ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > ブライダル業界内で異業種への転職って?

ブライダル業界内で異業種への転職って?

ブライダル業界内の仕事 ブライダル業界と言えど、関わる仕事は多岐に渡ります。 次がブライダル業界内の主な仕事です。   ・ウェディングプランナー 新郎新婦が会場と契約するまでの営業から、結婚式当日までの段取りを行います。 ・ドレスコーディネーター 新婦の着るウェディングドレスから白無垢、 新郎のタキシードに和装、親族衣装に至るまで、結婚式で身につける衣装を提案します。 ・バンケット 結婚式当日、ゲストにお料理を提供したり、会場内でサービスを行います。 ・司会 結婚式当日の司会進行を行います。 ・フラワーデザイナー 結婚式会場に飾る装花から、新郎新婦が持つブーケ、 新郎の胸元に挿すブートニアなどお花に関することを全般に提案します。 ・メイク・ヘアメイク 主に新婦のヘアメイクを施す仕事です。 依頼があれば参列する親族やゲストの分も行います。 ・アテンダー 介添人、アテンドとも言います。 結婚式当日、新婦の側に付き移動しやすくサポートしたり、 ドレスやメイクの崩れを修正する役割です。 ・音響、カメラマン 結婚式を効果的に演出するため、音楽を流したり映像や写真撮影を行うスタッフです。     ブライダル業界内の転職ってアリ? 以上が主なブライダル業界内に存在する仕事です。 では、ブライダル業界内で転職するということはアリなのでしょうか。 答えはもちろん、イエスです! 未経験であっても、ブライダル業界に在籍していたということは、 業界の知識や結婚式の流れは把握しているもの。 それだけでも業界未経験者より進んでいる状態と言えます。 さらに、仕事をしながら他の職種とコミュニケーションは必ず発生するもの。 どのような動きや仕事を行っているかは多少なりと理解しているので、 実際に仕事に入っても理解度が高いことでしょう。     転職する上での注意点 では最後に、ブライダル業界内で他職種へ転職する際の注意事項をお伝えします。 それは、狭き門の職種や特別なスキルを必要とする職種もある ということを把握しておくと良いでしょう。 また、ブライダル業界内で違う職種に転職する際、 なぜ同じブライダル業界から違う職種へチャレンジしたいのかを これまでの経験を踏まえて語れることが重要です。 経験が無駄になるわけではありませんので、 これまでの仕事と自分の意欲、 そして適性をどう次の仕事に活かせるのかまとめてみて、チャレンジしてみましょう!  ]]>