バーテンダーに資格は必要?役立つ資格や勉強法をご紹介

ラウンジやバーなどでお酒を作り接客するバーテンダー。

お酒のプロとして働く姿に憧れる人も多いのではないでしょうか。

バーテンダーは年齢制限や必要な学歴などもなく男性も女性も活躍できる職種ですが、バーテンダーになるためにはどんな資格が必要で、仕事をする上でどういった資格を持っていると役立つのでしょうか?

今回はバーテンダーの仕事内容や転職・キャリアアップに役立つ資格をご紹介します。

 

 

_____________________________________________

<目次>

1:バーテンダーとは

2:バーテンダーの仕事内容

3:代表的なバーテンダーの資格2種類

・バーテンダー呼称技能認定試験(受験資格・試験内容・受験料)

・インターナショナルバーテンダー呼称技能認定試験(受験資格・試験内容・受験料)

・その他のバーテンダーの資格

・バーテンダーの資格を取るメリット

4:バーテンダー資格取得の勉強方法

5:まとめ/バーテンダーは資格を持っていると有利になる事がある

______________________________________________

 

【バーテンダーとは】

 

 

バーテンダーとは主にラウンジやバーなどのカウンターで、お客様の要望に合ったカクテルやワインなどアルコール飲料を提供する人を指します。

バーテンダーの意味はBarとTender(相談役、優しい)からできた造語となっています。

その語源通り自身の技術でカクテルを作り、お客様と会話したりコミュニケーションを取りおもてなしをする職種となります。

お客様にお酒を提供し心地よい最適な空間作りをする役割があります。

ホテルバーテンダーや、レストランバーテンダー、町場のバーテンダーなど働く場所は様々です。

 

 

【バーテンダーの仕事内容】

 

 

バーテンダーの主な仕事内容は以下の3つになります。

・カクテル作り/アルコール飲料の提供
・接客/おもてなし
・開店準備/閉店作業


バーテンダーの1番の仕事はカクテル作りやワイン・ビールなどのアルコール飲料の提供になります。

お客様一人ひとりの好みや希望・気分などに合わせて、何百種類とあるお酒の中から選定しカクテルを作ります。

カクテルの種類は数千種類あるとも言われており、お客様に合うぴったりのお酒の提供できるかどうかはバーテンダーの腕にかかっています。

カクテルを作る方法やレシピは様々な種類があり多くの技術が必要となる仕事です。

またお酒を提供すると共に、よりお客様に楽しく満足してもらうおもてなしをするのもバーテンダーの大切な仕事です。
ただ接客すれば良いというわけではなく、お客様の雰囲気を感じ取りながら話したいお客様なのかそれとも1人で静かに飲みたいお客様なのかを見極めコミュニケーションを取っていきます。

バーやラウンジでは様々な年代の方や、職業の方、またホテルや高級店の場合はハイクラスなお客様が来店する事も多くあるため、所作やマナーを意識した高度な接客技術が求められます。

バーテンダーの仕事は基本的に夜からのスタートとなるため、夕方から開店準備を始めます。(※店舗による)
店舗の清掃やカクテルの補充・食材の買い出し・グラスの準備・在庫管理・予約の確認などの流れで準備しスムーズに営業できるようにします。
また氷を作ったりお酒に添えるフルーツカッティング、お酒のつまみとなる簡単な調理などの仕込みも行います。

バーには深夜に来るお客様もいるため、閉店時間は大体0時~3時前後が多くなります。
そのため営業が終わった後に閉店作業となり、店舗の掃除や、片付け、在庫確認・発注、翌日の準備などを行いますので終了時間は深夜遅くなります。

体力も必要となる職種です。

 

下記ではバーテンダーのお仕事に役立つ2つの資格をご紹介していきます。

 

【代表的なバーテンダーの資格2種類】

 

 

バーテンダーとして働く際に必ず必要な資格はありません。

しかし、専門的な仕事でもあるため資格を持っていると転職の際に有利になったり、お客様へ信頼感や安心感を与えられたりと業務をする際や独立する上でも役立つ事が多くなります。

またバーテンダーの大会に出る際に資格が必要となる事もあります。

酒類を扱う内容となりますので未成年は受ける事ができず、バーテンダーの資格を受けられる年齢は20歳以上となります。

バーテンダーには国家資格はありませんが、代表的な資格の種類として下記の2種類の民間資格(検定)があります。

 

日本バーテンダー協会(NBA)主催
・「バーテンダー呼称技能認定試験」
・「インターナショナル・バーテンダー 呼称技能認定試験」

※日本バーテンダー協会:バーテンダーの資質向上のために発足した民間の業界団体です。
多くのバーテンダーが入会しており、講座を受ける事ができたりするバーテンダー関係の機関となっています。

 

どちらの資格も合格すると、認定証と認定バッジが配布されます。
バーテンダーの証をいつでも身につける事ができるので、働く際に知識がある証明になりお客様への安心感や信頼感に繋がります。

事前にしっかりとテキストで勉強をしていれば難易度はそこまで高くないので、比較的合格できる範囲となるでしょう。(※合格率は公表されていません)

 

こちらの資格を詳しく説明していきます。

 

■バーテンダー呼称技能認定試験(受験資格・試験内容・受験料)

バーテンダー呼称技能認定試験は、日本バーテンダー協会(NBA)による資格認定試験です。
バーテンダーとして働く上での、アルコールに関する知識や信頼を得られるように定められた資格となっておりますので、未経験でチャレンジする資格ではなく現在働いている方がスキルアップや知識向上のために受ける資格となっています。

 

受験資格
アルコールを提供している飲食業やサービス業に従事している、もしくはバーテンダーとして働いている20歳以上の者。

 

試験内容(60分)
・学科試験
「N.B.A.新オフィシャルカクテルブック」に掲載されている酒類に関する知識を問う内容となっており、20問出題されます。
100点満点のうち、90点以上が合格となります。

 

受験料
日本バーテンダー協会の正会員:5,250円
非会員:21,000円

合格後の認定バッチの発行は正会員:5,250円
非会員:10,500円となっています

 

■インターナショナル・バーテンダー呼称技能認定試験(受験資格・試験内容・受験料)

インターナショナル・バーテンダー呼称技能認定試験も日本バーテンダー協会(NBA)による資格認定試験となっており、バーテンダー呼称技能認定試験の上位資格になります。
学科試験と実技試験があります。

 

受験資格
N.B.A会員のみ。
協会在籍期間3年以上かつ実務経験7年以上。
「バーテンダー呼称技能認定」を取得して2年が経過した満25歳以上の者。

 

試験内容
・一次試験(60分)
学科試験。
「N.B.A新オフィシャルカクテルブック」に掲載されている酒類に関する知識を問う問題が10問、「衛生テキスト」に掲載されている食品衛生を問う問題が10問出題の計20問となっています。
※合格基準は受験年度によって異なります

・二次試験
実技試験。
フルーツ・カッティング、ステア、シェークの基本的な技術の確認。
各10点の計30点満点。25点以上取れれば合格となります。

 

◎両方で合格点を取らなければ合格とはなりません。
片方が採点基準を満たしていないと次回の試験時にも、1次・2次両方の試験の受験が必要となります。

 

受験料
5,400円
合格認定料:16,200円

 

■その他のバーテンダーの資格

上記以外にバーテンダーに関する資格としては、一般社団法人日本ホテルバーメンズ協会(HBA)が主催する5つの資格があります。

・HBAカクテルアドバイザー(通信講座)
・HBAビバレッジアドバイザー(筆記試験)
・HBAバーテンダー(筆記試験・実技試験)
・シニアバーテンダー(筆記試験)
・HBAマスターバーテンダー(支部長推薦が必須。筆記試験・論文・面接)※難易度は上がります

HBAカクテルアドバイザーとHBAビバレッジアドバイザーは20歳以上であれば経験不問で受験可能です。

 

その他にビア&スピリッツアドバイザー協会(BSA)が主催する
・スピリッツアドバイザー

がありこちらも20歳以上であれば経験不問です。

 

■バーテンダーの資格を取るメリット

バーテンダーとして仕事をする際に資格は必須ではありませんが、前述したように資格を取得する事で酒類に関する様々な知識や技術をつける事ができるため、下記のようなメリットがあります。

・お客様へ安心感や信頼感を与える事ができる
・より良いサービスができ顧客満足度が上がる
・キャリアアップできる
・転職の幅が広がる
・一流ホテルや有名レストランなどへ転職できる可能性がある
・企業によっては資格手当が出るところもある
・独立や開業の時に役立つ

 

【バーテンダー資格取得の勉強方法】

バーテンダーの資格取得やバーテンダーになるためには、専門学校に通う方法や通信講座で学ぶ方法があります。

専門学校では資格取得のカリキュラムがあったり、通信講座を受ける事で資格を取得できるものもあり効率良く学ぶ事できます。

その他の資格でご紹介したHBAカクテルアドバイザーは通信講座を受ける事で自宅で受験する事が可能で資格を得る事ができます。

しかし専門学校や通信講座は時間や費用もかかるため、難しいという方は参考書やガイドブックで独学で学ぶ事も可能です。

現場で経験をつけながら自分に合った方法で勉強する事をおすすめします。

 

【まとめ/バーテンダーは資格を持っていると有利になる事がある】

 

 

バーテンダーの資格に関してお伝えしました。

未経験でチャレンジできる資格もあれば、飲食店などでの実務経験が必要な資格もあります。

資格を持っていると酒類の知識やバーテンダーの技術をより上げていく事ができ、顧客満足にも繋がります。

資格を取得する際や、NBAの会員になるには費用もかかりますが、資格を持っていると転職する際や就職した後に有利(メリット)になる事が多くなります。
また資格があると大会に参加できたり自身もスキルアップできます。

将来独立して自分のお店を経営したい方や、バーテンダーとしての地位を確立したいという方、スペシャリストになりたいという方にも資格取得は役立つでしょう。

 

関連コラム
バーテンダーの年収はどの位?初任給やボーナス・給料の上げ方も解説
・バーテンダーの仕事内容ややりがい・就職先・必要なスキルをご紹介
・バーテンダーになるには~学校・資格・向いてる人~

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

 

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

__________________