ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > ウェディングプランナーになって大変だった事と乗り越えた方法

ウェディングプランナーになって大変だった事と乗り越えた方法

華々しくやりがいが多いブライダル業界、結婚式を企画・プロデュースし幸せのお手伝いができるウェディングプランナーのお仕事は華やかにみえますよね。

 

けれど他の業界同様大変な面もあります。

 

人によって感じる苦労は様々ですが、今回は私が実際にウェディングプランナーをしていて感じたウェディングプランナーの大変だった事と乗り越えた方法を紹介します。

 

ブライダル業界、ウェディングプランナーの仕事に興味はあるけれど、実際どんな事が大変なのか知りたいという方は是非参考にしてみて下さいね。

 

 

 

______________________________________________________________________

<目次>

1:ウェディングプランナーの仕事内容

2:ウェディングプランナーをしていて大変だった事

・休日が平日

・意外と体力仕事がある

・営業職でもある

・責任感や緊張感が大きい

3:まとめ

_______________________________________________________________________

 

【ウェディングプランナーの仕事内容】

 

ウェディングプランナーをしていて大変だった事をお話する前に、簡単にウェディングプランナーの仕事内容を説明します。

 

・新規接客

式場の見学に来たカップルの新規接客を行います。
ヒアリング、会場の案内、料金の説明などを行い契約してもらえるよう会場のメリットを伝えます。

 

・打合せ

ご契約いただいた新郎新婦と結婚式の打ち合わせをします。
決める事は招待状客のリストアップから、引き出物、ドレス、ヘアメイク、写真、料理、演出、音響、司会、装花など多岐にわたります。

 

※企業によっては、ウェディングプランナーが新規と打ち合わせに分かれている分業制をとっているところもあります。

一貫性で行う企業であれば、新規と打ち合わせの両方を担当します。

 

・各部署とのミーティング、外部企業とのやり取り

ドレスやヘアメイク、音響や司会、装花、料理など各部署とミーティングを行い、準備をすすめます。
各部署の担当者に打ち合わせに入ってもらう事もあります。

また結婚式で使うアイテムや備品などで外部とやり取りする事もあります。

 

・結婚式当日

早めに出勤し、挙式・披露宴会場の確認、スケジュールチェック、各部署の状況確認。
そして新郎新婦のお出迎え、リハーサルを行います。

結婚式が始まると、式の全体責任者として時間通りに進んでいるかなどチェック、各部署への指示出し、新郎新婦のフォローを行います。

無事に結婚式が終われば、新郎新婦をお送りし無事終了となります。

 

・事務作業

その他には結婚式で使う資料の作成や商品の発注、新新郎新婦とメールや電話でのやり取り、請求書の作成など事務的なお仕事も多くあります。

 

◇私が勤務していた職場も一貫性でしたので、こういったお仕事を日々していました。

 

では実際にウェディングプランナーをしていて大変だった事をご紹介します。

 

【ウェディングプランナーをしていて大変だった事】

 

■休日が平日

 

これは勤務したブライダル企業がそうだったという訳ではなく、ブライダル業界やサービス業界であれば当然の事ですが、土日休みがなく、平日がお休みという点です。

こちらでも詳しく説明しています↓↓
ウェディングプランナーの休日と、休日の過ごし方

 

結婚式は土曜日、日曜日、祝日がメインである事が多く、新郎新婦とのお打合せも土日祝で行う事が多い為、ウェディングプランナーの休日は基本的に平日です。

 

結婚式のアイテム類やお客様の備品の搬入など、結婚式の前日準備があるため金曜日もお休みで無い事が多く、月曜〜木曜日をシフト制で休日としている式場が多いです。

 

そのため必然的に土日休みの家族や友人と、休日や長期休暇の予定を合わせづらくなりました。

 

生活のリズムが出来てきて、慣れてしまえば全く問題ないのですが、特に入社後、間もないころは学生時代の友人と一緒に旅行に行けない事に淋しさを感じました。

 

◎しかしその反面、平日休みだと娯楽施設に人が少ないので出かけるのがとても楽でした。

美容院や映画館などの予約も取りやすかったです。
また、交通機関や宿泊施設の価格も平日は格段に安くなるので、お得に旅行ができるもの良い点でした◎

 

どこかに出かけても、人が少ないので落ち着いて1人の時間を楽しめたのはとても良かったです。

夏季休暇や年末年始はあり、結婚式が少ない閑散期はお休みも取りやすかったので、思いっきり楽しみました!

 

■意外と体力仕事がある

 

ウェディングプランナーになる前のイメージは、座り仕事が大半な職種だと思っていましたが、意外と体を動かす事が多いです。

 

企業にもよりますが、担当のお客様の結婚式本番の日は、結婚式にずっと立ち会う事もある為、基本立ち仕事となります。

 

多くはありませんが、繁忙期には8~10時間動き回る日もあります。

 

結婚式以外の日でも、結婚式で使用する搬入物の確認やお客様のご案内などで動いているので、全体の割合としては事務仕事と立ち仕事は5:5くらいになると思います。

 

重い荷物を運ぶというような重労働ではないので体力的な負荷は少ないですが、女性の方であれば最初は低めのヒールを履くことをお勧めします。

 

また勤務時間も結構長い所が多いと思います。

ブライダル業界は繁忙期と閑散期がありますが、繁忙期は1ヶ月に何件も結婚式を担当したり、打ち合わせも多く残業が出てくる事も多々ありました。

その分閑散期に早めに上がったりして調整していました。

 

色々な意味で体力勝負になる面も多いです。

 

■営業職でもある

 

ブライダル業界もやはり企業になるので華々しいイメージとは対照的に、売上数字に対しての意識は持つ必要があります。

 

企業の体制にもよりますが、ウェディングプランナーの仕事形態は新規営業担当と打ち合わせ担当が分かれているを分業制と新規営業~打ち合わせまで全てを担当する一貫性に分かれています。

 

新規営業担当は契約目標がつきますし、打ち合わせ担当のウェディングプランナーであれば客単価とよばれる結婚式の売上が個人の評価に反映されます。

これによってインセンティブがつく企業もあります。

__________________________

※具体的には※

 

◎新規接客担当プランナーの場合のインセンティブ◎
・月間の新規接客の成約数や成約率
→目標とする成約数や成約率を達成した場合に支給されます。
※成約率:成約(獲得)につながった割合

新規接客担当のプランナーは、ご来店いただいたお客様へ結婚式の提案をしていきます。
その成約数・獲得数が多いほど売り上げに繋がります。

 

◎打ち合わせ担当プランナーの場合のインセンティブ◎
・月間の売上金額
→目標とする売上金額:単価のアップ額(数)や単価アップ率を達成した場合に支給されます。

打ち合わせ担当のプランナーは結婚式での色々な商品の提案をしていきます。
(結婚式で使うアイテムや、料理、演出、装花など)
その金額が高ければ高いほど単価が上がり売り上げに繋がります。

__________________________

 

◎憧れのウェディングプランナーのなったものの、営業的要素があって最初は大変だと思う事は多々ありました。

けれど自分の結婚式場が大好きでしたし、良いものを提案していく事で、より良い結婚式を作り上げる事ができたので自信を持っておすすめできるようになっていきました。

 

結婚式で新郎新婦さんやご両親、来賓の方に喜んで頂けた時は、私自身も本当に嬉しかったです。

 

常にノルマが課せられる業界に比べると少ない業界だと思いますが、昇進やキャリアアップにこだわりたい方は、売上を確保することは必須となります。

マネージャーや管理職(式場の場合、支配人と呼ぶ事が多い)では自分の売上だけでなく、部署や式場全体の売上管理を行います。

 

■責任感や緊張感が大きい

 

結婚式という幸せなイベントに携われる一方で絶対に失敗できないという責任感の重さや、緊張感はとても大きくプレッシャーはとても強かったです。

 

結婚式は高額であり(約350~600万)、招待客も多く(約50~100名)新郎新婦にとって一生に一度の大切なイベントですよね。

 

新郎新婦さんにとっても特別なもので一生心に残るものです。

 

結婚式までにスケジュール通りに準備を進めなくてはいけませんし、トラブルもないようにしなくてはいけません。

こだわりを持った新郎新婦さんですと、何度も練り直していく事もあります。

 

間違いや漏れはないか、そして当日はきちんと間違いなく時間通りにスケジュールをこなしているかなど、最新の注意を払って勤務につかなくてはなりませんでした。

 

企業によりますが私の勤務している職場はウェディングプランナーに結婚式の全てを任されているため、当日は各部署の確認や、指示出しなど細かくチェックが必要でした。

 

◎責任感や緊張感が大きく大変な面はありましたが、どんな仕事であってもそれぞれ大変な面はありますし、任せてくれたんだから頑張ろう!とプロ意識を持って取り組みました。

新郎新婦にとって、ウェディングプランナーは安心できて信頼できる心強い存在でなくてはなりません。

 

大変な事はありますが、成功して新郎新婦さんが「ありがとう」と声をかけて下さったり、心から喜んでくれた幸せな笑顔は何にも代え難い喜びです。

そのために、きちんと何度も確認し、しっかり責任を持って初心を忘れず取り組むようにしていました。

 

 

【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか。

 

華々しいところばかりクローズアップされがちなウェディングプランナーですが、他の業界同様に大変な面も勿論あります。

 

しかしこれらを乗り越えて、お客様の結婚式が成功した時に得られる達成感は何ものにも代え難いものです。

 

「結婚式」という幸せで素晴らしいイベントに携われる機会はあまりないですし、こんなにも感謝され喜んでもらえる仕事はそんなに多くはありません。

もしかしたら新郎新婦さんの思い出に一生残るかもしれません。

 

また仕事を通してプランナー職は営業力や、プランニング力、ヒアリング力や礼儀、マナー等色々なスキルを身に着ける事ができます。

大変な仕事ではありますが、その分とても魅力的な仕事であり成長できる部分もとてもあります。

 

今思い出しても楽しく、やりがいがあり、成長できたと思う仕事でした。

 

今後、転職を考える時は、その業界や職種の良い部分と大変な部分の情報を調べてから、検討していく事をオススメします。

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

 

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

__________________