ブライダル業界について

ウェディングプランナーの仕事内容

77 views
1
ウェディングプランナーとは、人生の中で、とても素敵な晴れ舞台である結婚式を新郎 新婦様と一緒に作り上げていく仕事です。
結婚式は、挙式、披露宴、2 次会と大きく3つに分類されます。一般的には、挙式と披 露宴を同会場にて行う新郎新婦様が多いです。 新郎新婦様のほとんどは、結婚式に対するイメージが出来ていない方が多くいらっしゃ います。ご友人の結婚式やテレビドラマなどでは拝見されいているのですが、いざ自分 たちがとなると状況は異なります。まずは、ブライダル情報誌やインターネットなどに よる式場探しからスタートし、複数の式場を見学に訪問されます。 そこで新郎新婦様に結婚式のイメージから式当日までをお手伝いさせて頂くお仕事がウ ェディングプランナーとなります。ウェディングプランナーの仕事は大きく3つのセク ションで成り立っています。
❶新規担当

営業・提案を行う『新規担当』のお仕事
※『新規セールス』『マーケティングスタッフ』等と呼ばれることもあります。
初めて新郎新婦様が結婚式場に足を運ばれ、式場のご見学にお越しになります。※これを初 来館と呼びます。そこで最初に新郎新婦様に会場のご紹介や、結婚式のイメージを膨らませ ていくのが『新規担当』と呼ばれるウェディングプランナーです。 初来館の時点では、新郎新婦様は、結婚式をいつの時期に挙げよう?予算は?人数は?披露 宴の内容は?などまだまだ漠然としています。 ウェディングプランナーは、そうした新郎新婦様に対して、結婚式全体のイメージや予算感を伺いながらお二人が挙げたい結 婚式がどういった内容でできそうかをイメージして頂けるようにプレゼンをしていきます。 また、最後に新郎新婦様がイメージされる内容及び予算から御見積書(全体の費用)を作成しご成約(契約)まで導きます。

❷打ち合わせ担当

結婚式の準備や内容を決める『打ち合わせ担当』のお仕事
※『プランナー』『コーディネーター』等と呼ばれることもあります。
ご成約頂いた新郎新婦様と結婚式までのに複数回にわたる打ち合わせがスタートしていきま
す。ここからは打ち合わせ担当にバトンタッチします。
『打ち合わせ担当』の役割は、新郎新婦様がイメージされる結婚式を作り上げていくお手伝
いを行います。招待状のデザインの決定からスタートし、席次、余興、お料理、お色直し、 サプライズなど結婚式に向けて多岐にわたる打ち合わせを行います。1 回で決められない内容や、ご親族の方にご相談頂く内 容もありますので、結婚式当日までの半年前~4カ月前より打ち合わせを重ねていきます。一回当たりの打ち合わせは 2 時間 ~ 3 時間程度になります。 打ち合わせ担当は、ドレススタイリスト、フローリスト、司会者、カメラマン、サービスキャプテン、シェフなど他数の関連 ポジションのメンバーと連携し進行の内容などを企画立案し、新郎新婦様と内容を詰めていきます。そうして、万全な状態で 結婚式当日を迎えられる準備を整えていきます。

❸ディレクション

挙式・披露宴当日『ディレクション』『当日運営』のお仕事
結婚式当日の披露宴の運営は、司会者・サービスキャプテン・介添え・シェフなど多数のメンバーと協力し合って披露宴を運営します。
引き出物のチェックや音響の確認、式の進行・司会者・サービスキャプテンなど関連部署への伝達・新郎新婦様の体調のチェックなど押し迫る時間とのプレッシャーの中、多岐に渡る
チェックや気遣いが発生します。式の進行中にイレギュラーが発生した場合にも即座に対応できるよう全体のディレクションとして当日運営に関わります。
また、新郎新婦様と作り上げてきた本番当日は、お二方の門出を祝う最高の場所でもあります。心からの笑顔と感動で新郎新婦様を祝福します。
会場によって当日運営に関わるかは、大きく異なります。式当日は、新郎新婦様・ご親族の方へのご挨拶程度となる会場も多数あります。
また、当日施行(式の運営)終了後は、これから結婚式を挙げられる方との打ち合わせや会場案内などの業務に従事します。