ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 〜「長所と短所」について〜

〜「長所と短所」について〜

今回は、面接でよく質問される「長所と短所」についてお話をさせて頂きます。

 

 

おそらく新卒で就職する際にも長所と短所を聞かれたと思いますが、中途採用の面接でも同じくよく聞かれる質問でございます。

 

まず、面接の際に企業が「長所・短所」を聞く理由とは?

 

中途採用の面接で企業が聞く背景としましては、簡単に言うと「どんな人なのか」「入社して何ができるのか」「どんな活躍ができるのか」ということになります。そのために様々な質問をされます。

「長所や短所」を聞く理由もそのひとつになり、落とすために意地悪な質問をしているわけでもなく、欠点を探しているわけでもないので、アピールできるチャンスを考えましょう!

また、人柄とともに下記2点を見ていることもあります。

 

 

 

  • 客観視できているか

 

全員が、長所と短所の両方を持っているものです。自分の長所・短所を理解できている人は、自分自身をきちんと振り返り客観視できている人になります。その為「長所を伸ばしながら、短所の改善をしていこうと努力することができる人」と判断されます。

自身の課題と捉えている事実を伝えるために、長所だけでなく短所も理解することで、「この人は短所を改善しようと努力できる人で、成長できる人」という評価に繋がるでしょう。

 

  • 人柄や性格が、社風や雰囲気にマッチするのか

 

企業はこれらの質問を通じて、自社の社風や雰囲気に合っているかどうかを確認するために、応募者の人となりや仕事に対する姿勢、仕事の進め方などで判断します。

入社後にギャップが生じ、双方にとって不幸なことにならないように、社風や雰囲気に合うかどうかは重要視しています。企業には、こうしたミスマッチを減らしたいという考えもあります。

 

 

  • 伝え方のポイント

 

ここでのポイントは、長所は長所・短所は短所というようにそれぞれで伝えていただくことでございます。

 

長所でもあり、短所でもありと伝える方法もございますが、それは表裏一体で、当たり前ことですし、アピールが一つしかできていないことになります。そのため、長所と短所はそれぞれ一つずつご準備くださいませ。

 

また、答えた内容について、面接官はこういった質問もいたします。

 

 

「その短所が仕事にどう影響しましたか」

 

「その短所を◯◯さんはどのように補っていますか」

 

 

と聞かれることもございます。

 

 

短所については、改善したと伝えると短所ではなくなってしまうので、補っていますや意識するようにしていますと伝えることが重要でございます。