ホテルのブライダル部門に転職!魅力とデメリット

結婚式といえば、様々なタイプの会場で行われます。
したがって、ブライダル業界に就職といっても、就職先もバラバラ。
今回はホテルのブライダル部門で働くメリットとデメリットをご紹介します。
 
 
 
ホテルの魅力・メリット
まずはホテルの魅力とメリットから見ていきましょう。
 
・ホスピタリティスキルが身につく…ホテルでは結婚式だけでなく、
一般の宿泊や会議などで利用するお客様へ向けたサービス提供を行っています。
したがって、どのような方へも丁寧かつ、
上質な接客を行う教育がなされているため、最高のおもてなしスキルが身につきます。
ホテルの婚礼で働いていたという経験は、
今後どのような仕事においても信頼が得られる可能性があります。
・知名度があればキャリアになる…有名ホテルともなれば、
そこで働いていたことは実績となり、今後再び転職する際に評価につながります。
また、知名度があれば家族や親戚からの信用や安心感を得られることも。
・あらゆるお客様の要望に応えられる…複合的に施設を設けていれば、
働いているホテル1箇所で宿泊からドレス選び、二次会なども対応でき、
様々なお客様の要望に答えることが可能です。
・人気…なんといってもホテルは結婚式で人気の施設です。
・安定している…ホテルのメインは宿泊です。
したがって、ウェディング業界に逆風が吹いても
運営が困難になる可能性は、式場のみで運営している所と比べ低い可能性があります。
 
ホテルのデメリット
続いて、ホテルのデメリットを見ていきます。
 
・異動がある…ホテルは結婚式以外にも、
宿泊や会議、イベントなど様々な事業を行っています。
したがって、ブライダル部門に就職したとしても、他の部署に異動になる可能性も否定できません。
・施設の制限により対応できないことも…結婚式メインで作られた施設ではないため、
お客様が希望している内容に見合った設備がなかったり、
建物やホテル独自の規定により対応できないこともあります。
自分では他の内容を提案したくでも、制限されてしまうこともあります。
・時間に厳しい…ホテルでは何組もの結婚式が同時進行、
または時間を区切って開催されることも少なくありません。
したがって、貸切にしたいカップルも時間を了承してもらったり、
退出を促さなければならないこともあります。
・混んでいる…ホテル人気の裏返しではありますが、
需要が多い一方、混んでいるので多忙となることもあります。
 
ホテルのブライダル部門に勤めるメリットとデメリットをご紹介しました。
転職を検討する際は、魅力とデメリットともに考慮し、検討しましょう。
 
ブライダルビズは
ブライダル業界に特化をした転職エージェントでございます。
今回ご紹介させていただいたホテルウェディングの求人以外にも
取り扱いがございますのでお気軽にお問い合わせくださいませ♪
 
※ブライダルビズお問い合わせフォーム↓↓※
https://bridal-biz.jp/entry