一貫制のブライダル企業一覧&企業情報

 

一貫制のブライダル企業一覧&企業情報

 

 

ウェディングプランナー職へ転職する際に、
「一貫制」「分業制」という言葉を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
転職活動の際に、どちらの企業が良いのか迷われる方もいると思います。

ウェディングプランナーの仕事は、企業によって「一貫制」を採用しているのか、「分業制」を採用しているかによって業務内容が変わってきます。

それぞれに特徴がありますので、自分に合っている制度の企業を選びたいですよね。

今回はそれぞれの違いや特徴と、一貫制のブライダル企業をご紹介します。

※分業制企業一覧はこちら↓
分業制のブライダル企業一覧

 

 

 

一貫制と分業制の違い   

 

 

ウェディングプランナーの主な仕事は
「新規接客業務」「打ち合せ業務」「当日の施工業務」
の3つとなっています。

 

「新規接客業務」
結婚式の会場見学に行くと、ウェディングプランナーが式場の案内やヒアリングなどを行ってくれますよね。

会場見学・ブライダルフェアなどにご参加頂いたカップルに、自社の会場の魅力を伝え結婚式の会場に選んでもらう(成約してもらう)仕事を担当します。

「打ち合わせ業務」
無事成約を頂いた後に、実際の結婚式の打ち合わせの仕事を担当します。
各部署とのミーティングやスケジュール調整・手配業務も行います。

「当日の施工業務」
当日結婚式の責任者として会場全体の指揮統括、新郎新婦のサポートを行う仕事を担当します。
※分業制の場合は、キャプテンが担当する企業が多くなります。

 

このようなそれぞれの業務をウェディングプランナーが分担して行う制度を「分業制」
全ての業務を1人のウェディングプランナーが行う制度を「一貫制」(一顧客一担当制)と呼びます。

 

一貫制のブライダル企業一覧

 

前述したように、ウェディングプランナーが新規の接客業務~当日の施工までを担当する制度が「一貫制」となります。
バンケット数が少ないゲストハウスや、レストランで採用しているケースが多くなっています。

続いて「一貫制」を採用している企業6社をご紹介します。

 

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

「アーカンジェル代官山」
「麻布迎賓館」
「表参道TERRACE」
などゲストハウスを全国に展開。

ゲストハウスの先駆けとして急成長。
ハウスウェディングを中心に、ホテル・レストラン・ドレス・フラワー・コンサルティング、保育園やハネムーン事業など様々な事業を展開しています。
著名人の結婚式のプロデュースや、東京會舘の業務委託など様々なスタイルの結婚式も担当しています。
ウェディングプランナーは一顧客一担当制を採用しており、新規の接客~当日の施工まで担当しています。
完全にオリジナルの結婚式を提案しており、顧客の希望やこだわりに合わせて結婚式をプロデュースする事に力を入れています。

婚礼受注件数・売上高ナンバーワンの業界最大手であるにも関わらず、変化する顧客のニーズに応えるべく様々な取り組みにチャレンジしています。

 

株式会社ディアーズブレイン   

「ザ・ミーツマリーナテラス」
「KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館」
「ディアステージつくばフォレストテラス」
などゲストハウスを全国に23店舗展開。

ハウスウェディングを中心にレストランやドレスなどの事業展開をしています。
その地域に合わせたコンセプトで会場が作られているという特徴があります。
ウェディングプランナーは、新規接客・打合せ・当日の施工(責任者)業務全てを担当する一貫制を採用。

研修制度や働く女性のキャリアサポートなども整っており、6年連続(2017~2022年)働きがいのある会社ランキングのベストカンパニーに選出されています。

 

BLD WEDDINGS株式会社   

「セントラル テラス 東京」
「アニバーサリーアン 恵比寿」
「セント・マーガレット ウェディング」
などウェディング施設を8店舗運営。

ご新郎ご新婦の想いに寄り添い人生の「ハレ」の舞台をつくるためのウェディング施設、その他結婚式でのビューティをサポートする施設、アート・スクール、パティスリーを各2店舗づつ展開しています。
仕事をしながらも子育てや家事、自己啓発など豊かな個人生活も送れるよう、ワーク・ライフ・バランスの実現に取り組んでいます。
ALLフラットな自立組織制度や、自社運営スクール「ウエディングメゾン銀座」で学べる制度、また福利厚生にも力を入れています。
ウェディングプランナーは、新規接客~婚礼施行当日までを担当する一貫制を採用しています。

 

株式会社ブラス         

「アコールハーブ(千葉)」
「ブランリール大阪」
「クルヴェット名古屋」
など直営店型のゲストハウスを全国に23店舗運営。

司会者事務所からスタートし、「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る事」を目的に、ゲストハウスを展開。
貸し切り型のゲストハウスは全て1チャペル・1バンケット・1オープンキッチンとなっています。
ウェディングプランナーは一顧客一担当制となっており、当日の介添えまで担当。
完全にプライベートな環境で、2人らしい自由な結婚式をあげるためのサービスを徹底しています。

その他ドレスショップ、和装専門セレクトショップ、ハワイウェディング、レストラン、司会者派遣、演出の派遣など様々な事業を展開しています。
2018~2021年オリコン顧客満足度調査「ハウスウエディング」において、4年連続で総合第1位を獲得しています。

 

株式会社ワイズテーブルコーポレーション 

「XEX ATAGO GREEN HILLS」
「XEX 日本橋」
「The Kitchen Salvatore Cuomo」
などレストラン事業を展開。

様々なブランドで飲食店を展開。
その中でも全国にある7つのレストランでレストランウェディングを行っています。
ワンランク上のハイグレードな空間で結婚式を演出します。
ウェディング(パーティ)プランナーは、レストランでのパーティやブライダルを希望するお客様への新規接客・打合せ・当日の運営(新郎新婦のアテンドやフォロー含む)まで一貫して担当。

 

株式会社ワールドサービス    

「ルシェルブラン表参道」
「ラ・バンク・ド・ロア(横浜)」
「ザ・ジョージアンテラス(大阪)」
など自社ウェディング施設を全国に7店舗展開。

主軸となっているテーブルクロスのレンタルサービスから始まり、自社婚礼施設・フォトウェディング施設5店舗・ドレスレンタル事業を展開しています。
婚礼施設は異なるコンセプトで全国展開しているため、お客様の要望に合わせたオンリーワンの結婚式の提案ができます。
ウェディングプランナーは、施設によって分業制と一貫制に分かれており、業務の範囲が異なります。
東京・神奈川の施設では一貫制を採用しており、新規の接客・打ち合わせ・挙式当日の運営までを担当します。

 

まとめ・一貫制企業の特徴 

 

 

一貫制のブライダル企業6社をご紹介させて頂きました。
1人のウェディングプランナーが、最初から最後までに新郎新婦に寄り添い、信頼関係を大切にしている企業が多いように感じました。

一貫制の企業でウェディングプランナーとして働いた場合、下記のようなメリットデメリットがあります。

メリット
全て自分でプロデュースできる
様々なスキルを身に付ける事ができる
お客様に安心感を与える事ができる

デメリット
仕事量や労力が多い
得意な業務や専門的なスキルアップが難しい
退職や転職のタイミングが難しい

 

一貫制のウェディングプランナーは、最初~最後まで全て担当するため、分業制よりも業務量が多く大変な面もあります。
一方で、様々なスキルを身に付ける事ができたり、担当したお客様の晴れ姿を見る事ができるのは一貫制ならではのメリットだと思います。

一貫制ウェディングプランナーは
「担当したお客様と長く付き合っていきたい」「結婚式当日(最後)まで見届けたい」「結婚式に関して幅広い知識を付けたい」「ウェディングプランナーとしてスキルを付けたい」
という方に向いている仕事です。

 

弊社では一貫制を採用しているブライダル企業も多く扱っております。

・これからウェディングプランナーの仕事に就きたい
・分業制と一貫制どちらが自分に合っているのか分からない
・未経験からウェディングプランナーになる場合、どちらが良いのか分からない

などウェディングプランナーへの転職に悩んでいる方や、不明な点がある方はお気軽にご相談下さいませ。

参考コラム
ウェディングプランナーの仕事 「一顧客一担当制」と「分業制」の違いは?

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。