現役ウェディングプランナーの声~ウェディングプランナーのやりがいと大変な事

今回はウェディングプランナーを目指す方に、
実際に現役でウェディングプランナーとして働いている方の、やりがいや大変な事、ウェディングプランナーとして大切にしている事などの声をお届けします。

是非参考にしてみて下さい*

 

________________________________________________________________

<目次>

1:ウェディングプランナーになったきっかけ

2:ウェディングプランナーのやりがい

3:ウェディングプランナーの大変な事

4:ウェディングプランナーの仕事をする上で大切にしている事

5:まとめ

_________________________________________________________________

 

【ウェディングプランナーになったきっかけ】

 

 

 

・25歳女性/経験:4年

学生時代に見たウエディングプランナー講習の張り紙がきっかけとなり、ブライダル業界に興味を持ちました。
学生時代は接客のアルバイトをしていて接客の仕事が好きだったため、就職活動をする際はお客様に喜んでもらえるサービス業の仕事をしたいと思っていました。
結婚式という感動的で新郎新婦を含め多くの方に喜んでもらえるプランナーの仕事にとても魅力を感じ就職しました。

 

・29歳男性/経験:5年

家族の結婚式に参列し、両親への花束贈呈のシーンでの手紙を初めて聞き、結婚式での幸せな空間と仕事内容に興味と憧れを持ちました。
今まで営業の経験があったので、その経験を活かしブライダル業界で働いていきたいと思いウェディングプランナーでの転職活動を開始しました。

 

・27歳女性/経験:5年

友人の結婚式に初めて参列した事がきっかけです。
友人新婦が着替えを終え二次会へ出発する時、別れ際にスタッフの方と抱き合って感謝を述べている光景を見て、初めてウェディングプランナーの仕事を知りました。
実際に結婚式の詳細やウェディングプランナーの話を聞いてとても魅力を感じ目指す事に決めました。

 

【現役プランナーに聞いてみた!ずばりウェディングプランナーのやりがいとは?】

 

 

 

・25歳女性/経験:4年

『ここの会場・スタッフにお任せ出来て良かったです』と仰って頂けた時です。
ウェディング(結婚式)の仕事はチームで仕事を進めていきます。
実際にプランニングはしますが、当日はドレスやヘアメイク、キャプテンやサービス、音響、カメラ、司会、料理の方など頼れるスタッフと一緒に結婚式を作っていきます。
信頼できるスタッフと一致団結して無事結婚式を終える事ができた時は大きなやりがいを感じます。

 

・24歳男性/経験:5年

ご来館頂いた時から始まり、沢山のストーリーがある中、当日を迎え『ありがとう』という目には見る事のできないご褒美を頂いた時。
当日のお客様の幸せな笑顔を見る事ができた時。
毎週毎週この言葉や笑顔がやりがいを生んでくれます。

 

27歳女性/経験:5年

「あなたに任せて本当に良かった」と言って頂ける事です。これに尽きます!
結婚するお2人にとって一生に一度の大切な日を任されるのでプレッシャーもありますし、自信を無くしてしまいそうな時もありますが、とにかくお客様の気持ちを汲み取り、喜んでもらえる事だけを考えて接客しています。
結婚式を迎える日までの長い期間、何度も打ち合わせを重ねますので新郎新婦様も大変な事が多いと思います。
任せて良かったと言ってもらえる言葉ほど嬉しい事はありません。

 

【現役プランナーに聞いてみた!ずばりウェディングプランナーの大変さとは?】

 

 

 

・25歳女性/経験:4年

朝早くから遅くまで、お客様のために走り回ることが殆どのため、初めはついていくのが大変でした。
デスクワークもありますが、意外と体力も必要です。
今ではすっかり慣れて、逆に体を動かす仕事の方が合っています。
また平日と週末の仕事内容が違ったり、時間も変則な事もあるのでとにかく体調管理は大切です。

 

・24歳男性/経験:5年

土日の時間拘束が長い事。
土日は来館されるお客様や打ち合わせ、ブライダルフェア等があるため、接客件数も多く時間も長くなります。
また担当のお客様の結婚式当日は立ち会うため、早朝から出勤し、帰りが遅くなることも。

今は割り切って、平日で調整して、土日は思いっきり仕事に打ち込むようにしています。

 

・27歳女性/経験:5年

サービス業なので、多くはお客様主導で動いていきます。
例えば、土日祝日はカップルの方が式場見学をされることが大半です。
ご予約無しでご見学にお越しいただく方もいらっしゃいます。
この場合は少しでも時間があるスタッフが次の打合せまでの時間を考えながらご対応し、終了次第次の打ち合わせに入るという分刻みの行動が多いです。
自分の行動だけを把握するのでなく、他スタッフの状況も見ながら時間配分を考えお互いに助け合いながら行動する事が大切です。

 

・29歳女性/経験:5年

どんな仕事でもそうですが、失敗が許されない仕事である事です。
結婚式は新郎新婦、またご家族にとって一生心に残る大切なイベントです。
ほんのささいなミスも新郎新婦にとっては大きな問題です。

常に細心の注意を払って業務に取り組んでいます。
責任が重い分、やりがいも大きく自分自身も成長できる仕事です。

 

【ウェディングプランナーの仕事をする上で大切にしている事】

 

 

28歳女性/経験5年

結婚式を挙げられるカップルが何を1番重要に考えているかを大切にしています。
今まで多くの結婚式を担当させて頂きましたが、新郎新婦が結婚式で重要に考えている事や求めるものは様々です。

新婦にサプライズをして喜んでもらいたいという新郎であったり、ゲストに喜んでもらいたい、おもてないをしたいという事を1番に考え料理や引き出物に拘るカップルであったり、家族への感謝を伝えられる式にしたい、ドレスに1番拘りたい、演出や音楽に拘りたいという方もいらっしゃいます。

結婚式は一生に一度の大切なイベントなので結婚式を挙げられるカップルの1番の希望を叶えられるよう、しっかりヒアリングし聞き出す事を大切にしています。

 

31歳男性/経験10年以上

大切にしている事は笑顔と身だしなみです。

ブライダルの仕事は第一印象がとても大切です。

初めての結婚式場探しで緊張されているお客様も多いので、当たり前ですが笑顔は常に心がけ安心感を持ってもらうるよう心掛けています。

またお客様に不快を与えないよう、身だしなみはしっかり整えています。

 

25歳女性/経験2年

お客様に寄り添う事を大切にしています。

お客様の立場に立って考え自分の会場でできる限りの事をできるよう社内調調整を行うようにしています。
勿論出来ない事もあるのでその際はお伝えしますが、結婚式という幸せな1日をなるべく新郎新婦様の希望に近づけられるよう取り組むようにしています。

 

・30歳女性/経験6年

ウェディングプランナーの仕事はコミュニケーション能力がとても大切だと思います。

多くのお客様と接しますが、年齢や職業、住んでいる場所など様々です。

そのため、お客様の希望の結婚式のスタイルや演出も異なってきます。

お客様それぞれに合わせた話し方や提案を心掛けて取り組んでいます。

また社内での様々な部署や外部とのやり取りがあるため、日ごろからしっかりコミュニケーションを取りチームワークを大切にするようにしています。

 

【まとめ】

いかがでしたか。
ブライダル業界で働くウェディングプランナーの声をお届けしました。

結婚式という華やかで大きな仕事を任されるが故に責任や勤務形態など大変な事もありますが、特別な日のお手伝いができ、多くの方に幸せを感じ、喜んでもらえるとてもやりがいのある仕事です。

そして自分自身も大きく成長できる環境があります。

ウェディングプランナーとして働く方の声も参考に転職活動に臨んでみて下さいね。

 

 

 

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

 

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

__________________