コラム

ドレスコーディネーターになるために資格は必要?なる方法とは

45 views
0

結婚式に欠かせないのが、ウェディングドレスやタキシードなどの衣装。
ドレスを着ることが、結婚式を挙げること同様夢だという花嫁さんもいることでしょう。
特別な1日にふさわしい衣装探しをお手伝い・提案するのが、ドレスコーディネーターです。
ドレスコーディネーターになるためには、資格が必要なのか、どのような手順を踏んで転職するのかご紹介します。

【ドレスコーディネーターに資格は必要か】
まずは、ドレスコーディネーターに必要な資格についてです。

とくにこの資格を持っていないとなれないということはありません。
経験があったり、すぐに活かせるスキルがあれば選考の際に有利になる可能性はありますが、必須ではありません。

他業界からの転職でも採用される可能性は大いにあります。
ただ、後々のキャリアアップや、仕事へ活かせることを考えると、あると望ましい資格も存在します。
 
【あると嬉しい資格】
ドレスコーディネーターになるために、必ず必要となる資格や経歴はありませんが、次のような資格を有していると、志望動機にもつながるほか、選考の際に勉強意欲の高さを評価してもらえるなどプラスに作用することもあります。

・アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)検定
・WBJ認定ドレスコーディネーター
・着付師
・パーソナルカラー検定
・フォーマルスペシャリスト検定

資格を持っていることが、選考で必ずしも有利になるというわけではありませんが、ドレスコーディネーターとしてのキャリアをスタートさせた後でも、お客さまと接するうえでとても役立つ知識です。

【ドレスコーディネーターになる方法】
次に、ドレスコーディネーターになるための必要なステップについてです。
ドレスコーディネーターは、主にホテルや専門式場といった施設に併設されている衣装サロンに所属したり、路面にあるドレスショップが職場となります。

気になる企業の募集があれば、応募して他職種同様選考を受け進んでいきます。
気になる企業があれば、ぜひブライダルビズへご相談くださいね♪

選考内容も企業ごとに違いますが、書類審査の段階から、志望動機や入社後どのようなことがしたいかなどは聞かれることが多いです。
したがって、なぜドレスコーディネーターになりたいのか整理しておくと良いでしょう。
また、衣装に関する知識だけでなく、お客さまありきの仕事なので、コミュニケーション能力は必須です。
これまでの経験や経歴で活かせることがあれば、積極的にアピールすると好評価につながります。

【スキルアップのために知識は大切!】
ドレスコーディネーターになるために、特別な資格は必要ありません。
しかし、プロとしてお客さまに接する以上、知識を得続けることは大切です。

ドレスコーディネーターになるためにも、そして無事なれたとしても、積極的に勉強を続けると、きっと仕事ももっと楽しくなるはず。

具体的にどのようなドレスコーディネーターになりたいのか、想像してみて今後のスキルアップのためにも知識を蓄えていってくださいね。
ブライダルビズでは、上記にあげた志望動機の伝え方や履歴書への書き方などもアドバイスさせて頂いております。

ブライダルビズとは??
サービス内容はこちらをチェック♪↓↓
https://bleu-c.jp/lp_bridal/