海外ウェディングプランナーとは?就職先や仕事内容・なり方を解説

結婚式には様々なスタイルがありますが、近年では結婚式の多様化により海外挙式を選ぶカップルが増えてきています。

予算を抑えてリーズナブルにできる、新婚旅行を兼ねてできる、家族や親しい友人とアットホームにできるなどのメリットがある事や、昨今人気が出ているフォトウェディングの影響もあるようです。

今回は海外挙式のプロデュースで活躍する海外ウェディングプランナーに関して解説していきます。

※主に日本国内で海外の結婚式をプランニングするケースをお伝えしていきます。

 

 

_____________________________________________

目次

1:海外ウェディングプランナーとは

2:海外ウェディングプランナーの就職先

・国内のブライダル企業

・プロデュース会社や旅行代理店

3:海外ウェディングプランナーの仕事内容

4:海外ウェディングプランナーの勤務形態

5:海外ウェディングプランナーになるには

・新卒採用

・中途採用

・海外ウェディングプランナーに資格は必要?英語力は?

5:まとめ

_____________________________________________

 

【海外ウェディングプランナーとは】

主にハワイやグアムなどの海外(リゾート地)で結婚式を上げる方のプランニングをする人を指します。

海外ウェディングプランナーには2つのケースがあります。

1つは日本国内で海外のウェディングをプランニングする場合と、もう1つは現地にて結婚式のプランニングをするケースです。

 

【海外ウェディングプランナーの就職先】

 

 

海外ウェディングプランナーの就職先と仕事内容の形態は大きく3つに分けられます。

 

1:国内のブライダル企業
海外に自社会場を持っている日本のブライダル企業に就職し国内で海外挙式のプランニングするケース

2:プロデュース会社や旅行代理店
自社会場を持たないプロデュース会社や旅行会社などに就職し海外挙式をプランニングするケース

3:海外のブライダル企業
海外で就職し、現地で挙式のプランニングをするケース

 

■国内のブライダル企業(プロデュース会社)

大手ブライダル企業では、海外に自社の式場やチャペルを持っているケースがあります。
国内のサロン・支店に勤務し、自社会場や提携している海外の会場の挙式をプロデュースします。

代表的な企業が下記の企業になります。

 

ワタベウェディング株式会社
リゾートウェディング取り扱いNO.1企業。
ハワイなど海外に23拠点展開しています。(※2022年1月会社HPより)
全国に直営店があり、専任プランナーが挙式・衣装・パーティ・旅行の手配まで、トータルプロデュースしています。
国内外のネットワークも充実しており、現地のチャペルや教会とも提携しているため様々な挙式スタイルの手配が可能です。
ハワイ・グアム・ヨーロッパなどに現地サロンもあります。

 

株式会社グッドラック・コーポレーション(アールイズ・ウエディング)
海外(ハワイ・グアム)・国内(沖縄)リゾートウエディングにおける企画・運営を行っています。
有名ホテルや教会との提携や自社での挙式会場を展開しています。
日本での打合せは国内の専属のウエディングプランナーがプランニングし、現地ではコーディネーターが、前日のお打合せや・挙式・衣装・移動までサポート。
また別で専属のトラベルプランナーがおり新婚旅行など旅のプランニングもトータルでプロデュースしてくれます。

 

株式会社ツカダ・グローバルホールディング
ハワイで7会場、インドネシア・バリ島では2会場を運営しています。
その他に現地の教会の婚礼もプロデュースしています。
日本全国にサロン(支店)があり、ハワイ現地のサロンにも日本人スタッフが常駐しています。
挙式や衣裳のご案内だけでなく、旅行手配、帰国後のパーティーなどトータルでプロデュースしています。

 

■プロデュース会社や旅行代理店

もう1つの就職先は上記のように海外に自社会場を持たないプロデュース会社や、旅行代理店の中に旅行プランと海外挙式をセットで販売・取り扱いを行っている旅行代理店などがあります。
旅行代理店の場合は様々なウェディングのプロデュース会社と連携しており、海外の幅広い挙式やチャペルの提案が可能です。
JTBのウエディング専門店「ウエディングプラザ・ウエディングデスク」は、全国に約100店舗を展開し、専門のコンサルタントが挙式・ハネムーン・パーティー、ご家族やゲストの旅行まで、トータルサポートしてくれます。

 

【海外ウェディングプランナーの仕事内容】

 

 

今回は、海外に自社会場を持っており国内で挙式のプランニングをする日本のブライダル企業でのお仕事内容をお伝えします。

 

海外ウェディングプランナーの役割は海外で挙式をお考えのお客様の結婚式のプランニング・手配を行い、希望の結婚式を実現する事です。

仕事の流れとしてはまず店舗にてご相談に来られたお客様の新規の接客を行い、日程や希望の場所・予算や式の内容・演出などをヒアリングし、希望に合う式場やプランのご提案をします。
最初の接客は2時間半~3時間です。

式場が決まると、結婚式当日までにおよそ3回程打ち合わせを行います。

挙式~パーティ、それに関わる衣装や、ヘアメイク・ブーケ・映像・カメラ・アルバム作成などのオプションを決めトータルにプランニングします。

お客様は実際に会場を見る事ができないので画像や動画、VRなどを使いながらご紹介していきます。

衣装に関しては、企業によりますが自社のドレスショップや国内の提携しているドレスショップで決める事が多くなります。

海外であげるウエディングは、日本のような形式的な結婚式ではなく、アットホームでオリジナル(オーダーメイド)な挙式にこだわる方が多いため、海外のウェディングプランナーにはカップルの希望にそえるようヒアリング力や提案力・コミュニケーション能力が求められます。

具体的な内容が決まりましたら現地のオフィスとやり取りをし手配業務をします。

結婚式当日は主に現地スタッフが施行しますので、プランナーは当日までの打ち合わせを担当します。

旅行業も営んでいる企業であれば、往復の飛行機やホテルの手配はもちろん、挙式以外の日や、ハネムーンも兼ねるようでしたら旅行の手配も行います。

リゾートウエディングは、国内の結婚式と違い家族やごく親しい友人だけを呼んで行う事が多く、宿泊も伴いますのでホテルや現地での観光も含めてトータルプロデュースする事が多くなります。

 

【海外ウェディングプランナーの勤務形態】

勤務時間は、支店のオープン時間に合わせて出勤する事が多くなるため9時~10時の出勤が多いでしょう。

1日の勤務は8時間勤務となります。

海外ウェディングの場合、国内での結婚式のように挙式・披露宴という流れではなく挙式の後に簡単なパーティを行う事が殆どです。

そのため打ち合わせの回数も少なく、当日の施工(進行)がないため国内のウェディングプランナーよりも業務は少なくなります。

そのため残業はそこまで多くなく、お休みもきちんと取れる傾向にあります。

基本的にはお客様の都合に合わせて打ち合わせを行いますので、遅い時間から打ち合わせが始まる事もあったり、打ち合わせが延びてしまった場合は残業になる事もあります。

休日は月8~9回となりますが、土日祝は新規や打ち合わせのお客様などで来店が多いので基本平日休みのシフト制となります。

夏休みや年末年始、産休育休や年次有給休暇、慶弔休暇もきちんと取れる事が多いです。

海外に自社会場を持っている会社なのか、自社会場を持たないプロデュース会社なのかにもよって変わってきますので事前にしっかり確認しておきましょう。

 

【海外ウェディングプランナーになるには】

 

 

海外ウェディングプランナーになるためには、新卒採用と中途採用と2つの方法があります。

 

■新卒採用

高校・短大・大学、ブライダルやホテル・旅行関連などの専門学校を卒業した方が対象となります。

 

■中途採用

未経験から転職する事も可能ですが海外ウェディングプランナーの仕事は提案力やヒアリング力が必要になる事から、社会人としての営業経験や、販売経験・接客経験が必要となる事が殆どです。

またブライダルの知識や、旅行・海外の知識も活かせるためウェディング業界はもちろんの事、海外での経験や旅行業界での経験があるととても有利になります。

ブライダル企業に就職し、サービスやドレス、プランナーとして経験を積んだのちに海外のウェディングプランナーへとキャリアチェンジする方もいます。

 

■資格は必要?

 

 

海外ウェディングプランナーになるために必ず必要となる資格はありませんが、取得する事でブライダル業界や結婚式の仕事内容を知る事ができたり、ウェディングの知識をつける事ができるため実際の業務やキャリアアップに役立つ事があります。

 

ブライダルコーディネート技能検定
結婚式での基礎的な知識や接客技術を習得するものです。

3級は学生やブライダル業界へ転職したい社会人向けの検定となっており、2級や1級は他の検定の合格者や実務経験者のみとなっています。

 

ABC協会認定ブライダルプランナー検定1級、2級
ブライダルについての基本的な知識になり、日本と欧米のウェディングを学べます。

特に欧米(海外)のウェディングの歴史や知識、パーティに関して学ぶ事ができるので海外ウェディングプランナーになりたい人には良いでしょう。
実務経験のない人が対象なので、学生や未経験の方が多く受けています。

 

アシスタントブライダルコーディネーター検定
ブライダル全体の実務に関しての認定資格で、日本のウェディングの基礎知識や最新情報を学べます。

BIAが指定した専門学校卒業予定者や、ホテル・ブライダル業界で働く人が対象となっています。

 

ブライダルコーディネート技能検定3級、
ブライダルプランナー検定1級・2級は誰でも受ける事ができますが、
アシスタントブライダルコーディネーター検定はBIAが指定した対象者のみとなっています。

また企業によっては現地のスタッフとやり取りをすることもあり、英語のスキルが必要な場合もあるので事前に確認しておきましょう。

参考コラム:英語が話せるウェディングプランナーは有利!メリットをご紹介

 

 

【まとめ】

近年増え続けている人気の海外ウェディング。

今回は海外での結婚式をプロデュースする海外ウェディングプランナーのお仕事に関してお伝えしました。

海外での結婚式は国内での結婚式と違い、実際の会場や雰囲気・周りの風景などを事前に見る事ができません。
また長い移動や宿泊も伴いますし、知らない土地での結婚式は新郎新婦にとってもゲストにとっても大変であり不安も多くなります。

そのため海外ウェディングプランナーには新郎新婦の気持ちに寄り添い細かい気遣いや、しっかりサポートをする事が大切になります。

お客様の数だけ違った結婚式の数があり、人生の特別な1日である事からミスが許されない責任が大きい仕事でもあります。

しかし大変だからこそ、結婚式で2人の幸せな姿を見る事ができた時や、無事結婚式が終わり笑顔で「ありがとう」と喜んでもらえた時には大きいなやりがいを感じる事ができます。

新郎新婦だけでなく、ご家族など周りの方の心にも一生にも残る海外ウェディングプランナーの仕事はとてもやりがいがあります。

 

 

 

 

 

弊社ブライダルビズの転職サービスでは、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

ご利用は全て無料ですので、ブライダル業界への転職をご検討の方は是非ご利用下さい。

__________________

ブライダルの求人はこちら↓↓

https://bridal-biz.jp/jobsearch/

転職サポートに申し込む↓↓

https://bridal-biz.jp/entry/

_________________