飲食店の店長の年収はどの位?ボーナスや昇給はある?給料の上げ方も解説

飲食店の店長はその店舗の責任者として、スタッフ(店員)の統括と店舗の運営業務全般を任されています。
飲食店はサービス業でもあり、常に忙しいイメージがある業界です。

その中でも店舗の責任者として多くの業務をこなす店長は役職者でもあり、どの位の収入があるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は飲食店の店長の給料事情についてお伝えしていきいます。
飲食店で働きたい・将来お店も持ちたいという方は参考にしてみて下さいね。

_____________________________________________
<目次>
1:飲食店の店長の給料
  ・飲食店の店長の平均年収
  ・飲食店の店長の平均月収
  ・福利厚生(ボーナス・昇給)は?
2:飲食企業平均年収ランキング
  ・店長の年収は勤務先によって大きく異なる
3:飲食店の店長の仕事内容
  ・飲食店の店長になるには
4:飲食店の店長の年収(給料)を上げるには
5:まとめ
______________________________________________

 

【飲食店の店長の給料】

 

 

飲食店の店長の給料は勤務先や勤務形態によって多少差があります。

飲食店には個人経営のお店~大手チェーンまであり、業態も以下のように様々です。

・和食
・居酒屋
・焼肉
・ラーメン
・洋食(イタリアン・フレンチ)
・中華
・バー
・カフェ
・ファーストフード
・ファミリーレストラン

 

飲食店の店長の給料は今までの経験や実績・スキルによっても変わってきますが、下記では平均的な年収や月収をお伝えしていきます。

 

■飲食店の店長の平均年収

飲食店の店長の平均年収は310~360万円となっています。(※各転職サイト調べ)

一般の飲食店の店員の平均年収は319万円(※39.4歳)となっていますので、その金額よりは高くなるでしょう。
(※令和2年 賃金構造基本統計調査より)

しかし前述したように、店長は勤務先や経験・働き方によってかなり差がありますので全体の給与幅としては310万円〜多いと年収600万円以上と比較的広くなっているのが現状です。
年収300万円前後の店長もいれば、大手チェーン店の店長になると年収500万円~600万円を超える店長もいます。

 

◎現在の日本の平均年収は433万円・賞与平均は65万円
(※男性:532万円、女性:293万円)
サービス業界の平均年収は314万円、賞与平均は38万円となっており合計353万円

となっています。(※令和2年国税庁調査より)

◎男女の年齢別の平均年収は
25~29歳 男性:393万円 女性:319万円
30~34歳 男性:458万円 女性:309万円
35~39歳 男性:518万円 女性:311万円  

となっています。(※令和2年国税庁調査より)  

飲食店の店長は早ければ20代からなる人もいるため、同じ年代の方や日本の平均年収と比べると低い(安い)水準からスタートとなるのが現状です。
サービス関連の業種だけを見ていくと平均位の水準になります。

 

■飲食店の店長の平均月収

上記年収を換算すると店長の平均年収は約25~30万円となっています。
年収の幅も大きいので月収に関しても、勤務する企業によって多少異なります。

社会保険料や税金などが引かれるため手取りの月給は、額面の金額から4~6万差し引かれた金額となるでしょう。
個人店などに雇われ店長として勤務し、会社が社会保険に加入していない場合は自分自身で国民年金や保険を支払うようになります。

 

■福利厚生(ボーナス・昇給)は?

ボーナス
ボーナスは年2回(6月・12月)支給されるのが一般的です。
飲食店には正社員の他に契約社員や派遣社員・アルバイトスタッフも多くいますが、基本的には正社員のみ支給される事が多くなると思います。

ボーナスの支給を得る資格は対象の在籍期間などが決まっていますので、中途採用の場合は事前に確認しておきましょう。
企業の規模や財務状況、また基本給により支給額は異なりますが一般的には月給1~3ヶ月分の支給が多くなります。

店舗の売上実績や業績によって支給額が変わってくる飲食企業もあります。
大手の飲食企業であれは基本的には支給される事が多くなりますが、規模が小さい飲食店や個人店などは利益によって支給が変わるケースもありますので企業によって異なるでしょう。

昇給
他業界と同様、ずっと同じお給料という事は少なく大体1年に1回年齢に応じて昇給していく事が多いでしょう。
しかし店長としてのスキルや実績がないと上げていくのは難しい事もあります。

 

【飲食企業平均年収ランキング】

 

 

飲食店の店長の平均年収に関してお伝えしましたが、2022年の大手飲食企業の平均年収をご紹介したいと思います。
(※全社員の平均年収となり本部職も含まれますので、参考程度にご確認頂ければと思います。)

 

1位:コメダホールディングス
(店舗名:コメダ珈琲):974万円

2位:スシローグローバルホールディングス
(店舗名:スシロー):848万円

3位:ロイヤルホールディングス
(店舗名:ロイヤルホスト):708万円

4位:吉野家ホールディングス
(店舗名:吉野家):707万円

5位:サンマルクホールディングス
(店舗名:サンマルク):705万円

6位:トリドールホールディングス
(店舗名:丸亀製麺):695万円

7位:WDI
(店舗名:カプリチョーザ):695万円

8位:SRSホールディングス
(店舗名:かつや):689万円

9位:リンガーハット
(店舗名:リンガーハット):668万円

10位:モスフードサービス
(店舗名:モスバーガー):645万円

(※参考サイト名:年収ランキング調べより 2022年4月20日現在)

 

■飲食店の店長の年収は勤務先によって大きく異なる

上記でお伝えしたように店長の年収は就職する企業によっても大きく異なります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査でも飲食店の店員の年収は、企業の規模が大きくなるにつれ上がるという結果が出ており、チェーン展開をしている大手飲食店の年収は比較的高く安定しています。

個人経営の場合は利益率によって、給料が変わってくる事も多いでしょう。
利益率の高い店舗であったり、固定費(家賃や光熱費・人件費等)に関しても任されるような店舗であれば個人店であっても給料が多く支払われる事もあります。

大手飲食チェーンは利益を出す仕組みなどが整っている事から給料や福利厚生など待遇面が整っています。

店長になれば役職手当や、ボーナスの支給・交通費の支給・家族手当、企業によっては深夜手当や残業手当ももきちんと支払われる為トータルの年収は、一般のサラリーマンと同額位の収入を得られるという事も多いでしょう。

その分マニュアルに沿って業務をしていく事も多くなります。

どちらかというと個人店の方が自由が利きやすく、自分のスキルや能力で売上を上げていけたり利益を出すチャンスはあります。

 

【飲食店の店長の仕事内容】

 

 

店長はその店舗の責任者として、スタッフ(店員)の統括と店舗の運営業務全般を任されています。

接客・調理の仕事はもちろんの事、店舗の売上・利益管理、社員やアルバイトスタッフ(接客・調理)の全体のマネジメント・教育・指導も行います。
また企業の規模にもよりますが、集客業務や採用業務を任される事もあります。

集客に関して戦略を練り実行したり、アルバイトの採用業務に関しては、求人の媒体選定から広告の内容まで決定権がある場合もあります。
その場合面接~手続きまで行います。

また日々の売上を管理し営業日報を作成し本社へ報告したり、営業計画書の作成・シフト作成・店長会議・お客様のクレーム対応など業務は多岐に渡ります。

店長の下には副店長がおり、店長業務の補佐や店長不在時の責任者として全体の管理・マネジメントを行います。

 

店長の仕事のやりがい
飲食店の店長の仕事のやりがいは1つの店舗を任されており、自分の手で計画を立てて実行していく事ができる点です。
売上や利益の追求・顧客満足・従業員満足が重要な使命であり、その責任やプレッシャーは大きく大変な面もあります。
しかし計画を練り功を制した時の喜びややりがいは大きく、多くのお客様から感謝の言葉を頂けたり、一緒に働くスタッフと喜びや達成感を分かちあえる事も多い仕事です。

飲食店は接客・調理部門で成り立っておりチームワークが大切になります。
チームスタッフが同じ目標に向かって進めるよう育成やコントロールする事が店長の仕事となり、その結果スタッフの成長やチームワークによって売上を上げる事ができたりお客様満足度につながった時には大きな達成感を感じる事ができます。

 

■飲食店の店長になるには

では店長になるにはどのような道筋があるのでしょうか。

まずは一般の接客スタッフとして経験を積んで、副店長を目指します。
飲食店には調理スタッフもいますが、調理スタッフのキャリアプランとしては調理長を目指す方が多いので店長を目指す場合は接客スタッフからキャリアアップしていく方が多くなっています。

接客スタッフ→副店長と経験を積んで認められれば店長へと昇格します。

店長の後のキャリアプランとしては、幾つかの店舗を統括するエリアマネージャーや本部職への道があります。

 

【飲食店の店長の年収(給料)を上げるには】

 

 

飲食店の店長が年収を上げるには下記の方法があります。

長く勤めてキャリアアップし給料を上げていく
店舗の利益を出して会社の評価を上げる
キャリアプランや福利厚生の整った大手企業に勤める
単価の高いレストランなどで働く
専門的なスキル(接客・調理)を身につける

 

長く飲食店や飲食業界に勤務する事で、店長としてのスキル・能力や、専門的なスキル(接客・調理)をつける事ができます。

そのようなスキルがあり店舗の売上や業績を上げる事ができれば、会社の評価もあがり給与やボーナスに反映してくれるケースや、転職してより良い給与の企業へ勤める事もできます。

また大手企業に勤める事で個人店や中堅の飲食企業よりも年収も上げていく事ができる可能性もあります。

大手企業は福利厚生(残業手当や、休日手当、家族手当などの各種手当)が整っていたり、昇給制度や売上に応じて別途奨励金(インセンティブ)の支給制度があるところもあります。

店長以上のポジションもあるため、キャリアを積む事で給料を上げていく事が可能でしょう。

その他の傾向としては、カフェ等の業態よりレストラン(イタリアン・フレンチ)など客単価の高い飲食店の方が給料が高くなります。

単価が高い事や求められるスキルも多くなるため年収は上がるでしょう。
このように同じ飲食店の店長でも、業態や勤務先によって大きく変わります。

 

【まとめ】

 

 

飲食店の店長の平均的な年収に関してお伝えしました。
日本の平均年収と比べると低い傾向にありますが、飲食業界でしっかり経験を積みスキルや能力をつけ高い評価を得る事で給料を上げていく事ができる職種です。

また勤務する飲食店の企業規模や業態によっても異なり、年収幅は広くなりますので就職・転職活動をする際には会社の制度などをしっかり確認しておきましょう。

就職している企業で年収が上がらない場合は、経験を活かしてより良い環境や給料の企業へ転職するというのも1つの手でしょう。

飲食店の仕事は、多くの人々の生活の中でなくてはならないサービスであり直接お客様から感謝してもらえるやりがいのある仕事です。
自分の働く上での優先順位を確認しながら企業選びをしてみましょう。

弊社でも多くの飲食店の求人を扱っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

 

 

 

この記事に関連するキーワード