ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > ブライダルデスクのお仕事

ブライダルデスクのお仕事

ブライダルデスクになるには

新卒採用の場合
専門学校、短大・大学を卒業した方が対象となっています。

中途採用の場合
特に必要な学歴や資格はなくブライダル業界の経験がなくても可能です。
結婚式という高額な商品を扱う事から、きめ細やかな接客サービスやホスピタリティ、マナーや礼儀が必要となってきます。

そのため社会人として接客や販売などのサービス経験が必須となる事が多く、ブライダル業界での経験や営業経験、高額商品の販売経験があると有利になります。"

ブライダルデスクのお仕事内容

ブライダルデスクのお仕事
これから結婚式を検討されるカップルの方へブライダルフェアのご案内や結婚式場をご紹介するお仕事になります。

ブライダルカウンター・ブライダルサロン・ブライダルデスク・ブライダルエージェントなど様々な名称があります。
ブライダルサロンを運営している主な企業は、下記となります。
・ゼクシィカウンター:株式会社リクルートゼクシィなび
・マイナビウェディング:株式会社マイナビ
・ハナユメ:株式会社エイチーム
・みんなのウェディング:株式会社エニマリ


結婚式は、多様化しています。
少人数・リゾート・ホテル・レストラン・屋外・ゲストハウス・専門式場・フォトウェディング・ロケーションフォトなど。
結婚式自体を行わない無し婚カップルもいらっしゃいます。

何から始めれば良いかわからない為、
アットホームな式場が良い、少人数でできるところ、料理に拘りたかったり、ロケーションが良いところ、また費用を抑えたいなど様々な希望があります。

しかし自分たちだけでは希望に合った式場を見つけられない事も多くあります。

そのためお客様の要望や条件、エリアや予算などをヒアリングしながら希望に合った式場を探しご紹介し、ブライダルフェアや見学会の予約手配を行います。
時間は大体1時間半~2時間ほどです。
見学後は電話やメールなどでフォローしていきます。

企業によりますが結婚式場の案内~決定までを担当する事が多いです。

式場選びだけではなく、二次会の会場選びや、結婚式に関わる費用や見積もり、ドレスや指輪選びのお手伝い、また様々なお得なキャンペーン情報などもお伝えもします。

ブライダルデスクの勤務形態

1日の勤務時間は8時間となります。

店舗の営業時間によって多少異なりますが、働いている方も多く仕事終わりに来社する方もいるので夜遅くなる事もあります。

そのため、多くの企業が早番や遅番と勤務形態が分かれています。

休日は月8~9回ですが、土日の来社が多くなるため、原則土日は出勤となる事が多くなります。
企業によりますが、平日のシフト制でお休みを取る事が多いようです。

また結婚式場と異なり、年間休日数が多いのも特徴です。
最大の企業では年間休日145日となっています。

その為、夏休みや年末年始、産休育休や年次有給休暇、慶弔休暇などきちんと取れる事が多いです。

ブライダルデスクのやりがい

結婚する2人が理想の結婚式場を見つける事ができ、喜んで頂けた時です。

ご来店されるお客様は何も決まっていない事が殆どで、悩んだり不安に感じているお客様も多くいます。
自社会場のウェディングプランナーの場合は自社のみの式場提案となりますが、ブライダルサロンの場合は、
多数の結婚式場からお客様のご要望に合う式場を一緒に探すことができるもやりがいの一つです。

そのため、じっくりとお二方のご希望をヒアリングしながら幾つかの式場をご提案していきます。
2人にとって大切な結婚式の為、時にはアドバイスもしながらなるべくお客様の希望に添えるよう提案していかなくてはなりません。

一生に一度しかない特別なイベントの為、責任も重いですが、その分理想の結婚式場が決まりお客様のほっとした笑顔を見た時はとてもやりがいを感じる事ができます。

結婚式場だけでなく、結婚式に付随するサービス(ドレス・指輪など)などのアドバイスもでき、お客様をサポートする事ができます。

お客様の人生の大切な節目である幸せな日のサポートができるやりがいのあるお仕事です。

ブライダルデスクの転職に役立つ資格

特に必要な資格は特にありませんが、取得する事でより深くブライダル業界を知る事ができたり、転職をする時や仕事をする時に役立つでしょう。

■ブライダルコーディネート技能検定

結婚式での基礎的な知識や接客技術を習得するものです。
3級は学生やブライダル業界へ転職したい社会人向けの検定となっており、2級や1級は他の検定の合格者や実務経験者のみとなっています。

■ABC協会認定ブライダルプランナー検定1級、2級

ブライダルについての基本的な知識になり、日本と欧米のウェディングを学べます。
実務経験のない人が対象なので、学生や未経験の方が多く受けています。

■アシスタントブライダルコーディネーター検定

ブライダル全体の実務に関しての認定資格で、日本のウェディングの基礎知識や最新情報を学べます。
BIAが指定した専門学校、大学の2年次修了予定者、ホテル・ブライダル業界で働く人が対象となっています。

ブライダルコーディネート技能検定3級、
ブライダルプランナー検定1級・2級は誰でも受ける事ができますが、
アシスタントブライダルコーディネーター検定はBIAが指定した対象者のみとなっています。