ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > サービス【カフェ・その他】のお仕事

サービス【カフェ・その他】のお仕事

サービス【カフェ・その他】になるには

特別な学歴や資格・経験がなくても、未経験から就職できる企業が多いです。

基本的にマニュアルやノウハウがあるので、前向きに取り組む事ができれば未経験でも可能です。

飲食店のサービススタッフは日々多くのお客様と接します。

快適に食事をしてもらうために、コミュニケーション能力や礼儀・マナーが必要となりますし、混雑する事も多いため優先順位などを考えながらテキパキ仕事をこなしていきます。

そのため、飲食経験や接客経験があると有利になりますし、就職した後もスムーズに業務に取り組めるでしょう。

新卒採用の場合
アルバイトなどで飲食や接客の経験があれば有利になります。

中途採用の場合
飲食の経験などがあれば、給与や役職、待遇面などが考慮されます。

飲食店のサービススタッフは細やかな気配りや、コミュニケーション力、接客スキル、明るさなどが求められますので就職活動の際にはそういった部分をアピールしましょう。

サービス【カフェ・その他】のお仕事内容

和食や洋食、イタリアン、フレンチ、スペイン、居酒屋、カフェ、割烹
など
様々な業態があり、サービスの仕事はお客様への接客業務が仕事になります。

接客といっても業務の幅は広く、まずはお客様がご来店された時に席へのご案内をします。

メニューが決まったらオーダーを取り、キッチンに伝え料理の提供をします。

食事が終わったらお会計と後片付け、そして次のお客様を迎えられるようテーブルセッティングなどの仕事があります。

業態や店舗によって業務内容は変わってきますがその他に、ドリンクやデザートを作ったりする事もあります。

また営業時間前から出勤し、掃除をしたり、営業がスムーズに行えるようおしぼりや、お箸、調味料など備品の準備や、テーブルのセッティングなども行います。

サービスの仕事はお店の顔ともいえます。
来て頂いたお客様が楽しく快適に食事をできるよう気配りや、コミュニケーション能力、マナー・礼儀などが必要となる仕事です。

サービス【カフェ・その他】の勤務形態

基本的に拘束時間が長くなります。

店舗の営業時間は決まっていますが、開店前に準備終わらせ、閉店後は片付けや発注業務などがあるため、早出や残業が多くなります。
閉店後にする業務も多く、深夜まで仕事が及ぶという事もよくあります。

企業によってはシフト制にしている所もありますが、飲食店はサービス業であり常に忙しい業界です。
人材不足や業務量が多く予定通りの勤務にはならないのが現状です。

休日は基本平日のシフト制で取るようになり月6~8日のお休みとなります。
土日祝は飲食店は稼ぎ時なので休みは取りにくくなるでしょう。

少し前までは、飲食店はサービス残業や休日出勤が当たり前になっていましたが、最近では改善されてきている企業も多くあります。

店舗に社員が多かったり、アルバイトの人数が確保できていて拘束時間もある程度調整できたり休みもしっかり取れるといったところもあります。

転職する際にはしっかり確認しておきましょう。

サービス【カフェ・その他】のやりがい

直接お客様の笑顔や喜ぶ顔を見る事ができたり、「ありがとう」や「ごちそうさま」などの感謝の言葉を直接頂ける事です。

飲食店の仕事は、常に『お客様の要望は何なのか』を先回りして行動することが求められます。混雑する事も多く、優先順位を決めながら仕事をしていきます。

お客様に不快感を与える事無く、スムーズに仕事をこなせた事で、喜んでもらえたりお店の売上に貢献できたりと達成感を感じる事ができる仕事です。

そして直接お客様とコミュニケーションを取る事ができ、様々な年齢のお客様と接する事ができる楽しみもあります。
お客様が常連になってくれる事も多く、何度も足を運んでくれる事はやりがいに繋がります。

サービススタッフはそのお店の顔ともいえる存在なのでサービススキルは次に来店にも繋がる大きな役割を果たします。

飲食店での仕事はチームワークが大切になるので、皆で協力してお店を回す事ができ、お客様に満足頂けた時には大きいなやりがいを感じるでしょう。

業務スキルや接客スキルを磨く事ができ、リーダーや店長などキャリアアップできる環境がありモチベーションアップにも繋がる仕事です。

サービス【カフェ・その他】の転職に役立つ資格

特に必要な資格はありません。
以下の資格があると、転職する際に役立つでしょう。

■接客サービスマナー検定
NPO法人日本サービスマナー協会が実施しており、接客サービスや接遇、ビジネスマナーの知識や能力を判定する検定で、高度な接客サービス能力を身につけていることが証明されます。

■サービス待遇検定
公益財団法人実務技能検定協会が試験を実施しており、接客サービスに関する知識、技能などの能力を判定する民間の検定試験です。

■レストランサービス技能検定
国家試験になり、飲食業界で働く人を対象に接客の技能を検定するものとなります。
試験は3級~1級まであり、合格者には国家技能検定資格レストランサービス技能士の称号が与えられ認定バッチを付ける事ができます。

受験資格は全て実務経験が必要になり、3級は飲食サービスの実務経験が1年以上、2級は3級取得後2年以上の実務経験、1級は2級取得後4年以上の実務経験が必要となります。


これらの資格は取得する事で自分に自信がつきますし、お客様により良いサービスを提供する事ができます。
高いサービス力があると証明するものになるので転職の際にも有利になる事があります。