ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 結婚式場相談カウンターの役割と仕事内容

結婚式場相談カウンターの役割と仕事内容

皆さんは、テレビCMなどで「結婚式場相談カウンター」という言葉を耳にした事はありますか?
結婚式場相談カウンターとは、結婚式を挙げようとは思うけど、どの結婚式場が良いか分からないという新郎新婦に、自分達の希望が叶う結婚式場を紹介する場所です。
近年、この結婚式場相談カウンターの数が増えており、ブライダルビズでもこの求人は人気求人の1つです♪
本日は、結婚式場相談カウンターの役割と仕事内容についてご案内致します。
【結婚式場相談カウンターの役割】
結婚式場相談カウンター(ブライダルカウンターとも言われます)は、結婚式を挙げたいカップルと自社で結婚式を挙げてもらいたい結婚式場を繋げてあげる役割をしています。
例えば、、「表参道付近で、料理が美味しくて、堅苦しくない結婚式を挙げたい」など希望はあるけれど、表参道は結婚式場がたくさんあってどの式場でそれが叶うのか分からない!というカップルがいます。
そんなカップルが、結婚式場相談カウンターに相談に来て、更に詳しい希望をアドバイザーが伺った後に、この結婚式場相談カウンターが提携している結婚式場の中から、希望に当てはまる結婚式場を紹介します。
その中で実際に見学に行きたい式場をカップルが選び、会場見学の手配をする。という流れです。
結婚式場から見ると、この相談カウンターからの送客も集客の1つになるという訳です。
【結婚式場相談カウンターの仕事内容】
結婚式場相談カウンターで式場を提案するスタッフを、式場アドバイザーやウエディングアドバイザーなどと呼んでいます。(企業によって呼び方は様々)
では、このアドバイザーは実際にどのような仕事をするのでしょうか。
おおまかな流れとしては、、、
来店するカップルにどのような式場を探しているかヒアリング

提携している式場の中から条件が叶う式場をいくつかご案内

カップルが気になった式場の会場見学予約を取る
という流れですが、細かく見て行くと、ヒアリングについては、おおまかな結婚式の雰囲気しか決まっていないカップルが大半なので、イメージを具体的に一緒に掘り下げて行ってあげる作業や、場所や招待人数などをある程度一緒に絞り込んであげる作業が含まれます。
また、提携している式場は何十会場、多いと何百会場あるので、その会場の特徴を頭に入れ、その中からカップルごとの条件に当てはまる式場を提案する必要があったり、いくつかの会場の見学予約を取るので、カップルの見学スケジューリングもアドバイザーの仕事となります。
今回ご紹介した結婚式場相談カウンターの求人は、ブライダルビズでも取り扱いがございます!

例えば、エイチームブライズが運営する「ハナユメ」や、CMでお馴染みの「ゼクシィ相談カウンター」「マイナビウェディング」などのご紹介が可能です♪
(※人気求人の為、ご紹介の可否は時期により異なります)

それぞれ、社風や勤務条件などが異なりますので
ご興味ある方はぜひブライダルビズへお問い合わせください
お問い合わせフォーム↓↓
https://bridal-biz.jp/entry/