ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 結婚式作りだけじゃない!ウェディングプランナーが行う意外な仕事!?【営業】

結婚式作りだけじゃない!ウェディングプランナーが行う意外な仕事!?【営業】

ウェディングプランナーの仕事は、結婚式内容を提案し、当日を迎えるだけではありません。
営業という大切な業務が、結婚式作りの第一歩とも言えます。どのようなことをプランナーとして営業すれば良いのか、具体的に見ていきましょう!
【ウェディンプランナーのお仕事、営業って?】
プランナーの仕事ととして、営業がイメージできないという方もいるかもしれません。
しかし、営業とは、物を販売したり契約を取ることだけでなく、サービスや良さ、できることや魅力などをお客さまへ正しく伝えることでもあります。
「ウェディングプランナーとして、自社で実現可能な結婚式の良さを伝える」と考えるとイメージがつきませんか?次に、プランナーの営業はどのようなことを行うのか、具体的にご紹介します。
 
【具体的に何をするの?】
まず、プランナーが行う営業ですが、ウェディングフェアや問い合わせを元に結婚式場へ来場いただいたお客さまの対応をします。式場を案内したり、これまで手がけてきた結婚式内容をご紹介したりと、自分、または、自分が働く会社ではどのようなウェディングが実現できるのかを伝えます。
しかし、一方的に想いを伝えるだけでは成り立ちません。主役である新郎新婦にヒアリングを行い、どのようなことを希望しているかを聞き出すことが重要です。
伺う内容として、主に以下のことを聞きます。
・結婚式の希望時期
・希望する結婚式のテイスト
・理想の結婚式内容
・招待客の人数
・予算
・(あれば)結婚式に対するこだわり
などなど・・・
結婚式を検討するふたりが、自社で提供可能な結婚式の内容に納得してくれたら、契約成立となります。契約手続きの前には、見積書を提出したり、なかなか決定出来ない新郎新婦へどうすれば自社で決定してくれるかを考えながら営業していきます。
【全体のお仕事のどれくらいの割合?】
ウェディングプランナーの仕事は多岐に渡ります。営業から式当日までには、打ち合わせが何回もあり、物品の手配や関係各所の調整など、結婚式まで1年〜1年半ほどの期間をかけて準備するカップルも。
そんな長期に及ぶこともある、結婚式準備でウエディングプランナーが行う営業の割合は、一概には何割と言えないのが現実です。というのも、営業に特化したスタッフを置いている会社もあれば、営業から当日の運営までを一人のプランナーが担当している会社もあるからです。
ただ、いずれの会社においても、お客さまへ結婚式の良さや魅力をプレゼンするという意味では、営業の要素が発生すると考えておくと良いでしょう。
【営業も結婚式の良さを伝える、プランナーさんのお仕事!】
営業と聞くと、自分に合っているのかな…、ウエディングプランナーの仕事としてやらないといけないの?などイメージと違う仕事内容に感じる方もいるかもしれませんね。しかし、より良い結婚式を作りたい!そのためにはどんなことができて、どんな想いで仕事にあたっているのかお客さまへ伝えることはその後の結婚式作りにおいても信頼に繋がり、大切なステップです。
営業という仕事名に抵抗を感じてしまう方は、「ウェディングの魅力をお伝えするコミュニケーション」と捉え、まずはチャレンジしてみても良いでしょう。
ブライダルビズのサービス内容はこちら↓↓
https://bleu-c.jp/lp_bridal/