ドレスコーディネーターあるある〜その2〜

ブライダルビズのコラムをご覧いただいている皆様
こんにちは。
今回は元ドレスコーディネーターが感じた
ドレスコーディネーターあるある〜その2〜をご紹介致します。
あるある1
*チョコレートを常備している*
土日は、平日よりも接客が増え忙しくなるので
日によってお昼ご飯を食べられないことがありました。
そんな時は次の接客の合間に、
一口サイズのチョコレートを食べて
お腹を満たしていました。
夏場は冷蔵庫の中が
ドレスコーデイネーターのチョコレートでいっぱいでした(笑)
あるある2
*メディキュットが必需品*
ドレスコーディネーターは、接客中常に立ちっぱなしのため
仕事を終える頃には、足がかなり浮腫みます。
床が大理石やコンクリートできているショップは、床が硬いため
浮腫みだけではなく、痛みもでてきます。
夜はマッサージをして、ゆっくりとお風呂に浸かりたいところですが
1分でも早く眠りにつきたいという気持ちが先行してしまい
その時間すら勿体無く感じてしまうこともありました(笑)
メディキュットは、履いたまま眠るだけなので、
私だけではなく、周りのドレスコーディネーターや同期も愛用していました。
あるある3
*ハンドクリームやハンカチは頂き物ばかり*
担当をさせていただいたお客様から、
有難いことにお心遣いの品や心のこもった手紙を頂くことがございます。
ハンドクリームやハンカチは何度か頂くことがあったので、
使用していた物は、自身で購入した物よりも頂いた物がほとんどでした。
香りやデザインも様々で、1度も被ったことが無かったのは驚きでした!
周りのドレスコーディネーターが、使用しているハンドクリームやハンカチも
ほとんどはお客様からの頂き物で、皆嬉しそうに使用していました。
あるある4
*転職先は土日休みの事務職*
私や同期もそうでしたが、ドレスコーディネーターから転職を考えた際
1番重視した条件は「土日休みの事務職」でした。
ドレスコーディネーターとしてはもうやりきったので、
今よりも休日が増える土日祝日休みで、
体力もそこまで消耗することのない事務職で
ゆっくりと落ち着いて仕事がしたいという考えに至るからです。
私は1度歯医者の受付へ転職を致しましたが、
結局やりがいを感じることができず
キャリアアドバイザーへ転職を致しました(笑)
ブライダルビズへご相談いただく方でも、一度はドレスコーディネーターを離れ違う職種についてはものの
やりがいを感じる事が出来ず、ブライダル業界へ戻られる方もたくさんいらっしゃいます♪
いかがでしたでしょうか。
あくまで、私がドレスコーディネーター時代に感じた
あるあるネタになりますが、ご紹介をさせていただきました。
ブライダル業界や、
ドレスコーディネーターについての
ご質問・ご相談等ございましたら、
是非お気軽にお問い合わせくださいませ♪
お電話でのご面談も承っております。
※ブライダルビズお問い合わせフォーム↓↓※
https://bridal-biz.jp/entry