結婚式作りだけじゃない!ウェディングプランナーの仕事【営業】

結婚式作りだけじゃない!ウェディングプランナーの仕事【営業】

 

 

ウェディングプランナーの仕事というと、結婚式を作り上げていくイメージが大きいですよね。

結婚式をあげるカップルの結婚式作りをサポートしプロデュースしていく事が、ウェディングプランナーの重要な役割です。

一方でウェディングプランナーの仕事は、結婚式内容を提案し、当日を迎えるだけではありません。
営業という大切な業務が、結婚式作りの第一歩とも言えます。

ウェディングプランナーとしてどのような事を営業すれば良いのか、具体的に見ていきましょう!

 

 

ウェディングプランナーは営業職? 

 

 

ウェディングプランナーの仕事ととして、営業がイメージできないという方もいるかもしれません。
しかし、営業とは、物を販売したり契約を取ることだけでなく、サービスや良さ、できる事や魅力などをお客様へ正しく伝える事でもあります。

「ウェディングプランナーとして、自社で実現可能な結婚式の良さを伝える」と考えるとイメージがつきませんか?

ウェディングプランナーには、営業職として結婚式という商材を売る事が最初の仕事であり、成約が取れたら売上を上げていくという大きな役割もあります。

ウェディングプランナーの営業はどのような事を行うのか、具体的にご紹介していきます。

 

具体的な仕事内容(新規接客の場合) 

ウェディングプランナーが行う最初の営業は、ウェディングフェアや新規で結婚式場へ来場(見学)頂いたお客様の接客・対応業務を行い、成約を取る事になります。

最初の接客を担当するウェディングプランナーを「新規接客担当」と呼びます。

式場を案内したり、これまで手がけてきた結婚式内容をご紹介したりと、自分、または自分が働く会社ではどのようなウェディングが実現できるのかを伝えます。

しかし、一方的に想いを伝えるだけでは成り立ちません。
主役である新郎新婦にヒアリングを行い、どのようなことを希望しているかを聞き出す事が重要です。
伺う内容として、主に以下の事を聞きます。

 

・結婚式の希望時期
・希望する結婚式のテイスト
・希望の予算

・理想の結婚式内容
・招待客の人数
・予算
・結婚式に対するこだわり  など・・

 

新規接客の役割は、自社の結婚式場の魅力をしっかり伝え「ここで結婚式をしたい!」と思ってもらう事です。
数ある式場の中で自社を選択して頂くために様々なテクニックを駆使し、式場の接客方針や他社の動向も踏まえながら契約に向けて営業をしていきます。

結婚式を検討するふたりが、自社で提供可能な結婚式の内容に納得してくれたら、契約成立となります。
契約手続きの前には、見積書を提出したり、なかなか決定出来ない新郎新婦へどうすれば自社で決定してくれるかを考えながら営業していきます。

新規接客担当においては、月間の目標として成約数や成約率を評価の対象としている企業が多くなっています。
成約率=「成約件数÷新規接客数」で割り出したものです。

 

具体的な仕事内容(打ち合わせの場合) 

前述したように、新規接客担当のウェディングプランナーは成約を取る事が求められる一方で、打ち合わせ担当のウェディングプランナーは売上を上げていく事が求められます。

結婚式の内容を決めていく中で、単価を上げていく役割があります。
例えば、衣装や装花・料理・ウェディングケーキ・映像・引出物などにはいくつかプラン(コース)がありますので、それぞれの単価を上げる=売上の総額を上げる・ゲスト1名あたりの平均金額を上げていくという事が求められます。

打ち合わせ担当になると、「単価を上げる」という営業面が気になってしまう方もいるかもしれませんが、より良い結婚式にするための提案と捉えお客様とコミュニケーションを取っていく事が達成に繋がっていくと思います。

 

営業的要素をお伝えしましたが、数字に関しては企業によって異なります。
個人に営業成績が課せられている企業もあれば、チームで数字目標を設定している企業もあります。

 

営業は全体の仕事のどれ位の割合?

ウェディングプランナーの仕事は多岐に渡ります。
営業から式当日までには、打ち合わせが何回もあり、物品の手配や関係各所の調整など、結婚式まで1年〜1年半ほどの期間をかけて準備するカップルも。

そんな長期に及ぶこともある、結婚式準備でウエディングプランナーが行う営業の割合は、一概には何割と言えないのが現実です。

というのも、新規接客(営業)と打ち合わせをそれぞれのウェディングプランナーが担当する会社(分業制)もあれば、新規接客(営業)から当日の運営までを一人のウェディングプランナーが担当する会社(一顧客一担当制)もあるからです。

新規担当のウェディングプランナーになった場合、成約を取るところまでが仕事となるため業務内容としては営業の割合が殆どになるでしょう。

打ち合わせ担当のウェディングプランナーの場合は、単価を上げていくという部分の営業要素はありますがその他にも手配業務や各部署との打ち合わせ業務、事務的な業務も多くありますので新規接客担当の業務と比べると営業的な要素の割合は少なくなります。

いずれの会社においても、お客様へ結婚式の良さや魅力をプレゼンするという意味では、営業の要素が発生すると考えておくと良いでしょう。

参考コラム
ウェディングプランナーのへの転職!「一顧客一担当制」と「分業制」どちらを選ぶ?

 

まとめ          

 

 

ウェディングプランナーの仕事内容、「営業」の部分についてお伝えしました。

営業と聞くと、
自分に合っているのかな…
大変そう…
ウエディングプランナーの仕事としてやらないといけないの?

などイメージと違う仕事内容に感じる方もいるかもしれませんね。

しかし、より良い結婚式を作りたい!そのためにはどんな事ができて、どんな想いで仕事にあたっているのかお客様へ伝える事はその後の結婚式作りにおいても信頼に繋がり、大切なステップとなります。
営業も結婚式の良さを伝える大切なお仕事です。

初めて結婚式を挙げるカップルにとっては、分からない事や不安な事ばかりですので、きちんとサポートし結婚式を成功させる事がウェディングプランナーのお仕事です。

新郎新婦の希望にそって、様々な提案やアドバイスをする事で最高の結婚式を作り上げていく事ができるのです。

営業という仕事名に抵抗を感じてしまう方は、「ウェディング(結婚式)の魅力をお伝えするコミュニケーション」「結婚式を成功させるためのコミュニケーション」と捉え、チャレンジしてみる事をおすすめします。

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。