Menu

ブライダル業界の転職・求人情報

一つ前に戻る

ウェディングプランナーとは

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーとは、人生の中で、とても素敵な晴れ舞台である結婚式を新郎 新婦様と一緒に作り上げていく仕事です。
結婚式は、挙式、披露宴、2 次会と大きく3つに分類されます。一般的には、挙式と披 露宴を同会場にて行う新郎新婦様が多いです。 新郎新婦様のほとんどは、結婚式に対するイメージが出来ていない方が多くいらっしゃ います。ご友人の結婚式やテレビドラマなどでは拝見されいているのですが、いざ自分 たちがとなると状況は異なります。まずは、ブライダル情報誌やインターネットなどに よる式場探しからスタートし、複数の式場を見学に訪問されます。 そこで新郎新婦様に結婚式のイメージから式当日までをお手伝いさせて頂くお仕事がウ ェディングプランナーとなります。ウェディングプランナーの仕事は大きく3つのセク ションで成り立っています。
❶新規担当

営業・提案を行う『新規担当』のお仕事
※『新規セールス』『マーケティングスタッフ』等と呼ばれることもあります。
初めて新郎新婦様が結婚式場に足を運ばれ、式場のご見学にお越しになります。※これを初 来館と呼びます。そこで最初に新郎新婦様に会場のご紹介や、結婚式のイメージを膨らませ ていくのが『新規担当』と呼ばれるウェディングプランナーです。 初来館の時点では、新郎新婦様は、結婚式をいつの時期に挙げよう?予算は?人数は?披露 宴の内容は?などまだまだ漠然としています。 ウェディングプランナーは、そうした新郎新婦様に対して、結婚式全体のイメージや予算感を伺いながらお二人が挙げたい結 婚式がどういった内容でできそうかをイメージして頂けるようにプレゼンをしていきます。 また、最後に新郎新婦様がイメージされる内容及び予算から御見積書(全体の費用)を作成しご成約(契約)まで導きます。

❷打ち合わせ担当

結婚式の準備や内容を決める『打ち合わせ担当』のお仕事
※『プランナー』『コーディネーター』等と呼ばれることもあります。
ご成約頂いた新郎新婦様と結婚式までのに複数回にわたる打ち合わせがスタートしていきま
す。ここからは打ち合わせ担当にバトンタッチします。
『打ち合わせ担当』の役割は、新郎新婦様がイメージされる結婚式を作り上げていくお手伝
いを行います。招待状のデザインの決定からスタートし、席次、余興、お料理、お色直し、 サプライズなど結婚式に向けて多岐にわたる打ち合わせを行います。1 回で決められない内容や、ご親族の方にご相談頂く内 容もありますので、結婚式当日までの半年前~4カ月前より打ち合わせを重ねていきます。一回当たりの打ち合わせは 2 時間 ~ 3 時間程度になります。 打ち合わせ担当は、ドレススタイリスト、フローリスト、司会者、カメラマン、サービスキャプテン、シェフなど他数の関連 ポジションのメンバーと連携し進行の内容などを企画立案し、新郎新婦様と内容を詰めていきます。そうして、万全な状態で 結婚式当日を迎えられる準備を整えていきます。

❸ディレクション

挙式・披露宴当日『ディレクション』『当日運営』のお仕事
結婚式当日の披露宴の運営は、司会者・サービスキャプテン・介添え・シェフなど多数のメンバーと協力し合って披露宴を運営します。
引き出物のチェックや音響の確認、式の進行・司会者・サービスキャプテンなど関連部署への伝達・新郎新婦様の体調のチェックなど押し迫る時間とのプレッシャーの中、多岐に渡る
チェックや気遣いが発生します。式の進行中にイレギュラーが発生した場合にも即座に対応できるよう全体のディレクションとして当日運営に関わります。
また、新郎新婦様と作り上げてきた本番当日は、お二方の門出を祝う最高の場所でもあります。心からの笑顔と感動で新郎新婦様を祝福します。
会場によって当日運営に関わるかは、大きく異なります。式当日は、新郎新婦様・ご親族の方へのご挨拶程度となる会場も多数あります。
また、当日施行(式の運営)終了後は、これから結婚式を挙げられる方との打ち合わせや会場案内などの業務に従事します。

2つに分類されるウェディングプランナーのお仕事
ウェディングプランナーのお仕事は『一顧客一担当制』と『分業制』の大きく2つに分類されます。
上記のように、一組の新郎新婦様を『新規担当』と『打ち合わせ担当』に 2 名体制で担当しているウェディングプランナーを 『分業制』、逆に一組の新郎新婦様を会場のご案内~お打合せ、式当日のディレクションまですべてを 1 名のウェディングプランナーが専属で行うことを『一顧客一担当制』と呼びます。 それぞれ魅力があり、『分業制』では、効率的に仕事に従事できます。『一顧客一担当制』では、じっくりとお客様と向き合っ てより深く結婚式を作っていくことができます。

ウェディングプランナーの魅力

ウェディングプランナーとして働く魅力は、何といっても『人生の中での最大のイベン ト=結婚式』に第三者として関わることができると言う事です。 ウェディングプランナーのゴールは、結婚式当日。その幸せな 1 日に向けて全力を注い で打ち合わせや会場のご紹介を行います。
新郎新婦様の幸せを願い最高の一日をお手伝いできる唯一のビジネスです。 式当日には、新郎新婦様が今まで生きてきた人生でそれぞれに携わってきた大切な人や ご親族の方が参列します。お二人の門出を祝福すると共に、今までの経験や思い出を蘇 らせて、これから新しい道を歩んでいく新郎新婦から大切な方へ言葉にして伝える場所でもあります。
そうした場所の提供や演出を作り上げていく楽しさや喜び。その先の感動を体感できるお仕事です。
100 組の結婚式を担当すると 100 通りの感動と演出があり、1つとして同じものがないのもこのお仕事の魅力と言えます。

1日の仕事の流れ

平日
平日では、お客様からのメール対応や週末で行った新規・打ち合わせの事務処理が中心となります。
また、週末に施行がある際にはパートナー企業との共同ミーティングや漏れの無いよう、念密に準備を進めていきます。
週末
結婚式の担当の場合は、1 日中現場にて結婚式の指揮をとります。また、週末に打ち合わせ・新規来館が多いため、各スタッ フがそれぞれ約2~3時間ほどお客様の接客に入ります。お客様に心地よく何事も過ごしてもらえうよう、サロンにスタッフ を付け常にお客様の言動等にも気を配りながら仕事します。

5つの結婚式のスタイル

ホテル
宿泊施設、多数の宴会場の組み合わせによる対応力、レストランなど設備が充実しています。また知名度や立地から親御さんからの安心感にもつながります。
専門式場
結婚式を専門に行うための施設の為、教会や、式場等の雰囲気づくりや新婦同士がすれ違わないような導線づくりなどが徹底されています。また施設によっては、伝統的なチャペルや日本庭園などを持っており、神前式、人前式などにも対応が可能。
レストラン
何といっても料理の美味しさがウリ!通常はレストラン営業をしており、週末の営業を結婚式として貸切スタイルで行われます。また高砂からゲストとの距離が近く、門出を祝福してもらうより今までお世話になった方々へ感謝の気持ちを込めて料理を一緒に楽しんでもらうといったアットホームな披露宴が可能です。
ゲストハウス
欧米の一軒家をイメージした結婚式場。宴会場が一つしかないところが多く完全貸切でウェディングパーティーを行うことが可能です。挙式~披露宴の間は、ガーデンや、チャペルはもちろんゲストハウスを丸ごと自分たちで自由に使うことが可能で、そのためオリジナル性の高いウェディングを行うことができます。
リゾートウェディング
ハネムーンを兼ねて国内外のリゾート地で結婚式を行います。親族と友人数名の 10 ~ 20 名ほどでの結婚式。基本的には、 昼間に教会式を行い、その後はお食事会や観光を行う方が多いです。また最近ではフォトウェディングを行うカップルも多く いらっしゃいます。国内ウェディングより手間が少なく低予算で挙げられるのも魅力の一つかもしれません。

働く職場

  • ホテル
  • ゲストハウス
  • ブライダルサロン(エージェント)
  • 専門式場
  • 海外ウェディングデスク
  • フリープランナー
  • レストラン
  • プロデュース会社

その先のキャリア

ウェディングプランナーの経験者は、キャリアステップやキャリアチェンジが多彩なのが魅力の一つでもあります。
キャリアステップとしては、社内にて、チーフプランナーや支配人等のマネージメントに関わる職種や本部職として、採用や、マーケティング、人事制度、事務等へその時の状況に合わせてステップアップやキャリアチェンジが可能です。
もちろん、ウェディングプランナーとして第一線に立ち続けプロフェッショナルを目指すことも出来ます。
また、ブライダル業界以外の業界からも比較的引くてあまたなのがウェディングプランナー職。理由としては、職種上、几帳面さ・事務処理能力・適応力・ストレス耐性・営業力・折衝能力・表情・接遇・体力等他の業界以上に求められる能力が多いため、ある程度の職種への対応力が身についています。
ブライダル業界は、年収が他業界に比較すると平均的に低い事が多いため、キャリアチェンジする事により給与アップが望めるといえます。最近では、1つの会社に属さずフリーのウェディングプランナーとして活躍されている方も増えてきています。

キャリアアップ・キャリアチェンジの該当例

・チーフプランナー
・支配人・マネージャー
・本社スタッフ(広報・マーケティング等)
・人事
・事務スタッフ
・秘書 ・高級商材での反響セールス(車のディーラー・保険セールス・不動産)
・法人セールス
・スクール講師
・転職エージェントでのキャリアアドバイザー
・サービス(ジュエリーショップ・ハイブランドショップ・百貨店等)

ウェディングプランナーに向いている人

特に必要な資格はありません。但し、人気業界故に応募倍率が高いのがブライダル業界 の特徴です。新卒募集では、学生 3 万人強が応募をし 20 名程の採用という人気のブラ イダル企業もあります。 ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多数ありますが必ずしも専門学校を 卒業しないといけないと言うわけではありません。入社決定者の事例から、全体の9割 が業界未経験です。その中でも営業職・販売職などの経験を 2 年以上積んでいる方が採 用になりやすい傾向を見受けられます。
年齢としては、新郎新婦の年齢が 20 代後半以降が多いことから社会人1年目では難し いことが多くホテルなどでは、新卒として入社後、他部署での経験を重ねてウェディン グプランナーになる方も数多くいらっしゃいます。

平日休みの魅力

一番の魅力は、どこに行くにしても人混みが少ないので便利です。例えば、旅行に行く にしても価格が安かったりテーマパークで週末だと3時間待ちのアトラクションが待ち 時間なく乗れたりします。また、病院や銀行、公的機関などの利用も平日にしか行けな いところ、休暇や仕事の合間を調整せずに利用ができます。

ウェディングプランナーになるには

特に必要な資格はありません。但し、人気業界故に応募倍率が高いのがブライダル業界 の特徴です。新卒募集では、学生 3 万人強が応募をし 20 名程の採用という人気のブラ イダル企業もあります。 ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多数ありますが必ずしも専門学校を 卒業しないといけないと言うわけではありません。入社決定者の事例から、全体の9割 が業界未経験です。その中でも営業職・販売職などの経験を 2 年以上積んでいる方が採 用になりやすい傾向を見受けられます。
年齢としては、新郎新婦の年齢が 20 代後半以降が多いことから社会人1年目では難し いことが多くホテルなどでは、新卒として入社後、他部署での経験を重ねてウェディン グプランナーになる方も数多くいらっしゃいます。

先輩プランナーの声

ウェディングプランナーになった人のきっかけ
  • 25歳女性/経験:4年

    学生時代に見たウエディングプランナー講習の張り紙がきっかけとなり、ブライダル業界に興味おもちました。また、接客・営業が好きだったため、新郎新婦と直接やりとりが出来るプランナーになりたいと思い、就職しました。

  • 24歳男性/経験:5年

    姉の結婚式に参列し、両親への花束贈呈のシーンでの手紙を始めて聞き憧れました。

  • 27歳女性/経験:5年

    友人の結婚式に初めて参列したことがきっかけです。
    友人新婦が着替えを終え二次会へ出発する時、別れ際にスタッフの方と抱き合って感謝を述べている光景を見て、こういう仕事があるのだと初めて知り、ウエディングプランナーを目指しました。

現役プランナーに聞いてみた!ずばりウェディングプランナーのやりがいとは?
  • 25歳女性/経験:4年

    『ここの会場・スタッフにお任せ出来て良かったです』と仰って頂けたとき、チームで仕事…

  • 24歳男性/経験:5年

    ご来館いただいたときから始まり、たくさんのストーリーがある中当日を迎え『ありがとう』という目には見ることのできないご褒美をいただいたとき。
    毎週毎週この言葉がやりがいを生んでくれます。

  • 27歳女性/経験:5年

    「あなたに任せて本当に良かった」と言っていただけたことです。これに尽きます!

現役プランナーに聞いてみた!ずばりウェディングプランナーの大変さとは?
  • 25歳女性/経験:4年

    朝早くから遅くまで、お客様のために走り回ることが殆どのため、はじめは身体をついてい…

  • 24歳男性/経験:5年

    土日の時間拘束が長いこと
    長くお客様と付き合うので、ストレスになることがある
    自分に辛いことがあると幸せなお二人を見ることが辛くなることがある

  • 27歳女性/経験:5年

    サービス業なので、多くはお客様主導で動いていきます。
    例えば、土日祝日はカップルの方が式場見学をされることが大半です。
    ご予約無しでご見学にお越しいただく方もいらっしゃいます。この場合は少しでも時間があるスタッフが次の打合せまでの時間を考えながらご対応し、終了次第次の打ち合わせに入るという分刻みの行動が多いです。
    自分の行動だけを把握するのでなく、他スタッフの状況も見ながら時間配分を考え
    お互いに助け合いながら行動することが大切です。

ブライダルサービスの魅力とは?

  • 婚礼サービスの仕事内容とは

    婚礼サービスの仕事は結婚式を挙げるカップルの当日をサポートする仕事です。
    結婚式当日はお二人の大切なゲストが沢山いらっしゃいます。
    お二人に成り代わりゲストをおもてなしする事が大切です。
    サービスの仕事と言っても内容はさまざまです。
    まず、入り口でゲストをお迎えするスタッフ、クロークでお荷物を預かるスタッフ、披露宴で料理を提供するスタッフ、新郎新婦を案内するスタッフなど、すべてのスタッフが自分の仕事をプライドを持って行っています。

  • 婚礼サービスの平日の仕事の流れ

    平日に婚礼が入ることもありますが、基本的には土曜日、日曜日に集中しています。
    土曜日、日曜日の結婚式に向けて準備、確認、打ち合わせ等をするのが平日の仕事です。
    週の前半は前週の片付けや、休日となります。
    水曜日、木曜日で引き出物やその他荷物の確認、引き出物制作、進行や席次等披露宴の内容の確認。
    金曜日で会場の設営、その他スタッフとのミーティング等を行います。

  • 婚礼サービスの仕事内容とは

    週末はいよいよ結婚式当日になります。
    まずは朝の清掃、確認後、新郎新婦のお迎え。
    お二人をメイクルームにご案内、親族やゲストのお迎えをし、控室でのお飲み物の提供
    お着替えのある方のご案内。
    ゲストが集まりましたら、いよいよ結婚式のスタートです。
    結婚式では開演のアナウンスや牧師のお手伝い、フラワーシャワーやブーケトスのご案内。
    その後披露宴会場へのご案内を行い披露宴がスタートします。
    披露宴では新郎新婦のご案内や会場のすべてを取り仕切るキャプテンを中心にサービススタッフが動きます。
    キッチンスタッフと連携をとり、時間通り美しい料理を提供するデシャップ。
    お二人のオリジナルドリンクや美味しいドリンクを制作するバーテンダー。
    料理を提供し、ゲストのお近くでサービスするサービススタッフ。
    すべてのスタッフが披露宴終了まで、お二人になりかわりゲストにサービスしています。

  • 仕事の魅力

    ウェディングサービスの最大の魅力は人々の幸せの瞬間に立ち会える事になると思います。
    結婚式当日のご新郎様、ご新婦様の笑顔。
    これを見るためにサービスの仕事をしているといっても過言ではありません。
    当日までたくさんのスタッフが関わって作り上げてきた形のない結婚式を形にすることが私たちサービススタッフの仕事。
    絶対にミスは冒せない緊張感のある仕事ですが、無事に終了して最後にゲストやお二人からお褒めの言葉を頂いた時の喜びは図り知れません。

  • キャリアステップ

    ウエディングサービスの花形と言えば、やはりご新郎様、ご新婦様のご案内や会場を取り仕切る
    キャプテンになるのではないでしょうか。
    多くのスタッフがクロークやお客様のご案内から始まり、披露宴のサービススタッフ、キャプテンのアシスタントを経てキャプテンへステップアップしていきます。
    キャプテンに必要なスキルは婚礼の知識、料理サービスの技術だけでなく、タイムスケジュールや空間把握能力(いつ、どこで、誰が、何をしているか)も重要な事柄です。
    大きな会場の場合は何人ものキャプテンを統括するマネージャーへのステップアップもあるかと思います。
    また、ウエディングサービスにはたくさんの職種があります。
    それぞれがプロフェッショナルを目指すのも良いかもしれません。

面接対策

応募者の半数以上の方は、企業側(面接官)が求めている志望動機やアピール内容と実際に応募者の方が面接時にお伝えしている志望動機やアピール内容にズレが生じています。その為、不採用理由の7割近くは、志望動機が曖昧、将来どうしたいかが明確ではない、経歴がいまいちピンとこなかった等、面接で『うまく伝わっていない』ことが理由となっています。
当社では下記のことを面接前にご希望等に応じて受講頂いております。
ブライダルビズから、面接を受ける前の3つの準備
  • ❶ Resume 作成・添削サポート
    応募時の『履歴書・職務経歴書』の内容で書類通過率は大幅に変わります。事例として、ご自身で応募しても全く書 類が通らなかった職種に当社コンサルタントが Resume 添削をすることにより全て書類が通過したといった実績が あります。企業側(面接官)がこの応募者と会って話したいと思わせる、そんな Resume の書き方を伝授します。
  • ❷ 企業説明
    中途入社の場合は、ほとんどの企業が新卒採用時のような会社説明会がありません。その為、大半の方は、入社する会社のことをよく理解していないまま入社しています。当社では、各仕事内容や各社の違い等を含めて丁寧に会社や仕事内容のご説明をさせて頂き、ご理解された上で応募へと進んで頂きます。
  • ❸ 業界動向及び市場分析について
    業界には必ず業界ナンバー1のガリバー企業や急成長中の話題の企業があります。それを知ったうえで面接を受けているかどうかで合否に差がつきます。業界に精通している当社だからこそ、業界の略図と各社の動向についてリアルタイムにお伝えします。
ブライダルビズから、書類通過後~選考毎の3つの準備
  • ❶ 身だしなみ・メイク・立居振舞
    業界には業界の身だしなみが存在しています。ただ自分自身ではわかっているようでわからないことも多々あります。 実際に『メイクの濃さ』『ワイシャツやネクタイの色』『髪型』を理由として不採用となっていらっしゃる方がいます。 当社ではブライダル企業への面接時のシャツの色を『白』をオススメしております。また女性の方は、ブライスでは なく、白無地の U ネックのシャツをオススメしております。理由は、ぜひ面談時にご質問ください。
  • ❷ 自己分析
    面接官は、大きく3つのカテゴリーで質問を行います。過去(職務経歴)→現在(自己紹介)→未来(志望動機)それ ぞれの項目について、しっかりと自己分析ができているかが合否の結果に判断されると行っても過言ではございませ ん。上記の3つのカテゴリーに分けて自己分析を行います。
  • ❸ 面接アドバイス
    毎月の入社実績や、企業によっては1次選考を当社へ委託していることもあり、各社に合わせて面接対策及び模擬面接を実施しています。同じブライダル業界でも『人柄重視』の企業もあれば『数字重視』の企業もあり様々です。当社では、転職成功者のデータや面接官からのアドバイスを元に転職者様へ事前にご案内しております。

企業研究

コラム一覧