ウェディングプランナーの面接で見られている点や聞かれる事は?

ブライダル業界のお仕事は、結婚式に携わる事ができる事からやりがいがあるというイメージが強く、新卒採用・中途採用共に人気の職業です。

その中でもウェディングプランナーの職種は競争率が高いので面接を通過し内定を取るためには、自己分析や業界研究・企業研究をきちんと行い面接対策をする事が重要となります。

今回はブライダル業界・ウエディングプランナーの面接で見られている点や、面接で質問される事、併せて面接を通過するための対策などをお伝えします。

 

 

_____________________________________________
<目次>
1:面接の流れ
2:ブライダル業界・ウェディングプランナーの面接で見られている点
  ・第一印象、マナー、礼儀
  ・コミュニケーション能力、営業力
  ・ホスピタリティ
  ・誠実さ
  ・忍耐力
  ・対応力、問題解決能力
3:ブライダル業界・ウェディングプランナーの面接で聞かれる事
  ・自己紹介
  ・職務経歴
  ・志望動機
  ・入社後の目標
  ・自己PR(長所)
4:ブライダル業界・ウェディングプランナーの面接を通過するための対策
  ・ブライダル業界の研究
  ・ブライダルの職種の研究
  ・企業研究
  ・自己分析
  ・ブライダル専門の転職エージェントを利用する
5:まとめ
_____________________________________________

 

【面接の流れ】

中途採用の場合、書類を通過すると面接になりますが殆どが個別面接であり大体2~3回行われます。

1回目は人事担当の事が多く、2回目は責任者やマネージャー、最終面接では役員の方がする企業も多くあります。

 

【ブライダル業界の面接で見られている点】

 

 

結婚式は新郎新婦にとって人生の節目となる大事なイベントであり金額も高額です。
ウェディングプランナーはその会場の顔として、結婚式の企画と演出を任されているため明るく気持ちの良い接客、礼儀やマナーはしっかり身につけ信頼される事が大切になります。

ブライダル業界の面接は他の業界より第一印象や礼儀・マナーをとても大切にしており、重要視する企業が多いのが特徴です。

式場を探しているカップルにまず最初に接するのはプランナーですので、結婚式場の印象を左右するといっても過言ではありません。

面接官はあなたがウェディングプランナーとして働いた時のイメージを確認しながら面接しています。

お客様との信頼関係がとても大切な事や、ウェディングプランナーに必須な下記の部分を見られています。

礼儀・マナー・ホスピタリティ
コミュニケーション能力:相手の要望を理解する能力
営業力:相手の希望を的確に判断し、冷静に提案していく能力

 

その他にも面接でウェディングプランナーに求められる点を説明していきます。

 

■第一印象・マナー・礼儀

まず1番最初に目にとまるのが身だしなみです。
結婚式場を訪れた時にプランナーの方がきちんとしていなかったら、大切な結婚式を任せられないですよね。
清潔感があるか、きちんと身だしなみを整えているかどうかで、普段の生活スタイルや仕事ぶりが判断されていしまいます。
スーツにしわがないか、靴や鞄に汚れがないか、髪の毛は乱れていないか、メイクは薄すぎたり、逆に濃すぎていないか。
面接前にきちんと確認しましょう。

参考コラム:ブライダル業界の面接対策!面接での身だしなみ(服装・髪型・メイク)・立ち振る舞いを解説

 

面接の最初と最後は必ず笑顔で挨拶をしっかりするようにしましょう。
挨拶はコミュニケーションの基本となります。
面接では緊張してうまく笑顔が出せない事もあると思いますが、笑顔があるとないとでは第一印象が変わってきます。
特にウェディングプランナーは最初にお客様と直接接する仕事なので、笑顔や話し方はとても重要になってきます。
明るくハキハキと、そしてしっかり面接官の目を見て話すようにしましょう。
結婚式は普段とは違う高度なサービスが求められますので、礼儀やマナーは特に大切になります。

 

■コミュニケーション能力・営業力

ウェディングプランナーの仕事はお客様の要望を聞き、自社の会場のサービスやプランを提案していき一緒に結婚式を作り上げていく事です。
特に新規接客の担当になった場合、結婚式を自社であげてもらうために成約を取らなければなりません。
お客様の要望をきちんと聞き出し、理解しその要望に合った提案をしていく事が大切になります。
またお客様の要望を全て聞き入れるのではなく、時には冷静な判断も必要となります。
無理難題を聞き入れるのではなく、要望をできるだけ叶えつつ実現可能な形として提案する事が求められます。
担当するお客様は年齢や職業、こだわりなどが異なりますので個々に合ったコミュニケーション能力が必要となってきます。

 

■ホスピタリティ

ウェディングプランナーの仕事は結婚式での縁の下の力持ちとも言える存在です。
主役である新郎新婦の為に結婚式のプロデュースをし、大切な1日を作り上げていきます。
新郎新婦に寄り添い、気遣い、サポートする事が重要になります。
責任の大きい仕事ですが、それよりも喜びややりがいを感じる事ができる方、人を喜ばせる事が好きというような優しさを持っている人物であるかも判断の1つになってきます。

 

■誠実さ

ウェディングプランナーはその会社(施設)の顔として新郎新婦と接しますので、新規の接客・打ち合わせ業務では誠実にお客様に対応する事が求められます。
結婚式という人生の大切な節目に関わる仕事の為、自分の業務に責任を持って誠実に仕事に取り組める事が重要になります。

 

■忍耐力

ブライダル業界の仕事はやりがいや満足感を感じる事ができますが、一生に一度のイベントである事から責任も大きくプレッシャーもある仕事です。
また基本的にはお客様の都合に合わせて動くため、繁忙期は残業が増えてしまったり休日などが減ってしまう事もあります。
大変な事もマイナスにとらえるよりプラスに考えられ、取り組んでいける姿勢や忍耐力が必要です。

 

■対応力、問題解決能力

様々な年代、そして様々な要望やこだわりがある新郎新婦と接し結婚式のプランニングをしていきます。
ウェディングプランナーは何件も結婚式を担当する事から、新郎新婦はもちろんの事、社内・社外の調整も多くなるため、柔軟な対応力が求められます。
結婚式は決める事も多く、打ち合わせ期間も長いため新郎新婦の間で問題が生じたり、プランが変更になったりという事も多々あります。
問題解決能力や、臨機応変に対応できる能力があるかどうかも判断材料となります。

 

【ブライダル業界の面接で聞かれる事】

 

 

転職(就職)活動において、企業側は企業の方向性と合っているのか、マッチングするのかどうか、
戦力となる人材なのかという事を知りたいため面接では下記の内容を含め様々な質問をします。

 

■自己紹介

面接では1番最初に「自己紹介をして下さい」とよく言われます。
自己紹介は自己PRとは違い、まずは自分を知ってもらうためのものとなりますので簡潔に30秒~1分ほどで伝えるようにしましょう。

伝える事は
氏名
住まい
趣味
現在(前職)の職業:アピールできる点があれば簡単に伝えましょう

等が良いでしょう。

ウェディングプランナーのお仕事は第一印象がとても大切です。
自己紹介をしてもらう事で面接官は第一印象の確認もしていますのでなるべく明るい表情で話し方などにも注意しましょう。

 

■職務経歴

職務経歴は3分程度(長くても5分以内)でまとめておきましょう。
まずは社名を伝え、その次に数字などの実績や得た事を、その経験を入社後どう活かせるか伝えましょう。
職歴が多い方は、応募企業で活かせる経験やスキルを選定し話すようにしましょう。

ウェディングプランナーは接客スキルや営業スキルを求められますので、前職でアピールできる経験があれば積極的に伝えていきましょう。

 

■志望動機(業界・職種・企業)

志望動機は1分程度で伝えるようにしましょう。
ブライダル業界・ウェディングプランナーの面接では下記のように質問されます。

なぜブライダル業界なのか
なぜウェディングプランナーなのか
なぜこの会社なのか(志望理由)

他の業界や職種ではなく、なぜブライダル業界で、ウェディングプランナーなのか、なぜこの会社なのかという事を明確に答えられるようにするために福利厚生や条件面ではなく、その会社の社風や事業内容・経営方針などをしっかり確認しましょう。

 

合わせて
目標(ビジョン)
自分の経歴や能力での強み
会社へ貢献出来る事(採用するメリット)

も一緒に伝えるようにしましょう。

ブライダル業界の場合、憧れや華やかだからという理由で受けている方も多くいますがそのような理由では面接は通過しません。
会社のビジョンや方向性と応募者の思いや目標が一致しマッチングしなければ内定をもらう事はできません。

参考コラム
ブライダル業界の面接対策!志望動機の作り方【例文あり】
ブライダル業界の面接で役立つ!業界研究・企業研究の方法

 

■入社後の目標/キャリアプラン

ブライダル業界・ウェディングプランナーの面接では下記のように質問される事が多くなります。

どんなウェディングプランナーになり、どんなキャリアを積んでいきたいのか
3年後、5年後どうなっていたいか→その為に入社1年、3年でどこまでできるような人材になろうと考えているか

 

企業は入社後の目標を聞く事で以下の確認をしています。

価値観が合うか、マッチングするかどうか
入社後に本人のやりたい事(目標)と、会社のビジョンが一致するかどうかの確認をしています。
本人の価値観や目標が、会社のビジョンや社風、仕事内容と違うと入社しても上手くいかなくなり、離職に繋がってしまうという事があります。
本人の目標と会社のビジョンが合っていれば、長く働いてもらえたり戦力になってくれる可能性が高くなります。

決意表明
仕事に対しての思いや考え、目標などを指します。
社会人として、その企業でどんな目標を持って取り組もうと思っているのか、どういう風に働いていきたいのか、しっかりとしたキャリアビジョンを持っている人材なのかを確認しています。

志望度の高さ
「入社後の目標」を聞く事で、「何故うちの会社なのか」「うちの会社で何をしたいのか」という確認をしています。
きちんと具体的に答えられるようであれば志望度の強さが分かります。
しっかり企業理解をして応募してきてくれたという事が分かるため熱意も伝わります。

企業理解ができているか・働くイメージが沸いているか
企業の事業内容や、会社理念・企業の特徴・ビジョン、また仕事内容などを理解しているのかを確認しています。
入社後の目標の回答が企業の事業内容やビジョンと異なるようであれば、企業の事を理解しないで面接を受けていると思われてしまいます。
きちんと業界や企業の研究をし、入社後のイメージ・働くイメージを持って応募してきてくれたのであれば入社後も目標を持って活躍してくれる人材の可能性が高いと判断できます。

 

■自己PR

自己PRは1分~1分半以内におさめるようにしましょう。
企業によって指定がある場合もありますが、長すぎても短すぎても相手に伝わりにくくなってしまう事があります。
自己PRは、企業で働いた時にどのようなメリットがあり戦力になる人材なのかという事の判断材料となります。
長所と似ていますが、長所は性格面でのアピールになりますので異なってきます。

自己PRでは今までの職歴や経験、実績の中で自分の意志で何か行動を起こし、どう乗り越え、その結果どのような事が得られたのか・身につけられたのか、
入社後にどう活かせる(貢献できる)のかという事が求められています。

企業の方向性や求める人物像に合わせて準備しておく事が重要となります。
自己PRは短い時間で的確に伝える事が大切になりますので、しっかりまとめておきましょう。

 

【ブライダル業界の面接を通過するための対策】

 

 

ブライダル業界の場合、業界・企業・仕事内容をあまり理解しておらず、人気な業界だから、憧れや華やかだからという理由で受けている方も多くいます。
しかしブライダル業界には多くの企業があり、そのサービス内容や特徴、企業のカラーはそれぞれです。

会社の方向性、キャリアプランなども違うため、業界や企業の研究や理解ができていないと、志望理由や将来のビジョンなどが伝えられません。

きちんと業界や企業の研究をし、理解した上で働くイメージを持って応募してきてくれたのであれば入社後も目標を持って活躍してくれる可能性が高くなり、企業もマッチする人材だと評価してくれます。

ブライダル業界・企業の研究をする事は、自分自身が働く上でもその企業と価値観や方向性、キャリアプランが合うかどうか、マッチするかどうかを知るために必要です。

面接を通過するために以下の4つは必ずしておきましょう。

ブライダル業界の研究
ブライダルの職種の研究
企業研究
自己分析

 

■ブライダル業界の研究

ブライダル業界とはホテルや専門式場、ゲストハウスなどで結婚式を挙げられるお客様へのサービスやドレス・ジュエリー・フラワーなど婚礼・結婚に関わる様々なサービスを行う業界の事です。
業界研究とはその業界の特徴を理解する事です。

ブライダル業界は様々な業態・企業・職種で成り立っているため、
業界を知るためには、ブライダルの業態やブライダル企業・ブライダルの職種も理解しておく事が重要です。
またブライダル業界の動向や、ブライダルに関しての知識・用語などをきちんと調べておきましょう。

参考コラム:ブライダル業界の面接で役立つ!業界研究・企業研究の方法

 

■ブライダルの職種の研究

ウェディングプランナー職で面接を受ける場合は、しっかり職種の研究をしておく事が大切です。
同じウェディングプランナーの仕事でも一貫制・分業制などの違いや、結婚式のスタイルや業態によって仕事内容が変わってきます。
また結婚式に携わる仕事はウェディングプランナーを中心に様々な職種のスタッフがいます。

チームで仕事をしていきますので、ウェディングプランナーでの面接であっても結婚式に携わる職種の仕事内容はしっかり理解しておきましょう。

参考コラム
・ウェディングプランナーのお仕事【一貫制と分業制の違い】
・結婚式場によってウェディングプランナーの仕事内容が変わる?
・ブライダル業界の職種とは?結婚式に関わるお仕事

 

■企業研究

企業研究とはその企業の特徴を理解する事です。
しっかり研究する事で理解が深まり、ミスマッチを防げ志望動機なども具体的になります。
なぜこの会社なのかという事が明確になりますのでしっかり行いましょう。

受ける企業の下記の内容を把握しておくと良いでしょう。

企業の基本情報
事業内容・サービス内容・事業(ブライダル施設)展開
企業の特徴・他社(競合)との違い・強み弱み
ブライダル業界内での立ち位置・シェア
将来のビジョン・方向性
採用情報

 

■自己分析

面接において自己分析は大変重要です。
面接では自分自身の事を聞かれますのでしっかり整理しておかないと質問に対してきちんと答える事ができません。
自己分析をすることで自分がウェディングプランナーに向いているのか、
どんなキャリアを積んでいきたいのかなどが明確になってきます。

学生時代や前職での自分の行動や経験を見直し、価値観や仕事への思い・考え方、
また強みや弱みなども再度確認しましょう。

自己分析をする事で上記の事が明確になれば、面接で様々な質問があってもスムーズに答えられるようになります。

 

■ブライダル専門転職エージェントを利用する

 

 

ブライダル業界への転職を考えている人は、ブライダル業界の専門の転職エージェントを利用する事もおすすめです。
ブライダル業界特化型の転職エージェントは、履歴書経歴書の添削や、面接アドバイスなどの就職のサポートをしますので、1人での転職活動よりも書類の通過率や内定率が上がる方が多いです。

業界に特化していますのでブライダル業界の特徴や動向・企業の詳細・仕事内容などを分かりやすくお伝え出来ますのでブライダル業界の経験者も未経験者も転職活動の近道になります。

 

弊社ブライダルビズでもブライダル業界の経験者が社内の多く在籍しており、ブライダル業界の様々な情報をお伝えする事ができますので、ブライダル業界で働きたい方、ウェディングプランナーで転職したい方は一度お問い合わせ下さいませ*

 

【まとめ】

 

 

ブライダル業界・ウェディングプランナーの面接に関してお伝えしました。
内定を勝ち取るためには事前に情報収集し、準備する事が大切になります。

自己分析・業界研究・企業研究をしっかり行い、受ける会社と自分の価値観や共感できる部分、将来的な方向性の一致などを見極め内定を勝ち取りましょう。

弊社から面接に行く際には事前にポイントやアドバイスをお伝えししっかりサポートさせて頂きます。

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。