ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > ベル・フロント・コンシェルジュのお仕事

ベル・フロント・コンシェルジュのお仕事

 

ベル・フロント・コンシェルジュになるには

新卒採用の場合
高校・短大・大学・専門学校を卒業した方が対象となりますが大手の場合は専門学校卒以上となっている事が多いです。

短大や大学では観光系の学部が有利ではありますが、その他の学部でも問題なく受ける事ができます。

業務上、海外のお客様の対応も発生する為、語学を身につけている方はより優位となります。

大卒の場合は、将来的に営業や、広報、人事など管理部門への異動も考えられます。

ホテル系の専門学校では、ホテル業界の知識やマナー、技術、語学を学べたり、実習もあるため就職にあたり有利になるでしょう。
卒業生も多く、学校と企業で太いパイプがあるところもあります。

ホテルの現場職での採用に関しては学歴よりも人物的な評価で判断する事が多いので、専門学校を卒業すると近道になるケースが多いです。

中途採用の場合
エアライン、ホテル業界やブライダル業界、旅行業界の経験があると有利ですが、他業界からの転職も可能です。
ホテルはマナーや礼儀高い接客力などホスピタリティが求められるため、社会人として接客経験が必須となります。
また外国のお客様に接せる機会も多いため、語学を活かせる職に就いていた方は有利になるでしょう。

ベル・フロント・コンシェルジュのお仕事内容

■ベル
到着した宿泊客の荷物を預かり、フロントや客室まで案内する仕事です。
その他に客室に新聞を届けたり、ホテル内の案内なども行います。
多くの宿泊客と接する機会が多いため常に気を配り、明るい笑顔や接客マナー、振る舞いなどが求められます。

■フロント
ホテルのフロントは必ずお客様が1番最初に立ち寄る場所です。
ホテルの顔として明るい笑顔やマナーはもちろんの事、言葉遣いや時には語学力も求められます。
チェックインやチェックアウト、予約管理、お会計、宿泊客への各種案内や手続きなど業務は多岐にわたります。

何かあった時に1番にフロントに確認する宿泊客が多いため、ホテル内の全ての事を把握している事が必要であり各部署との連携も大切になってきます。また海外のお客様対応などもあります。

■コンシェルジュ
宿泊客の様々な問い合わせやリクエストに対応するスタッフです。
専任スタッフとして業務にあたる場合と、フロントスタッフが兼任する場合があります。
ホテル内のご案内だけでなく、観光案内やレストランの予約、レンタカーやチケットの手配など、様々なリクエストに対応します。
お客様にとってより良い方法を提案するので、多くの知識と情報力、また語学力やマナーなど幅広いスキルが求められる職種です。
また海外のお客様対応などもあります。

ベル・フロント・コンシェルジュの勤務形態

ホテルは24時間365日稼働しています。

そのため、ベル、フロント、コンシェルジュの勤務時間はホテルによって変わってきますが、交代制での勤務となり、日勤、夜勤の2交代制か早番、遅番、夜勤といった3交代制になっています。
ベルやコンシェルジュは夜勤の勤務は殆どないですが、フロントに関しては夜勤がある職場もあります。

1日の勤務時間は7.5~8時間が基本となっています。
ベルやフロントスタッフは交代制であり、時間になると次の勤務のスタッフがくるので残業などは、ほぼなく時間通りの勤務ができる事が多いです。
コンシェルジュはお客様の対応が終わった後に、手配業務や事務作業などがあるので残業になる事は多々あります。

休日は月8~9日となりますが、宿泊されるお客様は土日祝が多いため、平日のシフト制が多くなります。

ゴールデンウィークや夏休み、お盆や年末年始など世間が長期的な休みの時期はホテルは繁忙期になるのでスタッフが長期休暇をとるのは難しくなります。
年間のお休みとしては産休育休や年次有給休暇、慶弔休暇が取れます。

ベル・フロント・コンシェルジュのやりがい

1番のやりがいは、お客様に近い立場で接する事ができ、直接お客様から感謝の言葉を頂いたり喜ぶ姿を見る事ができる事です。

ベル・フロント・コンシェルジュ共に、お客様と接する機会がとても多くあります。

ホテルに宿泊するお客様は旅行や観光できている事が殆どなため、お客様が困った時や様々な問い合わせやリクエストに臨機応変にこたえなくてはならなく、きちんとした知識や接客スキル、対応力が必要となってきます。

ベルとフロントスタッフはお客様の最初のお出迎え、コンシェルジュは何でも屋とも言われる位お客様に頼られる仕事となります。

どの職種も「ホテルの顔」とも言え、ホテルの印象を左右する大切な役割があります。

多くのお客様と接する機会が多いからこそ、常に気を配りながら業務につかなくてはなりませんし、業務内容も多岐に渡るため大変な事も多くなります。
他の現場でのクレームを受ける事もあります。
しかしお客様の為に良いサービスを提供する事で、喜んでもらえたり、リピーターになってもらえたりと大変やりがいのあるお仕事です。

お客様を迎えてから、お客様を笑顔で送り出すところまで見る事ができる仕事はとても喜びを感じる事ができる仕事です。

ベル・フロント・コンシェルジュの転職に役立つ資格

特に必要な資格はありません。

以下のような資格があると、転職の際や仕事に就いた際にも役立つでしょう。

■ホテル実務技能認定
サーティファイホテル実務能力認定委員会が実施。
ホテル実務と業界動向をふまえた能力認定試験であり、初級と上級の試験があります。

初級ではホテル業界の宿泊部門や飲料部門などの基本的な知識、上級では高度な接客スキルや経営管理、マネジメントに関する分野まで、広く出題されておりホテル業界で必要とされる業務スキルの証明となります。

■ホテルビジネス実務検定
日本ホテル教育センターが実施。
ベーシック検定2級・1級と、マネジメントレベル2級・1級があります。
ベーシック検定は学生や未経験者が対象となり、各部署の業務内容についての基本的な内容や知識などを問われます。
マネジメントレベルは管理職が対象となり経営、マネジメントが問われます。
ホテル業界やでは評価を得ている信頼できる検定となっています。

近年外国人の観光客も増えていますので英語力が確認できるTOEICやTOEFL、IELIS等の検定を持っていたり、中国語や韓国語が話せると有利になる事が多いです。