不要になります

1級:応募資格→7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験
※学歴により必要な実務経験年数が異なります

 

■ブライダルフラワーコーディネーター検定

ブライダルフラワーコーディネーター協議会が主催している資格で3級~1級まであります。

3級:応募資格→経験不問
内容→婚礼装花の実務に入る前の基礎知識となっており筆記試験のみ(60分)

2級:応募資格→1年以上の実務経験者
内容→婚礼装花の現場における作業者としての実務能力の確認となっており
筆記試験(60分)と実技試験(60分)

1級:応募資格→2年以上の実務経験者
内容→顧客に対するコンサルティングおよび婚礼装花の現場リーダーとしての実務能力の確認となっており
筆記試験(60分)と実技試験(60分)

 

■フラワーデザイナー検定

日本フラワーデザイナー協会(NFD)主催する資格検定試験です。

3級~1級まであり、花束やブーケ、テーブルデコレーション、フラワーアレンジメント技能を測るための試験です。
試験内容は学科(45分)と実技(アレンジメント:50分・花束:60分・ブーケ:60分)となっています。

 

3級:応募資格→経験不問

2級:応募資格→NFD3級正会員として在籍し、3級合格後から受験日の2ヶ月前までに受験必須単位20単位以上を履修した証明(履修認定書の提出)をNFD講師から受け、当年度会費を納めた方
もしくは資格認定委員会から受験資格を受けた方、もしくは2級フラワー装飾技能士の資格を持ち合格証書の写しを提出した方

1級:応募資格→NFD2級正会員として在籍し、2級合格後から受験日の 2ヶ月前までに受験必須単位30単位以上を履修した証明(履修認定書の提出)をNFD講師から受け、当年度会費を納めた方
もしくは資格認定委員会から受験資格を受けた方、もしくは1級フラワー装飾技能士の資格を持ち合格証書の写しを提出した方

 

■色彩検定

色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験で3~1級まであり、文部科学省後援の「技能検定」として実施されています。

 

3級:応募資格→誰でも受験可
マークシート方式(70分)
色彩の基礎的な知識

2級:応募資格→誰でも受験可
マークシート方式 ※一部記述有(80分)
色彩のより深い知識

1級:応募資格→誰でも受験可
1級1次→マークシート方式 ※一部記述有(90分)
1級2次→学科&実技(90文)
2.3級より更に色彩の専門的な知識や技能

※1級の難易度は高く合格率は低めです

合格すると、合格証書と資格証(色彩コーディネーター資格証)が交付されます。

花には様々な色があり、組み合わせによって会場のイメージが大きく変わります。
色彩検定を持っておくと実際に業務をする際に知識を活かす事ができます。

 

◎その他に花の仕入れなどで花を運ぶ事が多くなるため自動車運転免許なども持っておくと良いでしょう。

資格は必須ではありませんが、結婚式という大切な1日を華やかで特別なものにするための会場装飾やテーブル装飾、ブーケ作りなどは専門性が高く知識が必要となります。

資格を持っているとお客様に安心感を与える事ができたり、自分自身のスキルアップやキャリアアップにも繋がります。

特に将来独立・開業したりフリーランスとして働きたい場合には資格があると信頼を得る事もでき役立ちます。

 

【フラワーコーディネーターの資格取得の方法】

 

 

フラワーコーディネーターに役立つ資格をご紹介しましたが取得するためには以下の勉強方法があります。

①専門学校に通う
資格取得に関して1番の近道になるのが専門学校に通う方法です。
資格試験のための講義やカリキュラムもありしっかりサポートしてくれるため、在学中に取得する事も可能です。

専門学校に通うと2年という期間や費用もかかりますが、先生がおり効率よく指導してもらえたり必要な情報を教わる事が可能なので合格への確実性を高める事ができます。

 

②通信教育を利用する
専門学校に通う時間なかったり、学費を抑えたいという方には通信教育(講座)が便利です。

学習する期間大体3ヶ月~1年ほどになります。
独学に近い形にはなりますが、通信教育ではプロのアドバイスや各社オリジナルのテキスト・DVDを活用し勉強ができるようになっています。
独学よりも幅広く知識やフローリストの仕事を知る事ができ要点を押さえた勉強ができます。

学校や仕事が終わった後など空いた時間に効率よく勉強できるメリットがありますが、自宅学習になるので強い意志がないと続けるのが難しくなってしまいます。

 

③独学で勉強する
専門学校や通信教育を受けるための費用がない場合は、独学で勉強し資格を取得する事も可能です。
ただ講師もいなくテキストなどもないため自分自身で参考書や書籍で勉強する事となります。

どのテキストを使うか、どう学習を進めるか指針がないので、うまく勉強が進まない可能性があります。
資格取得に向けて自分の勉強方法を確立していく事が重要となります。

大変ではありますが、お金や時間に縛られる事なく勉強ができるというメリットはあります。

 

【フラワーコーディネーターのなり方】

 

 

フラワーコーディネーターになる方法は新卒採用と中途採用があります。

学歴や資格が問われる事はありませんが、幅広い知識やセンスが必要になる専門職となるため、専門学校や短大・大学で学ぶか花屋や園芸ショップなどの現場で経験を積んでから転職する方が多いようです。

企業によっては未経験でも応募可能な求人もあり弊社でもご案内ができます。

 

新卒採用の場合
高校を卒業後の進路として、フラワーコーディネーターの知識を学べる学校は

・フラワーやブライダルの専門学校
・短大
・大学

があります。

専門学校の場合は「フラワーコーディネート」「フラワーデザイン」の科やコース、
大学の場合は「フラワー」や「園芸」の学科で学び、業界の事やフラワーアレンジメントなど花々に関しての知識を得る事ができます。

新卒でフラワーコーディネーターになりたい場合は、業界に特化して専門的に学べるフラワーやブライダルの専門学校に通うのが近道になるでしょう。

資格取得や就職のをサポートも手厚くしてもらえます。

 

中途採用の場合
中途採用の場合はスクールや通信講座、フラワー関連の教室で学び就職する事も可能です。
または実力をつけるために、町場の花屋や園芸ショップなどで働きながら経験を積み知識を得る方法があります。

しかしその場合正社員での採用は少なく、アルバイトやパート・アシスタントから勤務する方が多いようです。

最初はアシスタントなどのスタートの可能性もありますが、花の知識や取扱い方、管理方法、組み合わせなどの経験を積む事ができたら、契約社員や正社員としてホテルやブライダル企業へ就職したり、ホテルや結婚式場と契約して専門に行う企業などに就職して、フラワーコーディネーターとして働く事ができるようになります。

 

フラワーコーディネーターの就職先

フラワーコーディネーターの就職先は以下になります。

・ブライダル企業
・ホテル
・結婚式場
・フラワー企業(フラワーショップ)

結婚式の装花はブライダル企業やホテル・結婚式場が自社でフラワー部門を持っていて装花を担当するケースと、フラワー企業にテナントとして入ってもらったり、提携しているフラワーショップに装花をしてもらうケースがあります。

そのため、勤務先としては

・ホテルや結婚式場の自社会場のフラワーショップ
・フラワー会社の自社のフラワーショップ(花屋)かホテルや結婚式場のテナント店舗のフラワーショップ

に勤務するという形になります。

 

フラワーコーディネーターの収入(年収)に関して
参考コラム:結婚式のフラワーコーディネーターとは?仕事内容・給料・資格を解説

 

【まとめ/フラワーコーディネーターの資格は役立つ】

 

 

フラワーコーディネーター(フローリスト)の資格に関してお伝えしました。
結婚式場やホテルでフラワーコーディネーターとして働く場合に資格は必須ではありません。

どちらかというと経験であったり、センスの方が重要視される事が多くなります。
しかし資格を取る事で花やコーディネートの専門知識を習得する事ができるため、就職した後に役立つ事も多くあります。

フラワーコーディネーターの仕事は、繁忙期は特に忙しく土日祝日の休みが取れなかったり、立ちっぱなしで業務を行う事が多くなります。

また水仕事や力仕事も多く体力が必要になるなど大変なこともあります。

しかし結婚式という一生に一度の大切な日を自分のセンスで彩り、新郎新婦含め多くのお客さまに感動や喜びを与えられる魅力のあるお仕事であり、お花が好きな方・花に関する仕事をしたいという方は大きなやりがいを得られるでしょう。

弊社でもフラワーコーディネーター(フローリスト)の求人を多数扱っておりますので興味がある方はお気軽にご相談下さいませ。

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

__________________