ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > キッチン【その他】のお仕事

キッチン【その他】のお仕事

キッチン【その他】になるには

新卒採用の場合
一般的な方法としては調理系の専門学校に通い、知識や技術を習得します。

専門学校では様々なコースがあり、実際の調理器具や設備なども整っているため、しっかりとした環境で学ぶ事ができ就職する際にも役立ちます。

調理技術や知識、食に携わる上で重要な衛生管理やアレルギーなどの知識、また店舗経営などの知識に関しても学ぶ事ができます。

学校と企業でパイプがあるところもあるので就職する際にも有利になる事があります。

調理系の専門学校へ1年以上通うと、無受験で調理師免許を取得する事ができるため、近道になりますし入社後の業務にも比較的スムーズにつく事ができます。

中途採用の場合
年齢や業態にもよりますが、マニュアルがある場合が多いので未経験でも就職できる職場はあります。

アルバイトでも良いので何かしらの調理経験や調理師免許があると有利になります。

調理師免許は、飲食店などで2年経験を積むと受験する事が可能になります。

調理スタッフになれた場合、最初は見習いとして勤務し、経験を積んで調理人としてスキルアップしていきます。

キッチン【その他】のお仕事内容

和食や洋食、イタリアン、フレンチ、スペイン、居酒屋、カフェ、割烹など様々な業態があり、調理の仕事は、飲食店などで来店されたお客様に料理を作る仕事と、学校や病院、老人ホームなどで基本的な献立が決まっており大量に料理を作る仕事があります。

どちらの業態であっても基本的には、食材の仕入れ、仕込み、調理、調理補助、洗い場、後片付け、発注など多岐に渡り業務があり知識や技術が必要となります。

調理の仕事は経験年数や、スキルによって段階によって持ち場が変わります。

飲食店の場合、最初は見習いとして勤務し、掃除や、洗い場、食材の下処理、仕込みなどを担当し、食材や調理器具などを覚えていき、その後担当の持ち場で調理するようになります。

最終的には料理長や調理長、シェフとなり、メニュー開発などの仕事もできるようになります。

また調理の仕事は、料理以外に衛生管理がとても重要な仕事になります。

1回でも食中毒などを起こしてしまうと、営業停止処分や調理師免許の停止措置を受ける事もありますし、お客様からの信用も失い、倒産してしまう場合もあります。

調理の仕事で大切な事は、お客様に喜んでもらうために、正確に、安全に、スピーディーに料理を提供する事になります。

キッチン【その他】の勤務形態

基本的に拘束時間が長くなります。

店舗の営業時間は決まっていますが、開店前に仕入れや仕込みを終わらせ、閉店後は片付けや発注業務などがあるため、早出や残業が多くなります。
閉店後にする業務も多く、深夜まで仕事が及ぶという事もよくあります。

企業によってはシフト制もありますが、飲食店はサービス業であり常に忙しい業界です。
人材不足や業務量が多く予定通りの勤務にはならないのが現状です。

休日は、平日のシフト制で取るようになり月6~8日のお休みとなります。
土日祝は飲食店は稼ぎ時なので休みは取りにくくなるでしょう。
但し、ビジネス街や個人店の場合は、土日祝日を休める飲食店も稀にあります。

少し前までは、飲食店はサービス残業や休日出勤が当たり前になっていましたが、最近では改善されてきている企業も多くあります。

店舗に社員が多かったり、アルバイトの人数が確保できていて拘束時間もある程度調整できたり休みもしっかり取れるといったところもあります。

転職する際にはしっかり確認しておきましょう。

キッチン【その他】のやりがい

自分の作った料理でお客様が笑顔になり喜んでもらえる事です。

お客様から「美味しかった」という言葉を聞けた時や同じお客様が何度も足を運んでくれた時ほどやりがいを感じる事はありません。

調理スタッフは、経験を積むにつれ様々な持ち場を任されたり新しい調理に携わる事ができたり、メニューを考案したりと自分自身もスキルアップできる環境がありキャリアアップもできる仕事です。

サービス業である飲食業界は、長時間勤務や、希望通りの休日が取れなかったりと大変な事も多いです。
様々な料理を作る事でやりがいを感じる事ができ、多くのお客様に満足頂けた時は心から喜びを感じる事ができます。

お客様の楽しい時間を自分の料理で幸せにできる調理の仕事はとてもやりがいがあります。

キッチン【その他】の転職に役立つ資格

必須な資格はありません。
以下の資格があると、就職や転職する際に有利になる事があります。

■調理師免許
国家資格であり、調理技術や衛生知識、食品学、栄養学が身についている事の証明となるもので信用度の高い資格です。

受験資格は2つあります。

1つは各都道府県が指定している調理師の専門学校に1年以上通い卒業する事です。
この場合は受験しなくしても資格を取得する事ができます。

もう1つの方法は、飲食店での調理の実務経験が2年ある事です。

これはアルバイトでもパートでも構いませんが、週4日以上、1日6時間以上と決まっています。


調理師免許がなくても採用される事ありますが、中途採用の場合は、応募資格に調理師免許を持っている事が条件になっている事が多いので、取得しておく事をおすすめします。

また取得する事で調理や食に関して様々な知識がつくので就業してからも役に立つでしょう。