ブライダル業界の新卒採用と中途採用どっちが内定取りやすい?

新卒の就職活動中にブライダル業界を目指して何十社も受けたけど、内定を獲れず違う業界へ就職した。
けれど、やっぱりブライダル業界が諦められないから転職したい!という方も多くご相談に来られます。
新卒でのブライダル業界はとても人気で、大手ブライダル企業の新卒採用倍率は、なんと500倍以上とも言われる事もあります。
それはそれは狭き門。そこで内定を獲るのはかなり難しい状況ですよね。。
なので、今回のお題「ブライダル業界の新卒と中途どっちが内定取りやすい?」の答えを早速言ってしまうと・・・
ズバリ「中途!」という答えになります。
しかし!!中途でも、もちろん受ければ誰でも採用されるという訳ではありません。
以前のブログ記事でも書かせていただきましたが、ウエディングプランナー職は、営業経験がある方や数字を追うお仕事をした事があるなど
過去の経験が採用の基準になる事も少なくありません。
また、ブライダル業界へ転職したい=ウエディングプランナーになりたいという方がかなりの割合を占めている事も事実です。
そうなると、中途でもまたブライダル業界へ転職するのは狭き門なのか・・・と思われる方もいらっしゃるのですが
ブライダル業界の職種は、ウエディングプランナーだけでなく様々な職種があります。
ウエディングプランナーは、結婚式をプロデュースして、結婚式当日も新郎新婦の傍でずっと結婚式を見守っている。というお仕事の印象が強いかもしれませんが、そうではない事が今の日本のブライダル業界では大半です。※詳しくは↓のブログをチェック♪↓↓
「ウェディングプランナーとドレススタイリストの面接評価のポイントの違い」より
むしろ、結婚式の会場が決まって一番始めに決めていくアイテムは、ウエディングドレスなので新郎新婦と初めてお会いするのは、ドレスコーディネーターだったりします。
しかも、ドレスコーディネーターは新婦の好みを細かく把握する必要がある為、ドレスのご提案をする中で密にコミュニケーションを取って行きます。その中で「可愛い、スタイリッシュ、ナチュラルなど、新婦はどんな雰囲気が好みなのか」「今、新婦は何か心配ごとを抱えているか」「新郎新婦の家族構成」など様々な事が分かってくるので、担当のウエディングプランナーと同じ位、新婦の信頼が熱い職種だったりもします。
またブライダルサービスという職種は、結婚式当日のお料理やお飲物をお客様へ提供したり、披露宴の進行を仕切って行く職種ですが
当日の披露宴に直接携わるポジションなので、披露宴を見る数は最も多くなります。
ウエディングプランナーを長年行っていたスタッフが「やはり結婚式当日に携わりたい!」とブライダルサービス職に異動願いを出す事もある程です。
今、例にあげた2職種はウエディングプランナーに比べると「営業経験や数字を追った経験」などは求められる事が少ない為
中途でそのような経験が無くても、ブライダルビズから転職された方が沢山いらっしゃいます。
ブライダル業界とひとくくりに言っても、様々な職種があるので
自分はどういう職種が合っているのかなど、無料面談ではキャリアアドバイザーがご相談に乗らせて頂きますので、気軽にご連絡ください♪
お問い合わせフォーム↓↓
https://bridal-biz.jp/entry/

この記事に関連するキーワード