ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > キッチン【式場・レストラン・ホテル】のお仕事

キッチン【式場・レストラン・ホテル】のお仕事

 

 

キッチン【式場・レストラン・ホテル】になるには

新卒採用の場合
一般的な方法としては調理系の専門学校に通い、知識や技術を習得します。

専門学校では様々なコースがあり、実際の調理器具や設備なども整っているため、しっかりとした環境で学ぶ事ができ就職する際にも役立ちます。

調理技術や知識、食に携わる上で重要な衛生管理やアレルギーなどの知識、また店舗経営などの知識に関しても学ぶ事ができます。

卒業生が毎年入社している企業(ホテル・結婚式場・レストラン)とは専門学校とも関係性が構築されます。
その為、一定の企業とパイプが強く、就職する際に有利になる事もあります。

調理系の専門学校へ1年以上通うと、無受験で調理師免許を取得する事ができるため、近道になりますし入社後の業務にも比較的スムーズにつく事ができます。

中途採用の場合
年齢にもよりますが、アルバイトでも良いので何かしらの調理経験や調理師免許があると有利になります。

調理師免許は、飲食店などで2年経験を積むと受験する事が可能になります。

調理スタッフになれた場合、最初は見習い(掃除、準備、洗い場)や仕込み担当として勤務し、経験を積んで調理人としてスキルアップしていきます。

キッチン【式場・レストラン・ホテル】のお仕事内容

披露宴でゲストの方に出す料理、ホテルやレストランに来店されたお客様への料理を担当します。

結婚式での料理は新郎新婦からゲストの方へのおもてなしの1つであり、結婚式の印象を左右するといっても過言ではありません。

レストランでは様々なメニューがあり、オーダーに応じて調理しますが、結婚式の調理の場合は事前にウェディングプランナーとコース料理を決め、決まったメニューを順番に作っていくような流れになります。

ゲストの数も多いので作る量も多くなります。

ホテルでの調理場のトップは総料理長と呼ばれ、式場やレストランの調理場にはシェフがおり現場の責任者として調理はもちろんの事、衛生管理、スタッフの指導も行います。
シェフの下にはスーシェフ、コック、ソーシエ、ブッチャー、ガルド・マンジェなどの担当がおり、それぞれの持ち場によって仕事内容が変わります。

お客様の中にはアレルギーがある方もいるので、事前に確認しメニューを調整する事もあります。

調理の仕事はお客様に満足頂けるよう美味しくスピーディーに、そして安全に作らなくてはなりません。

チームで力を合わせて調理する事が重要になります。

キッチン【式場・レストラン・ホテル】の勤務形態

勤務時間は勤務する企業によって異なります。
式場や結婚式を行うホテルの場合は、平日は仕込みや準備がメインなため、10時~20時などの勤務時間で比較的残業も少なくなります。

土日祝日は、結婚式本番が入りますので準備のため早朝から出勤し、片付け等を終え、翌日の準備をして帰宅します。

レストランの場合は、営業時間によって異なります。

ランチとディナーと両方営業している事が殆どですし、深夜まで営業している場合もあるので、早番・遅番などのシフト制でまわしている事が多いですが拘束時間は長くなる傾向にあります。

休日に関しては、式場、レストラン共に土日祝が忙しいので基本はシフト制の平日休みになります。

企業によりますが大体月6~8日のお休みになるでしょう。

ブライダル企業やホテルは休日などの福利厚生がしっかりしており安定して取れる傾向にあります。

年間のお休みとしては夏休みや年末年始、産休育休や年次有給休暇、慶弔休暇が取れます。

キッチン【式場・レストラン・ホテル】のやりがい

自分の作った料理で、お客様が笑顔になり喜んでもらえる事です。

式場に関しては結婚式という特別な1日の為の調理となり、結婚式を更に華やかにする一生ものの料理を提供します。

ホテルやレストランも通常の飲食以外に、記念日や特別な1日のために利用するお客様が多くいます。

お客様の特別な1日を料理で更に幸せにする事ができます。

料理はそのお店の印象や結婚式の印象を左右するとても重要な役割があります。

調理スタッフは経験を積むにつれ様々な調理に携わる事ができるようになったり、メニューを考案したりと自分自身もスキルアップできる環境がありやりがいに繋がります。

サービス業である飲食業界は、長時間勤務や、希望通りの休日が取れなかったりと大変な事も多いです。
様々な料理を作る事でやりがいを感じる事ができ、多くのお客様に満足頂けた時は心から喜びを感じる事ができます。

お客様の大切な1日を自分の料理で幸せにでき、そしてお客様の思い出に残る事ができる調理の仕事はとてもやりがいがあります。

キッチン【式場・レストラン・ホテル】の転職に役立つ資格

必須な資格はありません。
以下の資格があると、就職や転職する際に有利になる事があります。

■調理師免許
国家資格であり、調理技術や衛生知識、食品学、栄養学が身についている事の証明となるもので信用度の高い資格です。

受験資格は2つあります。

①各都道府県が指定している調理師の専門学校に1年以上通い卒業する事です。
この場合は受験しなくしても資格を取得する事ができます。

②飲食店での調理の実務経験が2年ある事です。
実務経験とは、アルバイトやパートも含みます。
その場合は、週4日以上、1日6時間以上の勤務時間が必要となります。

取得する事で調理や食に関して様々な知識がつくので就業してからも役に立つでしょう。