ウェディングプランナーの求人っていつ、どこで出るもの?

 

ウェディングプランナーの求人っていつ、どこで出るもの?

 

 

ウェディングプランナーに憧れていて、仕事にしたい!という方は、まず、どこでどのように転職活動をすれば良いのか気になるところでしょう。
中途採用は様々な媒体、企業で求人が存在します。
ウェディングプランナーの求人がどのようにどこで出され、転職活動をどう行うかチェックしていきましょう。

 

ウェディングプランナーへの転職活動、どうすれば良い?

 

もし、今すでにウェディングプランナーとして活動していなくても、これからキャリアチェンジしてウエディングプランナーとしてのキャリアを歩むことは可能です。
その場合の転職活動先、方法をご紹介します。

 

転職活動先           

ウエディングプランナーになりたいからといって、転職活動を結婚式だけを行なっている企業に絞って活動するだけではありません。
転職先を式場だけにこだわらなければ、ホテルや神社なども含め幅広い業界を視野に進めていきます。
というのも、ウェディングプランナーとして働ける場所は、ゲストハウスなどの専門式場に加え、ホテルの宴会(婚礼)部門や、神社における婚礼部門、プロデュース会社など様々あるからです。

 

転職活動の方法         

直接気になる企業があれば、公式サイトにアクセスし、求人情報をチェックするのもいいでしょう。
公式サイト上で募集がない場合でも、転職サイトや転職エージェントが保有している可能性もあります。
また、企業へ直接応募をするより転職エージェントを介して応募する方が有利な場合もあります。
そして、転職サイトに登録する場合、各サイトで強い業界が存在することが少なくありません。

 

求人が出る時期はいつ頃?

 

続いて、応募や選考時期についてです。
転職者への募集は企業ごとに随時行っているので、一概にこの時期ということは言えません。
転職サイトに登録したり、エージェントに希望を伝え、情報提供を依頼するなどして、条件に合う募集が見つかり次第、応募と選考を受けるフローとなります。
ブライダル業界未経験の場合は、企業ごとに研修を設けている企業が多いです。
すぐに活躍できるわけではありませんので、ある程度の時期は研修期間と考え、いつまでに一人前として活躍していたいのか逆算して、転職活動を行うのも良いでしょう。
また、希望の転職時期があっても、希望する企業の募集がないことも…。
会社は辞めたけれど、募集がなくて無職になってしまい、生活に困る!なんてことになりたくない人は、こまめに求人をチェックして選考を受け進みましょう。
選考も各社回数や内容が異なります。約3ヶ月〜1ヶ月前には動き出す事をおすすめします。

 

求人サイトや企業の情報は要チェック!

 

ウェディングプランナーになるための転職活動方法と時期をご紹介しました。
まずは情報収集が大切です。
中途の場合、とくにこれまでのキャリアと異なる領域への転職となる際は、経験がどう活かせるか、なぜウエディングプランナーになりたいのか語れるよう、スキルの棚卸しをしておくと良いでしょう。

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。