ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 結婚アドバイザーのお仕事

結婚アドバイザーのお仕事

結婚アドバイザーになるには

新卒採用の場合
専門学校、短大・大学を卒業した方が対象となっています。

専門学校や短大、大学で特に有利な学部などはありませんが、人と接せる仕事のため、心理学やコミュニケーション学、美容、ブライダル関連などであれば学んだスキルを生かす事ができます。

中途採用の場合
特に必要な学歴や資格はなく結婚アドバイザーやブライダル関連の経験がなくても可能ですが、人生において重要な結婚に関する職種であり、金額も高額なため、きめ細やかな接客サービスや気配り、マナーや礼儀が必要となってきます。

そのため社会人として接客や販売などのサービス経験が必須となる事が多く、ブライダル業界での経験や営業経験、高額商品の販売経験があると更に有利になります。

結婚アドバイザーのお仕事内容

結婚相談所に勤務し、結婚相手を探している会員さまの成婚(=プロポーズ)まで結びつける仕事になります。
企業によっては、結婚カウンセラー・婚活アドバイザーなどと呼んでいます。

結婚アドバイザーは、登録している会員さまに対して、希望しているお相手の条件(年齢・職業・容姿・年収・学歴・住居・趣味など)や性格があいそうな方を見つけ出し、お見合いやイベントをセッティングし、交際から成婚までをサポートします。

出会ったお二人がうまくいくように会員の相談に乗ったり、アドバイスしながら理想の結婚ができるようにサポートします。

仕事の流れとしては、まず来社頂いた方のカウンセリングを行います。
自社のサービスの説明や、結婚観・希望条件などをヒアリングし、ご入会頂けるようであれば手続きを進めます。

入会後は写真の撮影やプロフィール作成をし、お相手探し~お見合い、仮交際、真剣交際、プロポーズ、成婚→退会までの一連の流れをサポートしていきます。

結婚は人生にとって重要な節目であり真剣に考えている方が多くご来社されます。
会員の悩みや相談にもしっかり向き合い、理想な相手とベストな結婚ができるようきめ細やかなアドバイスやサポートが必要となります。

結婚アドバイザーの勤務形態

1日の勤務時間は8時間となります。

店舗の営業時間によって多少異なりますが、働いている方も多く仕事終わりに来社する方もいるので夜遅くなる事もあります。

そのため、多くの企業が早番や遅番と勤務形態が分かれています。

休日は月8~9回ですが、土日の来社が多くなるため、原則土日は出勤となる事が多くなります。
企業によりますが、平日のシフト制でお休みを取る事が多いようです。

火曜日に定休日を設けている企業が多くあります。
その場合定休日+平日1日のお休みになります。

夏季休暇や年末年始、産休育休や年次有給休暇、慶弔休暇などきちんと取れる事が多いです。

結婚アドバイザーのやりがい

1番のやりがいは、
会員さまが理想の相手に出会え、成婚した時の喜びは、自身の事の様に嬉しさがあります。


プロポーズは、とっても幸せな瞬間であり、その感動に立ち会える事は大きな喜びや達成感に繋がります。

結婚アドバイザーの仕事は、入会頂いた会員さまに対して、プロフィールの作成や、交際・成婚に向けて様々な面からサポートします。
平均1年近くサポートしていきます。
結婚や恋愛は、ナイーブな問題であり人生の中でも大きな決断が必要となる重要な節目であるため、個人に寄り添いきめ細やかな気配りが必要であり、信頼感や大きな責任感も伴います。

会員さま同士は初対面で他人同士という事もあり、うまく進まなかったり、色々な問題点や悩みが出てくる事も多く、その都度恋愛に対するアドバイスやフォローを行なっていきます。

こうした事を会員さまと一緒に乗り越え、無事成婚が決まった時は何物にも代え難い喜びに繋がります。

業務内容も多岐に渡り大変な事もありますが、結婚という幸せなスタートラインに立つお手伝いができ多くの人に感謝されるやりがいのある仕事です。

また未婚率が上がり、少子化が問題となっている日本で大きく社会貢献できる仕事でもあります。

結婚アドバイザーの転職に役立つ資格

結婚アドバイザーになるのに特に必要な資格はありません。

資格よりも、コミュニケーション能力や、接客マナー、気配りなどが必要となります。
また恋愛経験が豊富な方が多く活躍されています。

婚活ブームの中、婚活アプリを利用する方も増えています。
結婚に対してより真剣な方が、ご入会されます。
婚活に関する知識や成婚に導くまでのカウンセラーとしてのスキルやノウハウがあるとスムーズに業務を進める事ができたり、お客様に安心感を持ってもらう事ができます。

婚活や仲人関連の資格や講座などもありますので勉強して知識やスキルを付けておくと仕事をする上で役立つ事もあります。

ブライダル業界から次のキャリアとして婚活アドバイザーを目指す方も多くいらっしゃいます。
今までは、出会った二人をサポートしていくところから、その前の出会いの部分から携われる唯一の仕事です。

年齢層は、20代後半-60代の方が中心となります。