ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 大切な友人の結婚式に携われる!

大切な友人の結婚式に携われる!

こんにちは。
4年間ドレスコーディネーターとして
約400組のお客様を担当させていただく中で
やりがいを感じたことや感動したこと、
嬉しかったことはたくさんありましたが
大切な友人の衣装を担当させてもらい
当日入場をした友人の姿をみた時は
今までの感動とはまた違った感動を覚えました。
今回は、私が友人の結婚式を担当させてもらった際の出来事をご紹介させていただきたいと思います。
大学生のアルバイト時代から
仲の良かった友人から
結婚式を挙げることになったので
衣装をお願いしたいと連絡がありました。
私がドレスコーディネーターに
就職が決まった時から
「結婚式を挙げる際は衣装は私に担当させてね」と冗談混じりで話していましたが
本当に任せてもらえるとは
思ってもいなかったので、
連絡をもらった時点で
非常に嬉しかったことを覚えています。
衣装合わせが決まった日から
絶対に似合うと思い
準備していたドレスを提案したところ
友人がとても気に入ってくれたので、
衣装選びはたった1回きりでした。
実際に試着した姿をみて
想像以上に似合っていたので、
他のスタッフを呼び出し
つい自慢をしてしまいました(笑)
タキシード合わせの際は
友人が仕事で間に合わず、
旦那さんと私の2人きりで行いましたが(笑)
友人の旦那さんとは一度会っていたこともあり、
「絶対に似合うよ!」と
提案したタキシードを選んでくれました。
結婚式当日。
ヘアもメイクもすべて
完成した姿を見るのは初めてだったので
早く完成した姿をみたいという気持ちと
ゲストの方がどんな反応をするのかが気になって
入場するまでの間は
ドキドキして平常心を保てませんでした。
入場したときの友人の姿は、
今まで会った中で1番美しくて1番可愛くて、
1番幸せそうで思わず見惚れてしまいました。
大切な友人が、ドレスを担当させてもらうという
夢を叶えてくれたこと、
ドレスを選んでくれたこと、
そのドレスを実際に着ている光景に感動し
改めてドレスコーディネーターをやっていて良かったな、と感じました。
いかがでしたでしょうか。
今回私はドレスコーディネーターとして
友人の結婚式に携わりましたが
プランナーや、サービス、フラワーコーディネーター、キャプテン、ヘアメイク等
の職種でも携わる機会はございますので、
今回のコラムを読んで
ブライダル業界にご興味を持っていただける機会になりましたら幸いです♪
ブライダルビズでは、
ブライダル業界の求人を多く扱っておりますので
少しでもブライダル業界へご興味ございましたら是非お気軽にお問い合わせくださいませ。
みなさまからの
お問い合わせお待ちしております◎
※ブライダルビズお問い合わせフォーム↓↓※
https://bridal-biz.jp/entry