ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 支配人・支配人候補のお仕事

支配人・支配人候補のお仕事

支配人・支配人候補になるには

支配人になるためには2つの方法があります。

①現場からのキャリアアップ

ホテルでは、総合職採用となる為、ベルやサービス、セールスなどを経験し、支配人となります。
ゲストハウスでは、ウェディングプランナー職からキャリアステップしていく方が多く、現場でしっかり経験を積むと、チーフプランナーなど複数のプランナーの管理する立場になります。
その後マネージャーとして、結婚式場の支配人へと昇格します。


②中途採用での入社

婚礼支配人はホテルでは婚礼部門の、ゲストハウスでは施設の最上位の役職である事から最終的な判断をしたり、全責任を負う立場になります。

売上管理やコスト管理、ウェディングプランナーの育成・マネジメント、その他に集客戦略や採用業務、営業業務やクレーム対応等を行います。
また、結婚式場はお客様にとって一生に一度の大切な結婚式を行う場であり、支配人は結婚式場の顔とも言えますので、ホスピタリティや人柄の良さなども求められます。

業界未経験でも、支配人候補として入社することも可能です。
その場合は、売上管理・マネジメント経験のある方が採用条件となります。

入社後は、結婚式に関わる全ての部署の理解が必要となります。
そのためブライダル業界やホテル業界の経験者は優遇されます。

いずれにしても、支配人は様々なスキルが必要なため、現場や他の業界でしっかり経験を積む事が重要となります。

支配人・支配人候補のお仕事内容

結婚式場の支配人の主な仕事は、式場の運営業務全般になります。

会場の売上・利益管理と分析(婚礼件数や、成約数、成約率、単価、売上など)、各部署(ウェディングプランナー・ドレススタイリスト・キッチン・サービス・フラワー・カメラマンなど)の全体のマネジメント、教育・指導になります。

また、企業の規模などによりますが、集客業務や採用業務を任される事もあります。

集客業務に関しては、雑誌やウェブ媒体での結婚式場の集客の戦略を練ったり、ブライダルフェアや来場者特典などの企画を考えたり結婚式場のプロモーションの企画を担当し広告代理店と打ち合わせを行います。

採用業務に関しては、式場で働くスタッフの書類選考や面接に関わったり、アルバイトの場合は採用まで任されている事が多いです。

正社員の場合は、本社で決定する事も多くなります。

支配人に求人の媒体選定から広告の内容まで決定権がある場合もあります。

会社によって集客は本社のマーケティングや広報、採用は人事部が担当する場合と、結婚式場が担当する場合のどちらかになります。

新規の接客などの営業業務をしたりお客様のクレーム対応など、結婚式場の最上位の役職で責任者である事から業務は多岐に渡ります。

支配人・支配人候補の勤務形態

勤務時間は、1日8時間勤務となります。
平日は、10-11時出勤が平均となります。

責任者であるため、勤務時間や休日に関しては本人に任されている事が多いですが土日祝日の勤務は必須となります。
平日は、会議やエージェント周り、部下育成、パートナー企業との打合せなど管理職としての業務を幅広く行います。
土日祝日は結婚式本番となるため、イレギュラー対応にも備える為、早朝から出勤し勤務時間も長くなるケースが多いです。

またウェディングプランナー同様に新規接客や、来館対応などを行うことも施設の規模によってございます。

企業によっては、変形労働時間制やフレックスタイム制を導入しています。

休日は月8~9日が中心
平日休みとなります。
その為、平日の休日が中心になりますが、式場によって
連休の取得も可能です。
土日祝は結婚式本番や打合せがある為、出勤となります。
親族の結婚式等については、事前に申請していれば土日もお休み可能です。
※結婚式場の定休日:火曜日が多い
その場合:火曜日+平日の休日が中心になります。

夏季休暇や年末年始、産休育休や慶弔休暇、年次有給休暇もある会社が中心です。

支配人・支配人候補のやりがい

結婚式場及びホテルの場合がブライダル部門の最終責任者として婚礼の施設運営を任されていることです。いわば一国一城の主の様に、経営戦略を練って実行していく事ができる点です。

支配人は、売上利益の追求や、顧客満足、従業員満足が重要な使命であり責任あるポジションです。

結婚式という一生に一度の大切なイベントに携わる仕事の為、失敗が許されません。

計画を練り、功を制した時の喜びや、やりがいは大きく、多くのお客様から感謝の言葉を頂けたり、一緒に働くスタッフと喜びを分かちあえる事も多い仕事です。人材育成も重要な仕事の一つです。
お客様を担当するのは、ウェディングプランナーとなります。
その為、言葉使いはもちろん、メンタル、提案力。時にはプライベートの相談などスタッフとしっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。

結婚式は様々な部署で成り立っておりチームワークが大切になります。

チームスタッフが同じ目標に向かって進めるよう育成やコントロールする事が支配人の重大な仕事となり、その結果スタッフの成長やチームワークによってお客様満足度につながった時には大きな達成感を感じる事ができます。

新郎新婦やそのご家族、ゲストの方など多くの方に喜んでもらえ、結婚式という幸せのお手伝いができる結婚式場での仕事は大きなやりがいがあります。

支配人・支配人候補の転職に役立つ資格

資格については必ずしも必要ではなく、資格よりも実務経験が最も重要視されています。

ブライダル業界や結婚式全体の事を把握したり、部下への教育・指導もあるため下記のような資格があると役立ちます。

■ブライダルコーディネート技能検定
結婚式での基礎的な知識や接客技術を習得するものです。
3級は学生やブライダル業界へ転職したい社会人向けの検定となっており、2級や1級は他の検定の合格者や実務経験者のみとなっています。

■ABC協会認定ブライダルプランナー検定1級、2級
ブライダルについての基本的な知識になり、日本と欧米のウェディングを学べます。

■アシスタントブライダルコーディネーター検定
ブライダル全体の実務に関しての認定資格で、日本のウェディングの基礎知識や最新情報を学べます。

■ビジネスマネジャー検定
東京商工会議所が主催する民間資格です。
ビジネスマネジャーとは、いわゆる「中間管理職」のことです。

経営と一般社員のパイプ役となります。
一般企業で言う課長職や係長職などの中間的な管理職のことを言います。
既に管理職(支配人)に就いている人やこれから管理職になりたいと思っている人が、試験の学習を通して部下とのコミュニケーションの取り方、上司や外部との接し方、組織の管理や運営、マネジメント能力などを身に付けることを目的としています。