近年人気!結婚式の人前式スタイルとは?

結婚式の形の1つとして「人前式」という言葉を聞いたことがありますか?
形式にとらわれない挙式スタイルで、近年人気を集めています。
今回はその「人前式」について紹介します。
■様々な挙式スタイル
挙式には大きく分けて4つのスタイルがあります。
1、神前式
神様に向けて結婚を誓う挙式です。日本の伝統的な挙式スタイルで、神社の神殿や式場の和テイストな部屋で行われ、神主様の元「三々九度の盃」「玉串拝礼」「親族盃の儀」などの儀式を行います。
伝統を重んじる方や、家同士のつながりを重視する方が神前式を選びます。
2、仏前式
仏様に向けて結婚を誓う挙式です。
あまりポピュラーではありませんが、こちらも日本の伝統的な挙式スタイルで、お寺や式場の和テイストな部屋で行われ、僧侶様の元「念珠授与」などの儀式を行います。
仏教徒や仏教の教えに共感をする方が選ぶ挙式スタイルです。
3、キリスト教式
キリストに向けて結婚を誓う挙式です。
今の日本では最もポピュラーな挙式スタイルで、チャペルで牧師様の元「賛美歌斉唱」「聖書朗読」「結婚誓約」などの儀式を行います。
また、結婚式を挙げる為につくられたチャペルと、信仰がある方が普段からミサなどに訪れる教会があるので、全ての教会で誰でも結婚式を挙げられる訳ではありません。
4、人前式
参列されたゲストに向けて結婚を誓う挙式です。
近年人気が出てきた挙式スタイルで、司会の進行の元、挙式を行います。
行う場所はどこでもOKで、決まった定型の儀式はなく、基本的に自由。
オリジナリティ溢れた演出が行えます。
■人前式が近年増えている理由
近年、人前式が増えている理由は「個性的で自分達らしい結婚式がしたい。」と考えるお客様が増えているためです。
挙式・披露宴を合わせた結婚式自体も以前のような形式張った派手なものから、自分達らしさを優先する多様化が進んでいます。ガーデンで挙式したり、レストランや船上で披露宴をしたり様々です。
挙式も自分達らしさを追求した結果、宗教や形式にとらわれない人前式という考え方がでてきました。
元々キリスト教ではない方が結婚式はキリスト教式で行うというのは、日本独特な文化で、世界的に見ると挙式は宗教的なもので形が変わる事が多いです。
このような形から、近年日本では神様よりも自分達をいままで支えてくれた参列者に向けて結婚を誓いたいという想いもあるようです。
■人前式の例
人前式の人気の演出をいくつかご紹介します。
1、オリジナルの結婚宣言
キリスト教式で行う「結婚誓約」の儀式をおふたりが考えたオリジナルの文面で行う演出が人気です。
なかでもおふたりの特徴や性格を反映したユニークな宣言をされる方が多いです。
2、ゲスト参加型の演出
ベル、笛、拍手など音の出る演出や挙手をゲストが行い、おふたりの結婚を承認・祝福するスタイルも人前式では定番となっています。
3、公開プロポーズ
ロマンチックなおふたりや婚約はしたものの正式にプロポーズをもらっていない方が人前式で公開プロポーズをするという演出です。
司会の方に進行をしてもらったり、「ダーズンローズ」という新郎から新婦へ12本のバラを贈り、ゲストの前でプロポーズをするというセレモニーにあわせて行ったりすることもあります。
自分達らしさを重視するおふたりが、形式にとらわれない人前式の紹介でした。
今後も多様化がますます進み、人前式もいろいろな演出が生まれると思います。
ブライダルビズとは??
サービス内容はこちらをチェック♪↓↓
https://bleu-c.jp/lp_bridal/