コラム

ブライダル業界での身だしなみ・メイク・立居振舞い

84 views
0

ブライダル業界ならではの身だしなみが存在しています。
ただ自分自身ではわかっているようでわからないことも多々あります。
実際に、『メイクの濃さ』『ワイシャツやネクタイの色』『髪型』を理由として不採用となっていらっしゃる方がいます。
例えば、同じイタリアンレストランで横並びで客単価も客層も一緒。なのに片方は『ヒゲOK』。もう片方は『ひげNG』
なぜでしょう!あなたは、わかりますか?
答えは、社長やオーナーがOKかどうかを判断しています。理不尽と言えば理不尽かも知れません。
但し、それが社風に合う合わないとして面接の合否を左右します。
事前に各ブライダル企業の身だしなみのポイント(緩さも含めて)を確認して万全な状態で面接に挑まれると良いでしょう。
その為には、応募企業のホームページの転職採用ページに掲載されている先輩社員を確認してみましょう。
自社のモデル社員的な方々が多く掲載されています。
同じブライダル業界でも会社によって身だしなみの雰囲気は異なります。
新郎新婦様が20代後半~30代の方が多く、ウェディングプランナーは大人っぽい風格を求められます。
ブライダル企業への面接時のシャツの色は男性は『白』をオススメしております。
女性は、ブラウスではなく、白無地のUネックのシャツをオススメしております。
服装で大人っぽさをアピールできます。是非試してみてください。