ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 海外・リゾートウェディングプランナーのお仕事

海外・リゾートウェディングプランナーのお仕事

海外・リゾートウェディングプランナーになるには

海外・リゾートウェディングプランナーの形態は大きく3つに分けられます。

①海外・リゾート地に自社会場を持っている企業
国内でリゾート(海外)挙式のご提案からプランニングを行う

②海外・リゾート地に自社会場を持っている企業
海外の現地で挙式のディレクションを行う

③海外・リゾート地に自社会場を持たないプロデュース会社や旅行会社◆
リゾート(海外)挙式のご提案からプランニングを行う

どちらに就職するのか事前にしっかり確認しておきましょう。

海外・リゾートウェディングプランナーになるためには、新卒採用と中途採用があります。

新卒採用の場合
短大・大学、ブライダルやホテル・旅行関連などの専門学校を卒業した方が対象となります。

中途採用の場合
未経験から転職する事も可能ですが海外・リゾートウェディングプランナーの仕事は提案力やヒアリング力が必要になる事から、社会人としての営業経験や、販売経験、接客経験が必要になります。

ブライダルの知識や、旅行・海外の知識も活かせるため、ウェディング業界や旅行業界での経験があるととても有利になります。

ブライダル企業に就職し、サービスやドレス、プランナーとして経験を積んだ後に、海外のウェディングプランナーへとキャリアチェンジする方もいます。

会社によっては現地のスタッフとやり取りする事があるため、英語が必要になるケースもあります。"

海外・リゾートウェディングプランナーのお仕事内容

海外・リゾート地で挙式をお考えのお客様の結婚式のプランニング・手配を行います。
(海外に自社会場を持っており国内で挙式のプランニングをする場合)

仕事の流れとして、まず国内店舗(サロン)にてお客様の新規の接客を行いご要望をヒアリングし、希望に合う式場やプランのご提案をします。最初の接客は2時間半~3時間です。

式場が決まると打ち合わせがスタートし、大凡3回程行います。

挙式~パーティ、それに関わる衣装や、ブーケ、映像、カメラ、アルバム作成などトータルにプランニングします。

お客様は、実際に会場を見る事ができないので画像や動画、VRなどを使いながらご紹介していきます。

具体的な内容が決まれば、現地のオフィスとやり取りをし手配業務を行います。

結婚式当日は、主に現地スタッフが施工を行います。
ウェディングプランナーは、当日までの打ち合わせを担当します。

旅行業も営んでいる企業であれば、往復の飛行機やホテルの手配はもちろん、挙式以外の日や、ハネムーンも兼ねるようでしたら旅行の手配も行います。

リゾートウエディングは、国内の結婚式と違い家族やごく親しい友人だけを呼んで行う事が多く、宿泊も伴いますのでホテルや現地での観光も含めてトータルプロデュースする事が多いです。

海外・リゾートウェディングプランナーの勤務形態

勤務時間は、国内では1日8時間勤務となりますが、現地により異なる場合もあります。

お客様の都合に合わせて、打ち合わせを行う事もあるため残業になる事もあります。

休日は月8~9回で、土日祝はご来店されるお客様も多いので基本平日のシフト制となります。

海外ウェディングの場合、国内での結婚式より打ち合わせの回数が少ない事や、当日施工がないため、残業はそんなに多くなく、お休みもきちんと取れる傾向にあります。

夏休みや年末年始、産休育休や年次有給休暇、慶弔休暇もきちんと取れる事が多いです。

海外に自社会場を持っている会社なのか、自社会場を持たないプロデュース会社なのかにもよって変わってきますので事前にしっかり確認しておきましょう。

海外・リゾートウェディングプランナーのやりがい

海外・リゾート地での結婚式のサポート・プロデュースができ、理想の結婚式を迎えられた時に喜んでもらえる事です。

海外(リゾート地)での結婚式は通常の結婚式と違い、実際の会場や雰囲気、周りの風景などを事前に見る事ができません。
長い移動や宿泊も伴いますし、知らない土地での結婚式は新郎新婦様にとってもゲストにとっても大変であり不安も多くなります。

そのため悩んでしまう新郎新婦様も多くいます。
打ち合わせではお客様の要望をしっかりヒアリングし、提案・サポートしていく事が重要になります。

お客様の数だけ違った結婚式の数がありますし、特別な1日である事からミスが許されない責任が重い仕事でもあります。

大変だからこそ、結婚式で2人の幸せな姿を見る事ができた時や、理想の結婚式を終えることができ「ありがとう」と喜んでもらえた時の感動や達成感は、ブライダルならではだからこそ得られるものとも言えます。

また海外・リゾート地での結婚式は家族や友人の思い出にも深く残るものです。
新郎新婦だけでなく、ご家族など周りの方にも喜んで頂ける海外プランナーの仕事はとてもやりがいがあります。

海外・リゾートウェディングプランナーの転職に役立つ資格

特に必要な資格はありません。

以下の資格を取得する事で業界や仕事内容を知る事ができたり、キャリアアップに役立つ事があります。

■ブライダルコーディネート技能検定

結婚式での基礎的な知識や接客技術を習得するものです。
3級は学生やブライダル業界へ転職したい社会人向けの検定となっており、2級や1級は他の検定の合格者や実務経験者のみとなっています。


■ABC協会認定ブライダルプランナー検定1級、2級

ブライダルについての基本的な知識になり、日本と欧米のウェディングを学べます。
実務経験のない人が対象なので、学生や未経験の方が多く受けています。

■アシスタントブライダルコーディネーター検定

ブライダル全体の実務に関しての認定資格で、日本のウェディングの基礎知識や最新情報を学べます。
BIAが指定した専門学校卒業予定者や、ホテル・ブライダル業界で働く人が対象となっています。

ブライダルコーディネート技能検定3級、
ブライダルプランナー検定1級・2級は誰でも受ける事ができますが、
アシスタントブライダルコーディネーター検定はBIAが指定した対象者のみとなっています。

また企業によっては現地のスタッフとやり取りをすることもあり、英語のスキルが必要な場合もあるので事前に確認しておきましょう。