ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > なぜ面接の前に「自己分析」は必要なの?  

なぜ面接の前に「自己分析」は必要なの?  

●そもそも自己分析とはなにか?

 

それは、自分を探ることが関係してきます。

 

面接の際に下記項目の質問をされます。

 

「自己PRを教えてください」

「あなたの長所と短所を教えてください」

「今までの成功体験・失敗体験を教えてください」

「あなたを物や色で例えてください」

 

上記の質問に答えるには、今までの人生を振り返る必要があります。

なかなか、人生をふり返りながら生活している方は、あまり多くないと思いますので、

急に思い出すのは大変な作業になります。

 

その中で、なぜ振り返ることが重要なのか、

それは、大きく分けて2つ挙げられます。

 

  • 転職の軸を明確化するため

 

これまでの生活の中で、習い事、進路、就職など様々な決断があったかと思います。

そこには、こだわりや思いがあり、些細な事から選択をしたりと、さまざまな人がいると思いますが、それでも様々な選択肢がある中、選択の軸がどこにありましたでしょうか。

そして、仕事選びや会社選び、そんな人生の選択の一つ一つを棚卸する事で、自分の価値観や重要視することが明確化されます。これこそが自己分析の一つ目の目的になります。

では、次は○○に当てはまる言葉を口にしてみましょう。

「自分は今までいろんなことを○○という価値観で選択してきたから、仕事でも○○を大事にしたい!」
どうですか? そう言われても簡単には答えられないのではないでしょうか。

そこで、自分が今までやってきたことを自分なりに振り返ってみて、自分が大事にする(したい)価値観を明確にしていくことが大切なのです。

 

 

  • 面接官にわかりやすく伝えられるようにするため

 

自己分析が必要だとする2つ目の理由は、自分のことを理解し、それを面接官にしっかりと伝えられるようになるためです。

 

面接では、初めて会った人に、自分はどんな性格で、今まで何を経験してきたか、どういう目標があるのか、などを短時間に伝える必要があります。

しかし、実際にやってみるとかなり難しいと感じるはずです。

何がアピールになるのか、どういう順番で伝えたらいいのか、そもそも何を伝えたらいいのかなど、悩まれる方が多くおられます。

また、「自分なんて大したことをしてこなかったから、伝えることがない」と戸惑う人もいるでしょう。

しかし、面接で重要なことは、「自分がどういう人物なのか」を伝えること。そのためには、今までの人生の棚卸しを行い、自分のことを理解しておくことが重要になります。

この記事に関連するキーワード