忘れられない結婚式

こんにちは。
ブライダルビズ運営スタッフです♪
本日は、実際にウエディングプランナーとして働いている方の忘れられない結婚式の体験談をお伝え!
これからウエディングプランナーへ転職を検討している方へ届けます。
————————————————————————–
私が新規接客をしていた時、「結婚式までに富士登山をしたい」というお客様がいました。
咄嗟に人生・結婚式・富士登山、その過程はリンクしていると思い、「一緒に登りましょう」と提案しました。
個人的にも登山の経験は少なく、計算で言った訳ではありません。
秋の結婚式に向けて打合せがスタート。登山の決行日も決定しました。
同僚にそれを告げると他のスタッフもその企画に賛同し、登山メンバーが増えました。
そして登頂当日。。
ウェディングプランナー、料理人、新郎新婦合わせて7名のメンバーで登山スタート。
ビデオ撮影しながら、お菓子を食べながら頂上を目指し、無事登頂!
最後に皆で一緒に踏みしめた頂上と、一緒に撮った写真は感動的でした。
その体験を活かし、今回の富士登山の過程と新郎新婦の出会いや人生の過程を紐付けたテーマを、当日の結婚式のプログラムに反映しました。
この結婚式を文字で伝えると、「今まで生きてきた中で沢山の出会いがあり、喜びも困難も共有してくれた深い絆を持つ、今日集まっていただいた大切な皆様に感謝をする」結婚式となります。
これまでプランニングをすることだけがウェディングプランナーと決めつけていましたが、
こういう提案方法もできるんだと、視野が広がったように思いました。
一緒に登山するから良いのではなくて、新郎新婦がやりたいことに対してもっと前のめりになれるようなウェディングプランナーでいようと心に決めたきっかけになった結婚式です。
結婚式当日のラスト。新郎新婦様から私はとても嬉しいサプライズを受けました。
結婚式までの打合せ期間中、新郎新婦との信頼関係がとても深まりました。普通の打合せでは得られないようなことも経験でき、「企業」と「お客」という関係ではなくて、人と人とのお付合いができたように思います。
数年後、私は自身の結婚式を挙げました。
その時に、なんとその新郎新婦お二人から手紙をいただきました。当時の思い出や感謝が綴られており、こうして結婚式後にも縁していただけることも、ウェディングプランナーのやりがいの一つだと強く感じた機会でした。
————————————————————————–
ウエディングプランナーの仕事の醍醐味は、やはり「やりがい」です。
一度ウエディングプランナーの仕事を離れ、別の仕事に就いた方が、仕事へのやりがいを求めて
またウエディングプランナーに戻る事は少なくありません。
ブライダルビズのキャリアアドバイザーには、実際にブライダル業界で働いていたスタッフも在籍。
体験談もお伝えします♪
お問い合わせフォーム↓↓
https://bridal-biz.jp/entry/