コラム

コロナ禍でのブライダル事情とは?

165 views
0

コロナ禍におけるブライダル事情とは? コロナ禍にあって、ブライダル業界の感染拡大対策の周知徹底は必須となりました。 結婚式場によってはそれぞれ異なりますが、 感染症対策として以下の内容に取り組む式場が多くなりました。   ・式場スタッフの健康管理 感染クラスターを防ぐために、式場スタッフの健康管理の徹底。 マスクの着用や消毒による手指衛生の徹底。 検温など体調管理の徹底に取り組んでいます。   ・消毒と掃除の徹底。 会場や化粧室など式場すべてのドアノブや手すりなどの消毒と掃除の徹底と、 定期的な換気による空気の入れ替え。   ・見学時の試食を工夫 見学時の試食をコース料理やビュッフェ形式ではなく、 ワンプレーとやお弁当スタイルに変更・工夫。     列席者に安心して出席してもらうポイント 招待する側だけではなく、 招待されるゲストも感染リスクを考慮して、出席をためらいがち。 コロナ禍の結婚式に招待する際は、 ゲストが安心して列席できる結婚式だということを伝えなければなりません。 招待状には、新型コロナウィルス感染症の感染対策を しっかりと行っているという趣旨を丁寧に明記する必要がありますね。 さらに、感染リスクを避けるために、オンライン出席も可能であるなど、 出席スタイルの幅を広げてみるのも良いでしょう。 出席を迷っているゲストへは、招待状とは別に 直接連絡を取ってコミュニケーションをとるのも安心感を与える上で大切です。     大事な結婚式だからゲストを少人数に限定する 結婚式は、新郎新婦の大切な人たちが一同に集まる大切な空間。 感染リスクを考慮し、大切な人たちが感染しないよう十分に配慮する必要があります。 その一つの対策として、招待するゲストを本当に大事な人に限定し、 出席者数を減らすということも良いでしょう。 コロナ禍のいまはとにかく、 3密を防ぐことを第一に、安心感のなかで結婚式を挙げるのがポイントです。     ガーデンウエディンで結婚式を開放的空間で コロナが未だ収束していない現在、 人気を集めているのがガーデンウェディングやテラスウェディングです! 開放的な空間で、3密を防ぐことができ、 参加するゲストも安心して新郎新婦を祝福することができます。 また、結婚式&披露宴を別会場で行わず、1か所でシンプルに行うスタイルも人気です。     まとめ・コロナ禍でも大切な思い出となる結婚式を挙げる 以上、コロナ禍におけるブライダル事情と 思い出に残る大切な結婚式を挙げるポイントを見てきました。 従来より人気だったガーデンウェディングが、コロナ禍でさらに人気が出てきました。 コロナの感染リスクばかり気にしていては、楽しいお祝いの時間も存分に楽しめません。 結婚式のトータル時間を短縮させて行うなど、あらゆる感染症対策は必須です。 感染症対策をしっかりと行ったうえで、心から大切な人との時間を過ごしたいですね。     〜ブライダルビズではブライダル専門の転職支援を行なっております〜 ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♪ →https://bridal-biz.jp/entry/]]>