ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > ウェディングプランナーとドレスコーディネーターってどう違うの?

ウェディングプランナーとドレスコーディネーターってどう違うの?

結婚式に欠かせないのが、ウェディングプランナーとドレスコーディネーターのお仕事です。

ブライダル業界への転職を希望するにあたり、どちらを選ぶか迷っているという方もいるかもしれません。

 

人生の中で一大イベントの結婚式。そして女性の永遠の憧れとも言われるウェディングドレス。

 

どちらの職種も思い出に残る最高の結婚式を作るという目的があり、お客様を幸せにする事ができる素敵なお仕事ですよね。

 

ではウェディングプランナーとドレスコーディネーターは一体何が違うのでしょうか。
違いを分かりやすくまとめてみました!

 

・ウェディングプランナーとドレスコーディネーターの違いを知りたい

・ウェディング業界で働きたいけれどどちらの職種が良いのか分からない

 

という方は是非参考にしてみて下さいね。

 

 

 

______________________________________________________________________

 

<目次>

 

1:ウェディングプランナーとドレスコーディネーターの違いって?

・式を担当するか、衣装を担当するか

・それぞれの働く場所

・結婚式当日の参加の有無

・具体的な仕事内容

・お休み・休日

・キャリアプラン

 

2:まとめ

・最高の式作りには両方欠かせない役割

・好きな事を仕事に選んでみましょう

 

_______________________________________________________________________

 

 

【ウェディングプランナーとドレスコーディネーターの違いって?】

 

■式を担当するか、衣装を担当するか

 

ウェディングプランナーとドレスコーディネーターの違い。

 

一言で言うと、

 

・結婚式自体を担当するのか

・衣装まわり(ウェディングドレスやタキシード、アクセサリーなど)を担当するのか

の違いがあります。

 

・ウェディングプランナー

式を作り上げるトータルプロデューサー。

式場を契約する段階から日程調整、式内容の打ち合わせ、当日の運営までを担当します。

 

・ドレスコーディネーター

衣装全般を担当。

結婚式で新郎新婦やそのご家族、またある時にはブライズメイドなどゲストも含め、衣装まわりの事を主に担当します。

 

 

 

 

プランナーも、衣装を把握したり、衣装選びの際の日程調整などを行う仕事もあり、全く衣装とは無関係ではありません。

 

しかし、実際に店舗やサロンへ新郎新婦が訪れた際に、接客したりどのような衣装が良いかヒアリング、提案するのはドレスコーディネーターの仕事です。

 

上記がふたつの仕事における大きな違いですが、以下のような項目も異なる点として挙げられますので、参考にしてみて下さい。

 

 

■それぞれの働く場所

 

・ウェディングプランナー

結婚式場やゲストハウス、ホテルのバンケット部門、レストラン、プロデュース会社などになります

 

・ドレスコーディネーター

式場やホテルに併設されている衣装室や衣装サロン、路面にあるドレスショップといった実際に衣装が置いてある所になります

 

 

■結婚式本番への参加有無

 

・ウェディングプランナー

企業によって変わります。

分業制であれば、新規接客担当、打ち合わせ担当、当日施工と分かれているので、結婚式当日は携わらない事が多いです。

一貫性(一顧客一担当制)の企業であれば、新郎新婦が会場を契約した新規接客の段階から、打ち合わせ、また結婚式当日まで担当します。

 

・ドレスコーディネーター

結婚式当日の参加をする企業は少ないです。

ドレスショップであれば当日の搬送までという事が多く、ホテル内の衣装室であれば、当日もアテンドについたり、着付けまで行う所もあります。

 

 

■それぞれの具体的な仕事内容

 

・ウェディングプランナー

◎結婚式の総合プロデューサーの役割です。
新規接客~新郎新婦と一緒に結婚式を企画し、プロデュースするお仕事です。

 

・新規接客

式場の見学に来たカップルの新規接客を行います。
ヒアリング、会場の案内、料金の説明などを行い契約してもらえるよう会場のメリットを伝えます。

 

・打合せ

ご契約いただいた新郎新婦と結婚式の打ち合わせをします。
決める事は招待状客のリストアップから、引き出物、ドレス、ヘアメイク、写真、料理、演出、音響、司会、装花など多岐にわたります。

 

・各部署とのミーティング、外部企業とのやり取り

ドレスやヘアメイク、音響や司会、装花、料理など各部署とミーティングを行い、準備をすすめます。
各部署の担当者に打ち合わせに入ってもらう事もあります。

また結婚式で使うアイテムや備品などで外部とやり取りする事もあります。

 

・結婚式当日

早めに出勤し、挙式・披露宴会場の確認、スケジュールチェック、各部署の状況確認。
そして新郎新婦のお出迎え、リハーサルを行います。

結婚式が始まると、式の全体責任者として時間通りに進んでいるかなどチェック、各部署への指示出し、新郎新婦のフォローを行います。

無事に結婚式が終われば、新郎新婦をお送りし無事終了となります。

 

・事務作業

その他には結婚式で使う資料の作成や商品の発注、新新郎新婦とメールや電話でのやり取り、請求書の作成など事務的なお仕事も多くあります。

 

 

・ドレスコーディネーター

◎新郎新婦やその親御様の衣装をコーディネートし、結婚式の主役をより輝かせるお仕事です。

 

・新郎新婦様への接客・衣装のご案内

新郎のタキシード、新婦のドレスなど衣装のご提案を致します。

結婚式では大体1回お色直しがあり、新婦はカラードレスや和装に変更するので新郎新婦共に2着以上選ぶ事が多いです。

新郎新婦の希望を聞きながら、ドレスのご提案、またアドバイスをして一緒に選んでいきます。

そして試着をお手伝いし、着た時の印象やサイズの確認をして、実際に結婚式できるタキシードやドレスを決めていきます。

 

・小物合わせ

ドレスが決まると、ドレスに合わせてアクセサリーやベールなど小物合わせを行います。
場所によってはブーケも一緒に選びます。

その際、ヘアスタイルの提案も合わせて行うと当日のイメージが浮かびやすいため、
ドレスコーディネーターは日々ヘアアレンジの練習やトレンドヘアのチェックを行います。

 

衣装や小物類が決まったら、手配業務をしていきます。

 

・タキシード合わせ

タキシード合わせでは、タキシードの色味や形のご提案だけではなく、
シャツや蝶ネクタイ、ポケットチーフなど新郎様の個性を表現できる小物類も
合わせてご提案致します。

 

・列席者様の衣装合わせ

新郎新婦様だけではなく大切なご家族やご親族様の衣装合わせも行なっていきます。

時にはお子様のドレス・タキシードをご案内することもあります。

 

・検品、お直し

挙式で使用する衣装、アクセサリー類の検品作業や、
新婦様のお身体のサイズに合わせてドレスのお直し作業等を行います。
時にはタキシードの丈上げを行うこともあります。

 

・サイズ確認、ウォーキング練習

お直しを入れたドレスを実際にお召し頂き、サイズの確認とウォーキングの練習を行います。
ドレスによって歩き方が異なる為、プロとしてしっかりとレクチャー致します。
時には新郎様と一緒になって練習を行います。

 

・最終確認

挙式当日をお二人にとってご不安の無い状態で迎えて頂くために
使用される衣装・アクセサリー類やお持ち物の確認等、不備が無いか最終のチェックを行います。

その後衣装にスチームがけを行い、お二人のお支度部屋へと衣装搬入を行います。

 

挙式当日のフィッテングはヘアメイクやアテンドが行う為、

基本的にドレスコーディネーターがお二人に携わるのは挙式の前日までとなりますが、インショップの場合は、当日着替えを担当する事もあります。

 

◇このようにお仕事内容は異なりますが、ウェディングプランナーもドレスアドバイザーも最高の結婚式を作るために平日も土日もお客様のために準備をしたり、当日の施工・サポートをしています。

 

 

■お休み・休日

 

続いて両者のお休みの違いについてです。

ほとんど違いはありません。

 

ウエディングプランナーは、土日や祝日に結婚式の打ち合わせや結婚式が入ることが多いため、基本的に土日休みはありません。
一方、ドレスコーディネーターも、土日に来客が多いので基本的に平日のお休みとなります。

 

■キャリアプラン

 

将来的にどんなキャリアを積んでいきたいかでも選択が変わってくると思います。

 

・ウェディングプランナー

→式場やホテルでの管理職(チーフプランナー、マネージャー、支配人など)

→本部職へのキャリアチェンジ(経営企画、人事、総務、広報など)

主にこの2つですが、ウェディングプランナーをずっと続けていきたい場合は現場職にとどまるかフリーランスとして独立して働く方もいます

 

・ドレスコーディネーター

ドレスコーディネーターは勤務先がドレスショップや、式場・ホテルの衣装室となり、結婚式全体に関わるウェディングプランナーよりも規模が小さく、専門性も高い職種です。

 

現場での管理職や本社へのキャリアアップも勿論あるのですが、若干ウェディングプランナーより少ないでしょう。

どちらかというとスペシャリストとして専門性を高める方の方が多いです。

ウェディングプランナーと同じく独立されている方もいます。

 

◇ウェディングプランナーからドレスコーディネーターへ、またドレスコーディネーターからウェディングプランナーへ転職される方もいます。

 

 

 

【まとめ】

 

■最高の式作りには両方欠かせない役割

 

ウェディングプランナーと、ドレスコーディネーターの違いをご紹介しました。

どちらも新郎新婦の希望を叶え、最高の式作りを行うという観点からは欠かせない役割です。

 

■好きな事を仕事に選んでみましょう

 

どちらの職種を希望しようかと悩んだら、

 

・式全体を作り上げていく事に関わりたいのか

・ドレスや衣装のみに関わりたいのか

 

を明確にして、職種を選んでみると良いでしょう。

 

・ウェディングプランナーは自社の式場のご提案

・ドレスコーディネーターはドレスのご提案

 

どちらも、お客様にとって満足のいくような提案やアドバイスをしていきます。

 

けれど扱う商材は変わってきます。

 

どちらが自分の好きなものなのか、好きな事なのか、将来的にどうなりたいのか、じっくり考えてみて下さいね。

 

どちらの職種もお客様を幸せにする魅力的なお仕事なので、悩んでいる方はブライダルビズへご相談下さい♪

 

ご経験からの適正などもございますので、アドバイスさせて頂きます!

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

 

__________________

 

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

 

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

 

__________________