コラム

コロナ禍の結婚式でも大切にしたいこととは

164 views
0

・ゲストに安心して列席してもらえるよう招待状に工夫する。 結婚式の招待状には、コロナ感染症対策をしっかりしている旨を 分かりやすく記載するようにしましょう。 また、会場側がどのような対策を取っているのかを 明記することで、ゲストは安心して出席することができます。     ・お子さまが泣かないようにおもちゃやおもしろアイテムを用意しておく。 コロナ禍にあっては、 お子さんが大きな声で泣き叫ぶシーンは敬遠されがち。 お子さまが会場で泣かなくてもよいように、 おもちゃや新郎新婦をパシャパシャと撮れるような おもちゃのカメラなどがあると、 お子さまもゲストも楽しく過ごすことができますね。     ・各テーブル席に心のこもったメッセージカードとともにマスクケースを用意する。 各テーブルには、心のこもったメッセージカードとともに、 ゲストが装着してきたマスクを外して置いておけるマスクケースを用意しておくと良いですね。 外したマスクをそのままテーブルに置くのも不衛生ですし、 どうしたら良いのか考えさせるのは失礼ですね。 ゲストが安心して参加するためには大切なことです。     ・Happy Tearsを拭うティッシュを可愛くラッピング。式開始前にお配りする。 結婚式に参列するゲストには、来られたときに Happy Tearsを拭うハンカチもしくはティッシュを渡すのが人気です。 おしゃれにラッピングするととっても可愛いアイテムになります。 一緒に感動的な門出の瞬間を過ごしましょうというメッセージにもなり、 温かい心が伝わります。     ・広い会場にゆったりと座るために花やバルーンなどの会場装飾を豪華にする。 ソーシャルディスタンスを保つために、 ゲスト同士の席を少し間をあけて座ることになりますが、 これを良いことに会場中にお花やバルーンなどでいっぱい埋め尽くし、 華やかな会場を作ってみましょう。     まとめ 以上、コロナ禍でもおもてなしの心が伝わるポイントを見てきました。 ソーシャルディスタンスなどを逆手にとり、 素敵なふたりのお祝の空間を作ることをおすすめします。 ちょっとした心配りがゲストにおもてなしとして伝わります。 担当のブライダルプランナーやアドバイザーに相談しながら、 素敵な結婚式を迎えられると良いですね!     〜ブライダルビズではブライダル専門の転職支援を行なっております〜 ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♪ →https://bridal-biz.jp/entry/]]>