結婚式場によってウェディングプランナーの仕事内容が変わる!?

 

結婚式場によってウェディングプランナーの仕事内容が変わる!?

 

 

ウェディングプランナーと言っても所属する結婚式場は様々です。

転職活動をする時に、どんな会場スタイルの企業を選べば良いのか・自分はどんな会場があっているのか悩む方も多いのではないでしょうか。

結婚式にはゲストハウス・ホテル・専門結婚式場・レストラン・海外など様々な形態があります。
場所によって結婚式のスタイルや内容が異なるため、同じプランナー職でも仕事内容や求められるスキルが変わってきます。

そのため、どんな結婚式をプロデュースしたいのか、どんなキャリアをつけていきたいのかを見極めて職場選びをする事が大切になります。

今回はウェディングプランナーが所属する結婚式場の違いや仕事内容について説明します。

 

 

 

ゲストハウス       

 

 

お城のような外観、別荘のようなリゾート感、ガーデンやプール等が完備されている洋風な雰囲気が特徴です。

バンケットが一つしかない施設も多く、完全貸切でウェディングパーティーを行う事が可能です。
ゲストハウスによっては1日2組(午前・午後)限定といったところもあります。
そのためガーデンや、チャペルはもちろんゲストハウスを丸ごと自分達で自由に使う事が可能で、プライベート感があるため周りに気を遣う事無くリラックスして過ごせます。
アットホーム感やオリジナル感、非日常感を求められるカップルが結婚式を多く挙げる式場です。
宿泊施設はついていないので別途手配する事になります。

ゲストハウスウェディングプランナーの仕事内容
比較的新しい施設が多く、年齢の若いウェディングプランナーが所属している傾向があります。

バンケットの数が少なく、オリジナルな演出等に拘ったカップルが多くなっています。
基本的には式場のご案内から結婚式のプロデュースまでを一貫して同じ担当が行う「一顧客一担当制」を採用しているゲストハウスが多くなり、企業によっては当日の施工までウェディングプランナーが担当します。
バンケット数が多いゲストハウスでは分業制を採用している企業もあります。

貸し切りで結婚式を行う事ができるため、内容や演出の自由度が高くウェディングプランナーも新郎新婦の希望に沿ってプランニングしていく事ができます。
アットホームな結婚式から、フォーマルな結婚式など様々なオリジナルの結婚式をプロデュースできます。

 

ホテル            

 

 

日本の結婚式のスタイルで代表的なものとなっています。
披露宴会場・控室・宿泊・レストラン・美容室・写真館全てを兼ね備えています。

ホテルならではの整った環境と設備がある事や、教育やサービスや対応も一流である事から、新郎新婦・ご家族・そしてゲストの方も安心して過ごせます。

宴会場の数も多く、様々な大きさやタイプがあり1日に何組もの結婚式が行われます。
家族や親しい友人だけの少人数ウェディングを行う事も出来ますし、100名以上が収容出来る宴会場もあるため、大人数での結婚式をするのにも適しています。
駅からのアクセスも比較的良い場所にある傾向にあるのも、大きなメリットと言えます。

知名度や格式、一定のブランドが確立されており、親族・年配者など幅広い年代の方に支持されている事も特徴の一つです。

ホテルウェディングプランナーの仕事内容
ホテルは宴会部門と宿泊部門の二つを軸としており、ウェディングプランナーは宴会部門の婚礼課に所属する事が多くなります。
一貫性で行っているホテルもありますが、新規接客担当スタッフと打ち合わせ担当スタッフの分業制になっているところが多いようです。
新規接客のスタッフは新規でご来店されたお客様やブライダルフェアに訪れたお客様にご案内や説明を行い、契約までを担当します。
打ち合わせスタッフは契約頂いたお客様と結婚式の打ち合わせ・プランニング・社内調整・手配などを行います。結婚式当日もキャンプテンなどが仕切る事が多くなっています。

また内容や演出はある程度パターンが決められている事が多く、オリジナルでの演出や自由度は低くなります。
そのため、ウェディングプランナーも結婚式の内容や演出に関してのオリジナル性の提案は比較的少なくなります。その分正統な安心感のあるプランのご提案ができます。

 

 

専門式場         

 

 

宴会やレストラン営業を行うところもありますが、基本的には結婚式に特化した施設を指します。
ゲストハウスは、チャペルが1つ、1〜3会場程の披露宴会場に対して、専門式場は、チャペルや披露宴会場が複数ある事が特徴です。
結婚式を専門に行うための施設の為、教会や、式場等の雰囲気づくりや新婦同士がすれ違わないような導線づくりなどが徹底されています。

知名度も高い施設が多く、伝統的なチャペルや神殿、日本庭園などを持っており、神前式、人前式などにも対応が可能。
新郎新婦やゲストの方が過ごしやすい充実した施設になっており、披露宴でのサービスもしっかりしているため安心して結婚式を行えます。

近年では、披露宴会場が同じ施設内に複数あっても、貸切感を感じさせるような建物の作りにリニューアルされている会場もあります。
施設そのものが地域に根付いていたり、歴史を持つため年齢層が高いスタッフも多く見受けられます。
宿泊施設はついていないため、別途手配する事になります。

専門式場ウェディングプランナーの仕事内容
宴会場も様々なタイプがあり結婚式の数も多くなりますが、ウェディングプランナーは分業制と一貫制のところがあります。
料理や装花などの内容や演出はある程度パターンが決められていたり、セット料金になっている事があります。

そのため、ウェディングプランナーも結婚式の内容や演出に関してのオリジナル性の提案は比較的少なくなりますが、様々なコンセプトの会場がある事が多いので新郎新婦の希望に沿った安心感のあるプランのご提案ができます。

 

レストラン        

 

 

少人数ウェディングやアットホームなウェディングの需要増に伴い、近年再度人気が高まっています。
何といっても料理の美味しさがウリ!
通常はレストラン営業をしており、週末の営業を結婚式として貸切スタイルで行われます。
そのため、上記にあげたような専門式場等のように、結婚式の為の施設が充実している事は稀ですが、料理を重視したいカップルやロケーションや景色が良いなどの理由からレストランウェディングを選ぶ事が多いです。

高砂からゲストとの距離が近く、門出を祝福してもらうより今までお世話になった方々へ感謝の気持ちを込めて料理を一緒に楽しんでもらうといったアットホームな披露宴が可能です。
チャペルや宿泊施設はついていないので別途手配する事になります。

レストランウェディングプランナーの仕事内容
専門のウェディングプランナーが常駐している場合もありますが、レストラン営業時はホールスタッフとして働く傍ら、ウエディングの依頼がレストランに入った際にプランナー業務も兼任するというレストランもあります。

また、プロデュース会社やフリーランスのウェディングプランナーがレストランと提携し、ウエディング部分だけを委託している事も多くあります。

ウェディングプランナーはゲストハウスウェディングと同じく一貫性を採用しており、新規接客~打ち合わせ、当日の施工まで担当する事が多くなります。

 

海外(リゾート)      

 

 

海外ウェディングは、主にハワイやグアムなどの国外のリゾート地で親族と友人数名の10~20名ほどで行う結婚式となります。
基本的には、 昼間に教会式を行いその後は家族やゲストと一緒に食お食事会や観光を行う方が多いです。

また最近ではフォトウェディングを行うカップルも多くいらっしゃいます。
国内ウェディングより手間が少なく低予算で挙げられるのも魅力の一つかもしれません。
帰国してから、レストランやゲストハウスなどで披露宴をするケースもあるようです。

海外ウェディングプランナーの仕事内容
海外で挙式をお考えのお客様の結婚式のプランニング・手配を行います。

まず店舗にてお客様の新規の接客を行いご要望をヒアリングし、希望に合う式場やプランのご提案をします。
式場が決まると打ち合わせがスタートします。
挙式~パーティ・衣装・ブーケ・映像・カメラ・アルバム作成などトータルにプランニングします。
お客様は実際に会場を見る事ができないので画像や動画、VRなどを使いながらご紹介していきます。
具体的な内容が決まれば現地のオフィスとやり取りをし手配業務をします。
結婚式当日は主に現地スタッフが施行しますので、プランナーは当日までの打ち合わせを担当します。
往復の飛行機やホテルの手配はもちろん、挙式以外の日やハネムーンも兼ねるようでしたら旅行の手配も行います。
リゾートウエディングは、国内の結婚式と違い家族やごく親しい友人だけを呼んで行う事が多く、宿泊も伴いますのでホテルや現地での観光も含めてトータルプロデュースする事が多くなります。

 

プロデュース会社     

 

 

自社では挙式・披露宴会場を持たず、他社の会場での結婚式をプロデュース・担当します。
元々プロデュース会社はレストランと提携し、レストランウェディングのプロデュースをメインに行っていましたが、自社でゲストハウスを運営する傍ら、レストランなどのプロデュースを行う企業が出てきました。

現在はブライダルのプロデュースのみを行う企業と、自社で婚礼施設の運営もしながら、他社のプロデュースを行う企業があります。
プロデュースする場所はレストランや、神社、公共施設、リゾート、船上などがあります。

プロデュース会社でのウェディングプランナーの仕事内容
プロデュースする場所にもよりますが、基本的にはプロデュース企業に出向いてプランニングしますので一貫制おなる事が殆どで、新規の接客~打ち合わせ・当日まで担当する事が多くなります。
自社の会場ではないため大変な事も多いですが、様々な提携先の会場で経験を積む事ができます。

 

フリーランス       

 

 

結婚式場やホテル等の企業に属せず、新郎新婦と直接契約し、会場探しから結婚式をプランニングまでを担当します。
ブライダル企業でウェディングプランナーの経験を積んだ方が殆どで、もっと新郎新婦の希望に沿ったオリジナルな結婚式を作りたいと思う方や、結婚・出産などである程度自由が利く働き方をしたいという方などが独立してフリープランナーになる方が多いようです。

フリープランナーの仕事内容
通常であれば婚礼カップルは会場選びから始まりその会場のウェディングプランナーと、結婚式の内容を決めていきますが、フリープランナーの場合は会場選びから結婚式まで全て担当してプランニングしていきます。
企業に属していないため、様々なノウハウや人脈作り、営業活動はもちろんの事、責任も自分自身だけとなるため、1人で全て解決していかなくてはなりません。

大変な事も多いですがお客様の希望に沿った結婚式を作り上げる事ができるためやりがいがあります。

また土日休みを取る事ができたり、仕事量を調整したりとライフスタイルに合わせた働き方ができます。

参考コラム:フリーランスウェディングプランナーとは?メリットデメリット・必要なスキルをご紹介

 

ブライダルサロン     

 

 

会社によってブライダルカウンター・ブライダルサロンなど様々な名称があります。
ブライダルサロンは結婚式場やブライダルフェアのご案内をするサロンになります。

ブライダルサロンスタッフの仕事内容
結婚式には様々な形態やこだわりがあります。
アットホームにできる式場や、少人数でできる式場、料理に拘りたかったり、ロケーションが良いところ、また費用を抑えたいなど様々な希望があります。

しかし自分たちだけでは希望に合った式場を見つけられない事も多くあります。
そのためお客様の要望や条件、エリアや予算などをヒアリングしながら希望に合った式場を探しご紹介し、ブライダルフェアや見学会の予約手配を行います。

企業によりますが結婚式場の案内~決定までを担当する事が多くなっています。

式場選びだけではなく、二次会の会場選びや、結婚式に関わる費用や見積もり、ドレスや指輪選びのお手伝い、また様々なお得なキャンペーン情報などもお伝えもします。

結婚式に関する様々なサポートができるお仕事です。

 

まとめ          

 

 

業態によるウェディングプランナーの仕事の特徴をお伝えしました。

基本的にウェディングプランナーの仕事内容は一緒ですが、就職する企業や働く場所によって結婚式のスタイルや仕事内容が変わってきます。

 

【一顧客一担当制が多い】
オリジナルな演出やアットホームにできるゲストハウス
料理が美味しくゲストとの距離も近いレストラン
家族や親しい友人とアットホームに行う海外ウェディング
様々な結婚式をプロデュースできるプロデュース会社

【分業制が多い】
サービスや設備が充実している正統派のホテル
結婚式に特化した専門式場

 

ウェディングプランナーへの転職を考える際には、是非参考にしてみて下さいね!

ブライダルビズでは、その企業ごとのお仕事内容をお伝えさせて頂いておりますので、ウェディングプランナーの仕事に興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。