接客が上手い人の特徴や接客が上手くなる方法とは?

接客業とは、お店を訪れたお客様に直接接しおもてなす仕事であり、その企業やお店の顔ともいえる重要な仕事です。
飲食業界・アパレル業界・ブライダル業界・ホテル業界・美容業界・航空業界(エアライン)など多くの業種があり、将来接客の仕事をしたいという方も多いでしょう。

今回は将来接客の仕事をしたいと考えている方のために、接客が上手い人の特徴や、接客が上手い人になるにはどうすれば良いのかをお伝えしていきます。

_____________________________________________
<目次>
1:接客が上手い人の特徴/スキル
  ・基本的な接客のノウハウを知っている
  ・身だしなみが整っている
  ・立ち振る舞いがきちんとしている
  ・表情が明るく自然な笑顔
  ・アイコンタクトをしっかり取っている
  ・聞き上手/会話のキャッチボールができる
  ・お客様のタイプや距離感に合わせた接客ができる
  ・常にアンテナを張っている
  2:まとめ/接客が上手い人になる方法

_____________________________________________

 

【接客が上手い人の特徴/スキル】

 

 

接客をする上で大切なのは
自分の接客でお客様が心地よい・嬉しいと感じてくれているかどうか
お客様に居心地の良い環境を提供できているかどうか

という点です。

いくら明るく元気な接客をしていても、営業トークが多かったり一方的に喋っているなどでお客様が居心地が悪い・・と感じてしまう場合は良い接客ができているとは言えません。

では接客が上手な人の特徴とはどんなものがあるのでしょうか。
下記では接客が上手な人の特徴を8つご紹介していきます。

全てがお客様の居心地の良さに繋がる内容となっていると思いますので、参考にしてみて下さいね。

 

■基本的な接客のノウハウを知っている

接客が上手い人は、基本的な接客のノウハウを知っており実践しています。
接客の基本的な事とは、明るい表情や笑顔、きちんとした身だしなみ、相手を気遣う挨拶や礼儀作法・言葉遣い・社会人としてのビジネスマナーなどです。
お客様と良好な関係を築くためには、この基本的な接客スキルは必須となります。
また、お客様によりそう気持ちや細やかな気配りなどのホスピタリティも接客の基本となります。

 

■身だしなみが整っている

接客する上でまず1番最初に目につくのが身だしなみですよね。
第一印象を左右するものとなるのでとても大切です。
身だしなみが整っていないと、印象が悪くお客様に不快な思いをさせてしまいます。
清潔感があるかどうか・身だしなみを整えているかどうかで、社会人としてのマナーや普段の生活スタイル、仕事ぶりが判断されていしまいます。
相手に不快感を与えない、きちんとした服装・髪型、女性であればメイクやネイルなど身だしなみ整えて接客する事が大切です。

 

■立ち振る舞いがきちんとしている

接客の仕事は、老若男女様々な人に接する事からその立ち振る舞いも重要になってきます。
いくら身だしなみが整っていても、立っている時の姿勢や歩き方などがだらしないと相手に不快な思いをさせてしまいます。
接客の仕事は常に人に見られている仕事ですので、立ち振る舞いを気を付ける事で更に好印象になるでしょう。

 

■表情が明るく自然な笑顔

接客が上手な人は表情が明るかったり、自然な笑顔が出ている人です。
人と接する時に、表情が暗かったり笑顔があまりないと相手も緊張したり不安を感じてしまったり、良い気分ではありませんよね。
特にお客様をお出迎えする時や、1番最初に接する時には明るく爽やかな笑顔が大切です。
笑顔で迎えられると安心感や緊張感もほぐれますよね。

逆にお客様に質問されたり、何かを説明する時などは真剣な表情にしたりと、シーンによって使い分ける事でお客様からの信頼も得る事ができるでしょう。
接客が上手になりたいのであれば、まずは明るい表情や自然な笑顔を心掛けましょう。

 

■アイコンタクトをしっかり取っている

アイコンタクトをしっかり取る事で、お客様は安心感を得る事ができます。
お客様の事を知りたい・興味があるという気持ちの現れだからです。
お互いに信頼関係を築けるものですので、接客においてアイコンタクトは欠かせません。

またお客様と話す時に目を見てアイコンタクトを取る事で、きちんと話を聞いているという事も伝えられます。
自分の思いもしっかり伝わるため説得力が増します。

 

■聞き上手・会話のキャッチボールができる

接客が上手な人は聞き上手な人でもあります。
自分に興味を持ってもらえたり、自分の話を聞いてもらえると嬉しい気持ちになりますよね。
そのため、お客様に居心地の良い楽しい時間を過ごしてもらうためには、お客様が話しやすい環境を作る事が大切にります。
傾聴力が高く、お客様との会話を楽しめている方は接客が上手と言えます。

お客様との会話のキャッチボールが続くと、お客様が求めるものであったりニーズを確認できる事もあります。
質問したり相槌を打ったりしながら、会話のキャッチボールができれば自然と相手をリラックスさせ楽しませる事ができます。

 

■お客様のタイプや距離感に合わせた接客ができる

接客の仕事は様々なお客様と接します。
接客が上手な人はお客様1人1人の状況やタイプに合わせた接客ができます。

例えばおとなしく話すのがあまり得意でないというお客様もいれば、社交的で色々話をしたいというお客様もいます。
ご年配の方もいれば、同年代の方・若い方と年代も異なりますので、会話のスピードや声のトーン・表情・話し方を工夫し、お客様の状況に合わせた接客やコミュニケーションを取れるのは接客の上手な方と言えます。

またいくら社交的な方でも、適切な距離感を保つ事が大切です。
フレンドリーすぎたり、なれなれしい、ため口になってしまうなど距離が近すぎると不快に感じてしまうお客様もいると思います。
適度な距離を保ちながら、お客様に合わせた接客が必要となります。

 

■常にアンテナを張っている

接客の仕事は、お客様の要望やタイミングを確認しながら、お客様から声がかかる前に自ら行動する事で顧客満足度を上げる事ができます。
接客が上手い方は常にアンテナを張り、どうすればお客様に満足して頂けるかを考え自ら動いています。

例えば飲食店であれば、注文が決まりそうなお客様に先にお伺いに行ったり、お子様がいるテーブルであれば取り分けの声かけを行うなどお客様が求めているものを察知し行動する事です。

ただ指示を待っている、お客様から声がかかるのを待っているというような人には接客の仕事は向かないでしょう。
常に周りを確認し、お客様の小さなサインも見逃さずそのお客様に合った接客を提供できる人は接客が上手な人です。

 

【まとめ/接客が上手い人になる方法】

 

 

接客が上手な人は、接客の基本ができており、適度な距離感を保ちつつも常にお客様のサインを確認し、お客様のタイプに合わせて楽しくそして丁寧に接客や会話ができる人です。

接客の基本は、相手に不快な思いをさせない事=居心地の良い空間を提供する事です。
お客様の事を第一に考え、まずは基本的な接客のノウハウから確認し実践してみましょう。

接客や会話を心から楽しんでいる人は、自然と接客が上手になっていると思います。
普段から人と話す事が好きという方や、人に興味がある人は接客の仕事に向いているでしょう。

接客が上手くなりたい!という方は上記ポイントを踏まえ、より多くの接客経験を積む事が近道になります。

接客が上手くできない・・
向いていないかもしれない・・
と思っていても、様々なお客様と接し経験を積む事で、次第に接客のコツが掴めるようになってきますよ。

スキルを身に付け接客が上手になると、接客の仕事がぐっと楽しくなります。
お伝えした内容を参考に、スキルアップを目指しましょう。

 

弊社ブライダルビズでも多くの接客のお仕事の求人がございます。

【求人例】
サービス(飲食店)
サービス(宴会)

ウェディングプランナー
ドレスコーディネーター  等

接客のお仕事に興味がある方はお気軽にご相談下さいませ。


 

転職をご検討の方は『転職支援サービス:無料』をご利用下さい。
非公開求人を中心としたご紹介から、面接の準備・対策をそれぞれの求職者様一人一人に行っています。

 

 

この記事に関連するキーワード