調理補助の仕事内容は?向いている人の特徴や勤務先も解説!

調理補助の仕事内容は?向いている人の特徴や勤務先も解説!

 

 

調理の仕事に就きたいと思っていても、知識や技術的な面で不安な方も多いと思います。
家では料理が好きでも、仕事としての調理経験がなかったり、専門学校で学ぶ時間がない方は調理補助の仕事からスタートし調理の仕事を目指す事ができます。

未経験やパートアルバイトから始める事も可能であり、調理補助の仕事は様々な職場があるため、将来的にも長く働ける職種となります。

今回は調理補助の仕事内容や、調理補助の仕事に向いている方の特徴、勤務先などをお伝えしていきます。

 

 

 

 調理補助の仕事内容                

 

調理補助とは、調理する人がスムーズに調理ができるようサポートする仕事です。

調理師との違いは、調理師免許の有無になります。
調理師になるためには、指定された調理師養成施設を卒業するか、2年以上の実務経験後に調理師の試験を受けて合格しなければなりません。

調理師の資格を取得し働くのが調理師であり、調理補助は未経験でも働く事ができるという違いがあります。
将来的に調理師になりたいのであれば、調理業務を2年以上経験(※原則週4日以上・1日6時間以上)積む事で、調理師試験の受験資格が得られます。

調理補助の仕事内容は、勤務する職場によっても多少変わってきますが、食材の仕込みや、在庫管理、盛り付け、その他に調理器具の準備、掃除、納品管理なども行います。

ここでは、調理補助の具体的な仕事内容について解説していきます。

 

食材の仕込み・在庫管理                    

営業前に食材の仕込みや調理器具の準備を行います。
事前に食材のカットや野菜・果物などの下処理をしたり、必要な食材を用意しておきます。

営業(調理)が始まると忙しくなるので、調理師がスムーズに正確に調理ができるようしっかり準備しておきます。また、在庫管理や発注業務を任される事もあります。
料理を作るための食材がどれだけ残っていて、翌日どれだけ必要なのかを確認し発注をかけていきます。

 

調理補助                                               

調理師や管理栄養士の指示に従い、食材の管理やカット、野菜や果物の皮むきや、食品の加熱、調味料の計量などの調理補助を行います。
調理補助であっても、営業中は調理師の指示のもと調理を行う事も多くなります。
特に、病院や介護施設・給食センターなどであれば、献立を決められた分量で作っていく事が殆どですので、調理業務は多くなります。

 

盛り付け作業                                        

出来上がった料理の盛り付けを行います。
病院・介護施設・給食センターなどであれば、基本的にメニューや量も決まっていますので、正確に同じ量を入れたり盛り付けを行います。

 

調理場の清掃・洗い場                        

洗い場や調理場の清掃は調理補助に任される事が多くなります。
調理器具はもちろんの事、お客様が使ったお皿やコップなどを洗うのも調理補助が担当する事が多くなります。

また調理前と調理後に、調理場の片付けや掃除も行います。
調理師が快適にスムーズに調理できるよう、環境を整えサポートしていく事が調理補助の大切な役割になります。

調理の仕事は衛生管理がとても重要になります。
1回でも食中毒などを起こしてしまうと、営業停止処分や調理師免許の停止措置を受ける事もありますし、お客様からの信用も失い倒産してしまう場合もあります。
食中毒のリスクを抑えるという点でも、調理場の清掃は非常に大切な業務となります。

 

食事の提供                                            

調理関連以外の仕事もあります。
職場によっては、食事の配膳・提供や食後の片付けを任される事もあります。
特に病院や介護施設などでは、お皿やコップを下げテーブルを綺麗にする業務まで担当する事も多くなります。

 

調理の仕事で大切な事は、お客様に喜んでもらうために、正確に・安全に・スピーディーに料理を提供する事になります。
調理補助はその仕事をサポートする大切な役割があります。

 

調理補助の仕事に向いている人   

 

 

様々な業務を行う調理補助の仕事ですが、どのような人が向いているのでしょうか。
続いて、調理補助の仕事に向いている人の特徴をお伝えしていきます。

 

調理が好きな人                                    

当然ですが、調理が好きな人は調理補助の仕事に向いています。
仕事自体が料理に関わる事ですし、身近で調理の方の仕事を見る事ができ料理に関して色々学ぶ事もできます。

元々料理をする事が好きな人であれば、飲食店や病院などどのような場所でも調理補助という仕事に向いていると思います。

また、仕事となると多くの人に料理を提供するので、喜ぶ姿を見る事ができたり感謝の言葉を頂ける事もあるためやりがいを感じる事ができるでしょう。

 

几帳面な人                                            

大雑把な人は調理補助の仕事に向いてるとはいえません。
調理補助の仕事は、食材のカットや調味料の計量、また料理の盛り付けなど繊細な業務も多く、細かい事にも気を配らないといけません。

お客様に美味しい料理を提供するため、正確に綺麗に丁寧に仕上げていかなくてはなりません。
そのため、几帳面である人や繊細な作業が得意という人に向いています。

決められた時間内に料理をきちんと仕上げなくてはならなく、レシピやマニュアルを見ながら正確に作っていくため几帳面さや正確さが求められます。

 

臨機応変に対応できる人                    

調理補助の仕事は調理のサポートをする事なので、その時の状況を見て自ら臨機応変に動かなくてはなりません。

食材供給の関係でメニューが急遽変更になる事やアレルギー対応で食材が変更になる事もあります。
状況に応じて行動できる人が求められます。
イレギュラーな事があっても、臨機応変に調理の準備や調理に取り掛かれるような人が調理補助に向いてる人といえます。

調理場では、食材の下処理をしたり、料理の盛り付けをしたり、洗い場をしたり、調理人が働きやすいよう動いたりと様々な業務に取り組まなければなりません。
自ら判断し、積極的に動ける人が向いているでしょう。

 

協調性がありチームワークを大切にできる人  

調理補助の仕事は、調理師や管理栄養士などの指示によって仕事を行う事が殆どであり、職場によっては多くのスタッフと協力しながら調理場を回していかなければなりません。

調理場にはそれぞれの持ち場があり、提供する料理の順番を確認しながら連携して業務に取り組んでいくため、チームワークが求められます。

また調理場だけでなく、ホールスタッフとの連携も大切になります。
協調性がありチームで1つのものを作り上げていくのが好きな人や、コミュニケーションを上手く取れる人は、調理補助に向いてる人といえます。

 

おもてなしの心がある人                    

調理の仕事は、自分の作った料理でお客様に笑顔になってもらいたい。喜んでもらいたい。と思える人に向いている仕事です。
自分の技術によって、多くのお客様に満足頂けた時は心から喜びを感じる事ができます。
お客様のために美味しい料理を作りたい。と思うようなおもてなしの心がある人に向いています。

 

調理補助の仕事ができる職場     

 

 

調理補助の仕事内容や、向いている人の特徴をお伝えしましたが、次に調理補助として働ける職場をお伝えしていきます。

調理補助の仕事は、ホテルや飲食店に来店されたお客様に料理するケースと、学校・病院・老人ホーム、また結婚式など基本的なメニューが決まっており大量に料理するケースがあります。

同じ調理補助の仕事でも、働く職場によって多少内容が異なりますので、参考にしてみて下さいね。

 

飲食店                                                   

調理補助の仕事の勤務先で多くなるのが飲食店です。
ホテル内の飲食店や、レストラン、チェーンのファミリーレストラン、居酒屋、カフェなど様々な職場があります。
洋食や和食など業態によっても調理内容が変わってきます。
飲食店は基本的に営業時間が長くなるため、朝夜問わず長く働きたい人にはおすすめです。
また大量調理ではなく、オーダーによって調理していきますので様々な調理を学びたいという方には良いでしょう。

 

給食会社                                               

企業の社員食堂や大学などの学生食堂、複数の小中学校の給食を担当する給食センター、寮や工場などで食事の提供を行います。
食堂は自社内で運営しているケースと、他社が運営するケースがあります。
学校の場合は、成長期や年齢に合わせた栄養素やカロリーの計算をして適切な給食の献立通りに提供しています。
食堂の場合はセルフ形式やメニュー形式、単品料理選択形式などがありますが、きちんと栄養が取れるようにメニュー構成されています。
調理師や栄養士の指示に従いながら、調理を行います。
勤務時間は朝早くなりますが、終了時間が15~16時となっている事や土日休みとなっている事が多いため、プライベートと両立したいという方には働きやすい環境でしょう。

 

病院・介護施設                                    

病院や介護施設での調理は365日毎日稼働しており、朝昼夜と3食必要になるため、基本的には2交代制・もしくは3交代制のシフトで勤務するようになります。
病院で働く場合は入院患者に合わせた調理や、健康管理が必要となるため、調理師や栄養士・管理栄養士などの指示に従いながらきちんと正確に調理していく事が求められます。
飲食店とは異なり、利用者が多いため大量に調理をします。

また病院や介護施設の場合は、配膳や食事を下げるなどの業務を行う事もあります。

 

保育園                                                   

保育園では、子供達の年齢に合わせ栄養バランスやカロリー、成長を考え昼食やおやつの調理を行い提供をします。
近年増えている食物アレルギーの子供にも考慮し、調理師や栄養士の指示に従いながら安全な調理を行います。
給食会社と同様、勤務は朝早くなりますが終了時間が15~16時となり土日祝日は休みになりますので、プライベートと両立したいという方には働きやすい環境でしょう。

 

結婚式場                                              

結婚式の調理は本格的なフレンチを出している式場も多いため、勤務した場合はフレンチの調理補助を行う事が多くなるでしょう。
平日に関しては勤務はそこまで長くないのですが、土日祝日の結婚式が行われる日は、早朝~深夜まで及ぶ事が多いため、シフト制で回している企業もあります。
近年では、平日にレストラン営業をしているブライダル施設も多いので、その際にはレストランメニューの調理補助を行います。

土日祝日が本番になるため、基本的には平日休みになるでしょう。

各職場の調理師の給料に関して
参考コラム:調理師の給料はいくら位?職場別の傾向や収入アップの方法5つ

 

まとめ                                    

 

 

調理補助の仕事内容や、向いている人、活躍できる職場などをお伝えしました。
調理の仕事は、立ち仕事や力仕事も多く大変な面もありますが、食を通してお客様に喜んでもらえるやりがいのある仕事です。

働く場所によって仕事内容や勤務形態が異なりますので、自分がどんな調理補助の仕事をしたいのかをきちんと確認し職場選びをしましょう。

調理補助だけでなく、将来的に調理の仕事をしていきたいのであれば、実務経験を積んで調理師を目指しましょう。

弊社でも、多くの調理求人を扱っております。
調理・調理補助の仕事に興味がある方はお気軽にご相談下さい。

 

 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

 

 

この記事に関連するキーワード